HOME >  転職成功例 >  PMS

転職成功例

PMS 転職成功例

PMSの重要性は年々ましており、各企業ともスタッフの充実を図っています。疫学的有用性の差別化のため市販後大規模臨床試験の増加と安全性情報迅速対応が求められ、新薬の上市を控える外資系企業を中心に求人件数は増えています。転職成功者の傾向を見ると安全性情報、市販後臨床試験、PMSモニタリングとも高い領域別専門性を持った方が転職に成功されています。

転職者年収 UP DOWN

PMS職 転職成功への3つのアドバイス

1.領域に特化した専門知識を持つこと
2.強い使命感・倫理観を持つこと
3.英語力を付けるために自己学習をする向上心を持つこと

これは各企業が求める専門疾患領域があること、安全性情報の迅速対応は社会的使命と強い倫理観が求められ、また海外安全性情報(CIOMS)も扱うので必要なスペックとして英語力が転職成功のカギになってきます。また、臨床開発同様にCROへの委託(アウトソーシング化)が進んでいるのでCROで経験を積まれた方も転職に成功しております。

2017.4更新

安全性情報new 安全性情報職として外資系製薬企業に従事していたが、今後のキャリアを考えた結果、転職を決意。 メディサーチに登録直後、ちょうどタイミング良く希望の国内系企業での求人が発生したため即時応募、見事合格となった。本人はもともと優秀な候補者であり、内定企業からの評価も高かった。転職の成否は本人のスキルだけでなく、タイミングが非常に重要であるということを痛感させられる転職成功事例であった。
30歳代
→国内
600万 
PMS 某国内製薬企業にてMR、学術、PMS市販後調査、PMS安全性情報職として勤務するも、定年退職を期に転職活動を開始。本人の希望勤務日の就業条件にて、タイミングよくバイオベンチャー企業の安全管理責任者の案件が入りチャレンジ、今までの経験やコミュニケーション能力を評価され転職成功。
60歳代前半
国内→国内
 
製造販売後調査 某製薬企業のPMS職として活躍していたが、会社の将来性に不安を感じ転職活動を開始。
面接ではPMSのご経験を高く評価され、PMS職として、将来性の高い製薬企業への転職に見事成功した。
40歳代
→国内
 
安全性情報 国内化学系企業にてDDS製剤などの研究に従事。遠距離通勤であることと仕事と育児の両立を考え、自宅近くで未経験でも応募できる外資系大手製薬企業のファーマコヴィジランス(安全性情報)にチャレンジ。ポテンシャルや高いコミュニケーション能力を評価され、大幅年収アップで転職成功。
30歳代前半
国内→外資
年収600万台 
PV 卒業後CROにて活躍していたが、将来のキャリアップを考え製薬企業の正社員雇用を、業務としては、今までの経験と実績を活かすことの出来る安全性部門(ファーマコヴィジランス職)を目指して転職活動を開始した。
面接では人物像、今までの業務でも活躍していただけの能力、そして新しい物にもチャレンジする意欲などが、受験した製薬企業の各面接官に高く評価されて見事に某大手製薬企業に転職を成功させた。
20歳代
外資
年収500万台 
安全管理 製薬企業2社にて安全管理職、学術職などを経験後、2社目では自身の希望する業務に就くことができず、転職する。
希望企業1社に絞り転職活動開始。業績・ポテンシャルの高さが評価され見事に転職成功する。年収も希望が叶う。
30歳代
内資→外資
年収650万円 
PMS CROの安全性情報部門にて活躍してきたが、かねてよりチャンスがあれば製薬メーカーに転職したいと考えていた。
当初はなかなかうまく行かなかったが、そんな時、某外資系製薬メーカーでのPMSの急募案件にタイムリーに応募、有害事象評価能力を高く評価され、見事合格、念願のメーカーへの転職を成功させた。
30歳代
→外資
年収600万円 
CRA → PMS 国内系医療機器メーカーにてモニター業務に従事していたが、医薬品に携わりたく転職活動を開始。明るく前向きな人物像、英語力、幅広い経験などが高く評価され、大手外資製薬企業の製造販売後調査スタッフとして見事転職に成功した。
27歳
内資 → 外資
年収570万円 
PMS 国内系製薬企業にて、研究職を経て製造販売後調査業務に従事していたが、より専門性の高いPMS職を希望して転職活動開始、キャリアアップを目指す積極的な姿勢が評価され、外資系企業のPMS職で転職成功。年収も希望が叶う。
36歳
内資→外資
 
PMS 外資系企業で業務経験があったが、仕事面のさらなる可能性を目指し、転職することを決意。
面接官とは一方的な質疑応答ではなく、会話の中からお互いの理解を深めることが出来た事で、それが高く評価され、見事に転職を成功させることが出来た。
30歳代
→外資
年収900万円台
安全性情報 某外資系製薬企業で安全性業務に従事していたが、一身上の都合により退社。その後1年間のブランクを経て安全性業務への復帰を希望し、再就職活動を開始。 前社での経験、英語力などを高く評価され、外資系企業の安全性情報への転職に成功した。
30歳代
→外資
年収660万円
安全性情報 国内系製薬企業にて安全管理・製造販売後調査など幅広い業務に従事していたが、品目数が少なく、キャリアアップのため転職活動を開始。明るく前向きな人物像、真面目な仕事ぶり、幅広い経験などが高く評価され、大手外資系企業の安全性情報スタッフとして見事転職に成功した。
20歳代
→外資
年収510万円
PMS  現職でも某製薬企業でPMSの職種で活躍していたが、ご自身のキャリアップを目指すことが出来ると共に、新薬開発が盛んな製薬企業への転職を希望して活動を開始した。
実力の証明として、社内プロジェクトのサブリーダーを任せられ成功させたことや、忙しい仕事の中でも個人で英語能力を高める努力をしている事などが高く評価され、希望の某大手製薬企業に転職を成功させた。
30歳代
内資→外資
年収600万円台
安全性情報  外資製薬企業にて安全性情報職として従事し、更なるキャリアアップを目指し、大手外資製薬企業に転職を決意。業績・ポテンシャルの高さが、高く評価され、転職成功する。
30歳代
→外資
年収700万円
安全性情報  某製薬企業の安全性情報部門の職種で活躍していたが、他部門に異動になり、再度安全性業務での仕事をするため転職活動を開始。豊富な業務経験、人物像などが高く評価され、大手外資系企業の安全性情報スタッフとして転職に見事成功した。
20歳代
→外資
年収530万円
市販後調査  大学卒業後、研究機関にて研究職として従事後、また薬事監査等を経験し、市販後研究に興味と持ち留学等を経てより専門性を高めるために転職を決意。企業での経験はなかったが、その専門性の高さを評価され、大幅な年収アップで転職が成功した。
46歳
内資→外資
年収400万円→980万円
PMS  研究職からCROのPMS部門にキャリアチェンジして3年の経験を積むも、次は製薬企業でPMSの職種に就業したく転職活動を開始、外資製薬企業のメディカルアフェーアーズの安全性評価で大幅年収アップで転職成功。
37歳
内資→外資
年収100万円UP
PMS  製薬企業のPMS職として活躍していたが、やりがいのある製薬企業を求め転職活動を開始。今までの経験や実績、面接でのポテンシャルが高く評価され、希望の製薬会社のPMS職として転職を成功させた。
30歳代
外資→外資
年収700~800万円台
安全性情報  国内系製薬企業の安全性情報スタッフとして活躍していたが、現職では担当品目数が少なく、よりやりがいのあるフィールドを求め転職活動を開始。英語力、人物像、真面目な仕事ぶりなどが高く評価され、大手外資系企業の安全性情報スタッフとして転職に見事成功した。
20歳代
→外資
年収420万円→560万円
PMS  外資系製薬企業にてPMSの職種で活躍してきたが、企業の合併が決定したことを契機に転職を決意。PMS職としての評価かが高く、最終的に2社から内定をもらうも、より安定感のある製薬企業へ、マネージャーポジションとして、年収も大幅アップして転職が成功した。
41歳
外資→外資
年収1100万円→1250万円
PMS  外資系製薬会社でPMS職として活躍していましたが、現職の業務体制や将来性を考え転職を考える。PMS職としての業務経験や実績は十分にあり、さらにはポテンシャルを所属部責任者に高く評価され、希望した製薬会社への転職を成功例させた。
30歳代
外資→外資
年収700万円台
安全性情報  国内製薬企業にて安全性情報職に従事してきたが、今後は1つ1つの業務に対しスキルアップしたいとの考えで転職を決意し、外資系製薬企業の安全性情報職にチャレンジ。経験・能力・人柄の良さ・高いポテンシャルを評価され大手外資系製薬企業への転職に見事成功。年収も大幅UPすることができた。
29歳
内資→外資
年収540万円→640万円
PMS(製造販売後調査)  長年製薬企業でPMS職として活躍しておりましたが、今後はPMSのみだけでなく、安全性業務全般に対応できる経験が積みたいとの希望から転職を考えた。今回の転職では、今までのPMS業務の経験や実績が高く評価され希望した外資系製薬会社に転職が成功例した。
40歳
外資→外資
年収850万円→875万円
安全性情報  某外資系企業にて安全性情報に従事してきたが、よりグローバルなメガファーマでマーケットをリードする薬剤の調査に携わりたいとの思いから転職を決意。仕事への真面目な取り組みと高いポテンシャルを評価され大手外資系製薬企業への転職に見事成功した。
27歳
外資→外資
年収570万円
PMS(安全性評価)  以前より大手外資系製薬会社にPMS職として勤務していたが、会社の将来性に不安を感じたと同時に自分自身のキャリアアップも考えて転職活動を始める。転職先企業では今まで経験してきたPMS業務と実績が高く評価され転職成功した。
30歳
外資→外資
年収570万円→600万円
PMS  国内製薬企業にて 臨床開発・PMS職を従事後、今までの経験、能力を生かすために外資系製薬企業のPMS職にチャレンジ。経験・能力・モチベーションの高さを認められ、応募した企業全てに内定を頂き、第一志望であった企業に転職成功。年収も大幅UPすることができた。
30歳代
内資→外資
年収630万円→700万円
安全管理 翻訳業務  海外正看護師として業務後、日本に帰国。臨床経験・語学力を生かす職種にチャレンジ。未経験ながら経験・能力の高さ(翻訳試験満点)を認められ、見事1社目で転職成功。年収も大幅UPすることができた。
30歳台
→内資
年収200万円→490万円
PMS→PMS  前職において、長年PMSの職種で活躍してきたが、引抜により転職。しかしながら自身の目指す方向性と企業の方向性の食い違いを実感し、再度、転職を決意。その実務能力の高さを買われ年収もアップし、見事に転職が成功。将来のやりがいを得る事ができた。
51歳
外資→外資
年収1100万円→1200万円
PMS 前会社でもPMS職として活躍されていましたが、業務を実施する上で、語学の必要性を感じて留学。帰国後、今までの業務経験や留学経験、ポテンシャルなどが高く評価され、第一希望の外資系企業に転職が成功例した。
27歳
内資→外資
年収430万円→570万円
PMS PMS職として活躍していたが、前職は開発力がなく将来的に不安を感じたために転職を決意。今までの経験を活かす事ができる製薬企業を目指し転職活動を開始し、見事希望の大手外資系製薬メーカーに転職が成功した。
29歳
内資→外資
年収520万円→530万円
PMS 長年PMSの職種で活躍してきたが、個人的事情により転職を決意。大手外資系製薬企業2社に応募、そのキャリアを高く評価され、2社から内定を貰うが、より自分のライフスタイルにあった企業からのオファーを受託し、年俸はダウンしたが希望通りの転職が成功した。
32歳
外資→外資
年収770万円→710万円
PMS  外資系製薬企業にてPMS職として活躍していたが、一身上の都合により退職。約一年半PMS職を離れていたが、一段落したので企業のPMS職に復帰を希望し活動を始める。過去の経験と実績が高く評価され転職に成功した。
33歳
外資→内資
年収380
PMS  前会社でも外資系企業でPMS職として勤務していたが、会社の組織変更を機に転職を考える。前会社での業務経験と実績が高く評価され希望の会社に転職が叶い転職に成功した。
27歳
外資→外資
年収430万円→540万円
PMS  病院薬剤師を経験し、英国での語学留学を終え、帰国。すぐに専門性の高いPMS職を希望して製薬企業への転職活動開始、薬剤師の経験と語学留学ならびに応募先企業でのキャリアアップを目指す積極的な姿勢が評価され、1社目で外資系企業の未経験PMS職で転職成功。年収も希望が叶う。
32歳
内資→外資
年収500万円→500万円
PMS 製薬企業の支店学術業務から、より専門性の高いPMS職を希望して転職活動開始、薬剤師の経験と応募先企業でのキャリアアップを目指す積極的な姿勢が評価され、1社目で外資系企業の未経験PMS職で転職成功。年収も希望が叶う。
29歳
内資→外資
年収430万円→450万円
PMS 現職でもPMS職であったが、新薬でのPMS職を希望して転職活動開始、今までの経験と応募先企業でのキャリアアップを目指す積極的な姿勢が評価され、新薬メーカーのPMS職で転職成功。
26歳
内資→内資
年収430万円→450万円
PMS 外資系製薬企業にPMSの職種で勤務していたが、結婚を機会に勤務地の変更を希望し転職を考える。今までの経験と実績が評価され希望勤務地も叶い転職成功する。
27歳
外資→外資
年収540万円
PMS 以前、PMS職を担当していたが、異動により他部署へ。しかしPMS職へ戻りたい気持ちと会社の将来性にも不安を感じた事から他社でのPMS職を希望し転職を考えた。今までの経験と実績が転職先に評価されPMS職に採用され、希望が叶い転職に成功。
36歳
内資→内資
年収450万円
PMS 国内製薬メーカーにて、一貫してPMS業務に携わっていたが、その新薬開発力に疑問を感じて転職を決意。グローバルで活躍できる大手外資系企業をターゲットに転職活動を展開し、見事に転職が成功した。
44歳
内資→外資
年収700万→840万
PMS 外資系製薬、CROにてPMS職を10年経験後、再度製薬企業のPMS職に就業したく転職のタイミングをうかがっていたが、1年後に念願の外資系企業のPMSマネージャー職の求人が入り躊躇なくチャレンジ、見事年収アップで転職成功。
45歳
外資→外資
年収900万→1000万
PMS 外資系製薬企業にて、長年PMS職として活躍してきたが、合併により環境が大きく変化し将来を考え転職を決意。転職先としては、女性の働きやすい環境の整った企業ということで活動し、成長著しい外資系製薬企業へチャレンジし、見事に転職成功。仕事を永く続けられる環境を手に入れることができた。
35歳
外資→外資
年収560万→660万
PMS 国内・外資と大学院卒業後、長年PMSの職種で活躍してきたが、会社の合併をキッカケに転職を決意。PMSとしてのキャリアは十分であるがプレゼンテーション力が弱く転職に苦戦したが、コンサルタントのカウンセリングが成功し、外資系企業へのPMSとして内定。前職より企業規模は小さくなったが、その分、雰囲気が自分に合った会社への転職が成功した。
30歳
外資→外資
年収550万→650万
PMS 外資系製薬企業にて、長年、PMS職として活躍してきたが、自社の製品開発力の乏しさに対する不安を感じ、転職を決意。その実務能力の高さを買われ見事に転職が成功した。年収は横ばいながら将来のやりがいを得る事ができた。
38歳
外資→外資
年収940万→920万
PMS 国内系製薬企業にてPMS職として活躍してきたが、自己のスキルアップをする為に退職。その後、英語力が身についたことを転記に就職活動を再開し、希望であった英語力を生かせる外資系製薬企業のPMSとして見事に内定。年収も大幅アップし、自分の希望通りの転職成功した。
29歳
内資→外資
年収470万→530万
PMS CROのPMSモニタリング職の将来のスキルアップに不安を感じ転職を決意 外資大手メーカーのPMS職に転職成功。
26歳
外資→外資
年収440万→470万
PMS CRA職から学術職に異動になったことから転職を決意、外資大手製薬2社から内定をもらい自宅から近くまた企業規模も大きな方の企業のPMSモニタリング職で転職成功。
36歳
内資→外資
年収540万→780万
PMS 点眼液に特化した国内中堅メーカーの将来性に不安を感じ転職を決意、国内大手製薬メーカー内服薬も経験できることと年収大幅アップで大満足な転職を成功させた。
31歳
内資→内資
年収440万→560万
PMS 会社の将来性に不安を感じPMSの職種に転職を決意、より企業ブランドのある企業のチームリーダー職で転職成功。
36歳
外資→外資
年収800万→830万
PMS 会社の将来性に不安を感じPMSの職種に転職を決意 業界トップクラスの企業へ年収スライドで転職成功。
28歳
外資→外資
年収552万
PMS 社内異動による配置転換から元のPMSの職種へ復帰希望で転職を決意 より規模の大きな企業のマネージャー職へ転職成功。
41歳
外資→外資
年収1060万→1110万
PMS 薬事(有害事象担当)からPMSの職種を希望 年収スライドで、より企業ブランドのある企業へ転職成功。
32歳
外資→外資
年収666万
PMS かつての職種で再度製薬企業復帰をめざしPMSの職種に転職を決意 製薬2社から内定を受け 自宅に近い企業に転職成功。
31歳
出版→外資
年収400万→530万
PMS 外資製薬でMR職、 国内中堅製薬で、学術職 1年、PMS職 1年の経験の後、やはり外資系製薬企業に戻りたく転職を決意。外資大手製薬会社のPMS職で転職成功。
31歳
内資→外資
年収520万→540万
PMS 自社の事業縮小による新薬開発の取りやめとそれに伴う配置転換から元のPMSの職種への転職を決意、外資大手製薬会社のPMS職で転職成功。
27歳
内資→外資
年収300万→450万
▲ ページトップへ