HOME >  会社案内 >  Confidential求人情報(ファイザー株式会社)

Confidential求人情報

ファイザー株式会社

会社名ファイザー株式会社代表者
本社所在地〒151-8589東京都渋谷区代々木3丁目22-7新宿文化クイントビル梅田 一郎
ホームページhttp://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/index.html 
資本金
(単位:円)
648億 従業員 4975名 前年売上
(単位:円)
4,737億
ファイザーは世界をリードする研究開発型の製薬企業であり、医療用医薬品、動物用医薬品を発見・開発・製造・販売しています。医療用医薬品市場においてグローバル及び日本市場でも一番の売り上げ実績を上げております。
ファイザーは、日本という重要な市場で50年以上に渡って活動しており、現在、循環器系、中枢神経系、筋骨格系、感染症、泌尿器系、眼科系、ガン、内分泌系、ワクチンなどを含む幅広い疾患分野で事業を展開しています。
ファイザー株式会社は2009年9月から、医療用医薬品事業にビジネス・ユニット制(事業部制)を導入しました。
ビジネス・ユニット制により、各事業部門はより小さく専門性の高い組織で構成され、素早く的確な意思決定と領域毎のシームレスな戦略構築を可能にしています。医療用医薬品事業は、主にプライマリー・ケアの先生方に処方される製品を担当する「プライマリー・ケア事業部門」、主に専門医の先生方に処方される製品を担当する「スペシャリティ・ケア事業部門」、抗がん剤を担当する「オンコロジー事業部門」、特許が切れた後も長く親しまれている製品を担当する「エスタブリッシュ医薬品事業部門」の4つの事業部門で構成されます。
さらに「アニマルヘルス事業部門」を含めて、ファイザー株式会社は5つの事業部門と製造部門および様々な支援組織で構成されています。医療用医薬品事業においても年間約80億ドルにものぼる業界一の研究開発投資を行い、ゲノム研究をはじめ、たんぱく質研究、代謝研究、また、臨床開発における最新の IT技術の導入など、新時代の新薬研究に複合的に取り組み、循環器系疾患や中枢神経系疾患などをはじめほとんどの疾患分野における開発を積極的に進めています。

開発品目情報

更新日 2016年9月12日

診療科名 治験薬記号
(一般名)
および剤型
有効成分

承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
その他 SU-011248
(スニチニブリンゴ酸塩)
既承認 (適応追加/ 希少疾病用医薬品) 承認
膵神経内分泌腫瘍
その他 PF-5208763/SKI-606
(ボスチニブ)
既承認 (希少疾病用医薬品) 承認
慢性骨髄性白血病
その他 SC-66110(エプレレノン) 既承認 (適応追加) 申請
慢性心不全
その他 AG-013736(アキシチニブ) 既承認 (適応追加) 第II/III相
肝細胞癌 第II/III相
その他 PF-05208773/ CMC-544
(イノツズマブ オゾガマイシン)
未承認 成人急性リンパ性白血病 第II/III相
その他 PF-02341066(クリゾチニブ) 既承認 (適応追加) 第II/III相
ROS1陽性の非小細胞肺癌 第II/III相
その他 UK-92,480
(シルデナフィルクエン酸塩)
既承認 (小児の用法用量追加/
希少疾病用医薬品)
第II/III相
肺動脈性肺高血圧症 第II/III相
その他 PF-00299804
(ダコミチニブ水和物)
未承認 非小細胞肺癌 第II/III相
その他 PF-06291826
(タファミジスメグルミン)
既承認 (適応追加) 第II/III相
トランスサイレチン型心
アミロイドーシス
第II/III相
その他 PF-00914730/DA-9501
(デクスメデトミジン塩酸塩)
既承認 (小児の用法用量追加) 第II/III相
集中治療における人工呼吸中及び
離脱後の鎮静
第II/III相
その他 CP-690,550
(トファシチニブクエン酸塩)
既承認 (適応追加) 第II/III相
クローン病 第II/III相
その他 CP-690,550
(トファシチニブクエン酸塩)
既承認 (適応追加) 第II/III相
潰瘍性大腸炎 第II/III相
その他 CP-690,550
(トファシチニブクエン酸塩)
既承認 (用法用量・剤形の追加) 第II/III相
既存治療で効果不十分な関節リウマチ 第II/III相
その他 PD-0332991
(パルボシクリブ)
未承認 乳癌 第II/III相
その他 PD-0332991
(パルボシクリブ)
未承認 (適応追加) 第II/III相
頭頸部癌 第II/III相
その他 SPM-8272
(フェソテロジンフマル酸塩)
既承認 (適応追加) 第II/III相
小児神経因性排尿筋過活動 第II/III相
その他 PF-00345101(ロラゼパム) 既承認 (投与経路、適応、用法用量の追加) 第II/III相
てんかん重積状態 第II/III相
その他 PF-04950615/RN316
(bococizumab)
未承認 高コレステロール血症 第II/III相
家族性高コレステロール血症 第II/III相
その他 PF-04449913(glasdegib) 未承認 骨髄線維症(MF) 第II/III相
その他 PF-06463922(loratinib) 未承認 ALK陽性/ROS1陽性の非小細胞肺癌 第II/III相
その他 PF-04383119-SC(tanezumab) 未承認 変形性関節症 第II/III相
その他 PF-04383119-SC(tanezumab) 未承認 慢性腰痛症 第II/III相
その他 PF-04383119-SC(tanezumab) 未承認 癌疼痛 第II/III相
その他 MSB0010718C(未定) 既承認 (適応追加) 第II/III相
卵巣癌 第II/III相
その他 MSB0010718C(未定) 既承認 (適応追加) 第II/III相
尿路上皮癌
その他 PF-05280014(未定) 未承認 (バイオ後続品) 第II/III相
HER2過剰発現が確認された乳癌
HER2過剰発現が確認された治癒切除
不能な進行・再発の胃癌
その他 PF-05280586(未定) 未承認 (バイオ後続品) 第II/III相
CD20 陽性のB 細胞性
非ホジキンリンパ腫
免疫抑制状態下のCD20 陽性の
B 細胞性リンパ増殖性疾患
ヴェゲナ肉芽腫症,顕微鏡的
多発血管炎
インジウム(111In)
イブリツモマブチウキセタン
(遺伝子組換え)
注射液及びイットリウム(90Y)
イブリツモマブチウキセタン
(遺伝子組換え)注射液投与の前投与
難治性のネフローゼ症候群
(頻回再発型あるいはステロイド
依存性を示す場合)
その他 PF-06252616(未定) 未承認 デュシェンヌ型筋ジストロフィー
(DMD)
第II/III相
その他 PF-06410293(未定) 未承認 (バイオ後続品) 第II/III相
関節リウマチ
(関節の構造的損傷の防止を含む)
既存治療で効果不十分な下記疾患
・尋常性乾癬,関節症性乾癬
・強直性脊椎炎
・多関節に活動性を有する若年性
特発性関節炎
・腸管型ベーチェット病
中等症又は重症の活動期にある
クローン病の寛解導入及び維持療法
(既存治療で効果不十分な場合に限る)
中等症又は重症の潰瘍性大腸炎の治療
(既存治療で効果不十分な場合に限る)
その他 PF-06438179(未定) 未承認 (バイオ後続品) 第II/III相
既存治療で効果不十分な下記疾患
・関節リウマチ
(関節の構造的損傷の防止を含む)
・ベーチェット病による難治性
網膜ぶどう膜炎
・尋常性乾癬,関節症性乾癬,
膿疱性乾癬,乾癬性紅皮症
・強直性脊椎炎
・腸管型ベーチェット病、
神経型ベーチェット病、
血管型ベーチェット病
次のいずれかの状態を示すクローン
病の治療および維持療法(既存治療
で効果不十分な場合に限る)
・中等度から重度の活動期にある
患者
・外瘻を有する患者
中等症から重症の潰瘍性大腸炎の
治療
(既存治療で効果不十分な場合に限る)
・川崎病の急性期
その他 PF-06439535(未定) 未承認 (バイオ後続品) 第II/III相
治癒切除不能な進行・再発の結腸・
直腸癌
扁平上皮癌を除く切除不能な進行・
再発の非小細胞肺癌
卵巣癌
手術不能又は再発乳癌
悪性神経膠腫
進行または再発の子宮頸癌
その他 PF-06649751(未定) 未承認 パーキンソン病 第II/III相
その他 AG-013736(アキシチニブ) 既承認 腎細胞癌 第I/II相
(併用療法として開発中) 第I/II相
その他 PF-02341066(クリゾチニブ) 既承認 (適応追加) 第I/II相
ALK融合遺伝子陽性の悪性腫瘍
(非小細胞肺癌以外)
第I/II相
その他 MSB0010718C/PF-05082566
(avelumab/未定)
未承認 血液がん、進行固形癌 第I/II相
その他 MSB0010718C/PF-06463922
(avelumab/未定)
未承認 非小細胞肺がん 第I/II相
その他 PF-04449913(glasdegib) 未承認 (適応追加) 第I/II相
急性骨髄性白血病(AML)、
高リスク骨髄異形成症候群(MDS)
その他 PF-04518600(未定) 未承認 進行固形癌 第I/II相
その他 PF-05082566(未定) 未承認 血液がん、進行固形癌 第I/II相

▲この求人はご登録の上お問い合わせください。

▲ ページトップへ