HOME >  転職成功例 >  マーケティング

転職成功例

マーケティング職転職成功例

医薬品の販売戦略を企画・立案し、実行するのが、マーケティング職

製薬企業のマーケティング職はプロダクトマネージャー、メディカルアフェアーズ、MSL(メディカルサイエンスリエゾン)と各企業はより専門化し、営業的な分析よりサイエンスを求める傾向となってきている。企業の新薬上市や適応拡大等の業務拡大が見込まれる時には転職のチャンスがあります。またキャリアと求められるスペック(領域経験)が一致すると好条件での転職が可能です。

転職者年収 UP DOWN

マーケティング職 転職成功への3つのアドバイス

1. 領域に精通した専門知識を持つこと
2. ドクターと対等に情報交換できるサイエンスの知識と資格(PHDなど)
3. グローバル情報の入手・ミーティング等参加できる英語力

現在、各企業とも専門疾患領域に精通した専門知識を持たれている方を求めています。また海外情報にも対応しなければなりませんので、必要なスペックとして英語力が転職成功のカギになってきます

2016.9更新


メディカルサイエンスリエゾン 国内系製薬企業でオンコロジー領域における非臨床プロジェクトのリーダーとして活躍していたが、開発パイプラインの乏しさなどから、よりグローバルなフィールドでオンコロジー開発に打ち込める場を求めるようになった。面接ではオンコロジー領域における幅広い知識と経験、環境への対応能力、優れたコミュニケーション能力を高く評価され、某大手外資系企業のオンコロジー領域メディカルサイエンスリエゾンとして見事転職に成功した。
30歳代
→外資
年収730万 
マーケティング副部長 大手製薬企業2社で営業(MR)、マーケティング業務を経験後、新たな企業で能力を発揮するために転職を決意する。当社コンサルタントからは、非公開の中堅企業のマーケティング職を紹介される。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、副部長として転職成功する。
50歳
外資→国内
年収約1,200万→約1,250万 
メディカルサイエンスリエゾン 新卒時は別業界に就職したが、勤務して数年が経過し、やはり学生時代に従事した研究を活かして製薬会社で仕事がしたい気持ちが強くなり転職活動を開始した。
転職活動では、学生時代に経験した癌領域の研究成果を活かして、より臨床現場に近いところで、尚且つ専門医に対して自身の経験・知識を活かせる職種として未経験ではあったがMSL職にチャレンジし、見事に大手外資系メーカーにて転職が成功した。
30歳代
→外資
年収500万強 
マーケティングリサーチ 某市場調査会社でリサーチャーの仕事に従事していたが、家庭の事情により退職を余儀なくされる。
その後仕事に復帰できる状態になったため再就職活動を開始するも、長期のブランクがネックとなりなかなか内定まで辿り着かなかった。そのため、改めて自身のキャリアの棚卸しと面接対策を入念に行い面接に臨んだ結果、ついに某大手国内系製薬企業でマーケティングリサーチ職にて内定を受けるに至った。
離職期間のハンデを見事にはね返し転職に成功した一例である。
30歳代
国内→国内
年収600万 
メディカルアソシエイト 新卒で入社して以来研究職に従事して来たが、よりクロスファンクショナルな仕事をしたく転職を決意。
本人のポテンシャルと領域の知識・経験を高く評価され、某外資系製薬企業でのメディカルアソシエイト職として転職に成功した。
20歳代
→外資
 
メディカルアソシエイト 前職では学術関連の仕事に従事していたが、キャリアアップを求めて転職活動を開始。
対策を十分に行い面接に臨んだ結果、某外資系製薬企業でのメディカルアソシエイト職にて高い評価を受け、年収UPでの転職に見事成功した。
30歳代
→外資
 
メディカルサイエンスリエゾン 某CROの開発職として活躍していたが、より専門的な職務内容を目指し転職活動を開始。
活動中に知ったメディカルリエゾンへの転身を考えるようになる。
面接では、応募企業の求める領域専門性を十分にアピール、メディカルリエゾンとしての転職に見事成功した。
30歳代
→外資
 
マーケティング 国内系、外資系企業でマーケティング職等を経験後、早期退職制度を活用し退職。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、応募企業1社で内定を頂く。希望年収も叶う。
50歳
外資→国内
年収1000万強
メディカルサイエンスリエゾン 某製薬企業の研究職として活躍していたが、成果に見合った評価を受けられる企業への転職を考え、活動を開始。
活動中に知ったメディカルリエゾンへの転身を考えるようになる。
面接では研究職としてのサイエンスのバックグラウンドを大いにアピール、メディカルリエゾンとしての転職に見事成功した。
30歳代
→外資
 
メディカルアフェアーズ 学術職として活躍していたが、今までの担当領域の経験を活かして新しい職種にチャレンジするために転職活動を開始。
面接において、今までの職務内容、担当領域の知識、数多くのKOLとお仕事を共にしたことが高く評価されました。また面接官の丁寧な職務解説や、チャレンジングな部分にはフォローして頂けることなど、企業側の姿勢も考慮して、見事に希望の転職を成功させることが出来ました。
40歳代
外資
年収700万台
プロジェクトマネジメント PhD取得後、国内・海外医療機関で研究職として業務経験後、更なる可能性を目指し、開発品目の多い大手外資製薬企業に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。年収も大幅にUPする。
30歳代
国内→外資
年収450万→800万
メディカルサイエンスリエゾン 卒業後、国内系企業の研究職を経て学術職として職務に励んでいたが、よりサイエンスに根差した職務を求め転職活動を開始。
サイエンスのバックボーンと高いコミュニケーション力高く評価されメディカルサイエンスリエゾンとしてのキャリアチェンジに見事成功した。。
30歳代
国内→外資
 
市場調査 数年にわたり市場調査のキャリアを積んできたが、製品ライフサイクルに継続的に関わりたく、開発品目数の多い製薬企業への転職活動を開始。
市場調査担当者としてのスキル、明るく活動的な人物像などが高く評価され、大手外資系企業の市場調査ポジションに管理職候補として転職成功。
30歳代
外資
年収750万 
研究職→マーケティング 国内系製薬企業で研究職として業務経験後、更なる可能性を目指し、開発品目の多い大手外資製薬企業に転職することを決意。専門性・業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。年収も大幅にUPする。
30歳代
国内→外資
年収500万→650万 
市場調査G リサーチャー  大学院卒業後、コンサルティングファームに入社。大学病院や介護事業、製薬企業のヘルスケア分野を中心に活動。今回、グローバルな視点を持って活動したいと考え製薬企業への転職を決意。そのキャリアとポテンシャルの高さを評価され、大手外資系製薬企業に見事に転職成功した。
34歳
外資
年収1000万 
マーケティング  国内系製薬企業でマーケティング職として業務経験後、更なる可能性を目指し、開発品目の多い大手外資製薬企業に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。年収も大幅にUPする。
30歳代
内資→外資
年収750万→900万 
MSL  大手製薬企業にてMR経験後、更なるキャリアアップを目指し、大手外資系製薬企業MSL職に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、第一志望の大手外資系製薬企業に見事転職成功。年収もUPする。
30歳代
外資
年収約1000万 
臨床開発職→臨床研究職  国内製薬企業にて臨床開発職 経験後、更なるキャリアアップを目指し、大手外資系製薬企業に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、大手外資系製薬企業に見事転職成功。年収も大幅UPする。
41歳
内資→外資
年収約100万以上UP 
CRA→リエゾン  外資系製薬企業ならびにCROにてMR、CRAとして従事するが、更なるキャリアアップを目指し、転職を決意。知識・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され第一志望の外資系企業に見事転職成功。年収UP・希望勤務地も叶う。
30歳
→外資
年収650万→700万 
MSL  大手外資系企業にてMSL職として従事するが、希望担当領域に携わる為、更なるキャリアアップを目指し、転職を決意。知識・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され応募1社目である第一志望の外資系企業に見事転職成功。年収・希望勤務地も叶う。
40歳代
外資→外資
年収1300万 
CRA→リエゾン  CROにてCRAとして従事するが、更なるキャリアアップを目指し、転職を決意。知識・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され応募1社目である第一志望の外資系企業に見事転職成功。年収UP・希望勤務地も叶う。
30歳代
内資→外資
年収620万→720万 
ブランドマネージャー  大学院修士課程卒業後、コンサルティングファームに入社。経営戦略・マーケティング・ファイナンスなど知識を習得後、製薬企業へ転職。経営企画・マーケティング・学術などの業務に従事。今回、更に魅力的な領域でのチャレンジを考え転職を決意。そのキャリアとポテンシャルの高さを評価され、希望通りに転職が成功した。
30歳代
外資→外資
年収1300万 
メディカルサイエンスリエゾン  製薬企業の学術などの仕事についていたが、一層のキャリアアップのため転職を決意。面接対策をしっかり行い、大手製薬企業のメディカルサイエンスリエゾンへの転職に見事成功した。
30歳代
→外資
メディカルサイエンスリエゾン  某製薬企業のMRとして活躍していたが、より専門的なMRを目指し転職活動を開始。活動中にメディカルリエゾンというポジションを知りその魅力に虜となる。
面接ではMR、アカデミーを通じてのサイエンスのバックグラウンドを大いにアピール、メディカルリエゾンとしての転職に見事成功した。
30歳代
外資→外資
年収700万 
MSL  医薬系研究所にて基礎研究に従事した後、ベンチャー企業にて、創薬から臨床開発まで経験。
当初の目的を果たしたことと、会社の将来性に不安を感じて転職を決意。
より臨床の場に近いところで、自身の経験・知識を活かせる職種として未経験ではあったがMSL職にチャレンジし、見事に大手外資系メーカーにて転職が成功した。
内資→外資
年収1200万→1100万 
メディカルアフェアーズ  国内製薬企業にて糖尿病の基礎研究から臨床開発、プロダクトマネージャーと創薬から育薬までを経験するも、自社の方針転換により退職。その後、なかなか経験にあう案件がなく1年間の充電を経て、大手外資製薬企業のメディカルアフェーアーズ マネージャー職にて高年収スライドで転職成功。
50歳代
内資→外資
 
専門領域MR→マーケティング  国内系製薬企業の専門領域MRとして活躍していたが、大手外資系製薬企業での専門領域マーケティング職を目指し転職活動開始。知識と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事マネージャー職として応募1社目で転職成功。年収も大幅UPとなる。
40歳代
内資→外資
年収850万→1000万 
診断薬→製薬マーケティング  外資系診断薬企業のマーケティング職として活躍していたが、大手外資系製薬企業での専門領域マーケティング職を目指し転職活動開始。知識と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事マネージャー職として応募1社目で転職成功。年収もUPする。
40歳代
外資→外資
年収1100万→1200万 
マーケティング(コンベンション)  製薬企業にて 研究職・マーケティング職を従事後、今までの経験、能力を生かすために外資系製薬企業のマーケティング(コンベンション)職にチャレンジ。経験・能力・モチベーションの高さを認められ、見事応募1社目で転職成功する。
30歳代
外資
年収650万 
マーケティング(学術資材作成)  研究職、アウトソーシング企業でマーケティング職を従事後、今までの経験、能力を生かすために外資系製薬企業のマーケティング(学術資材作成)職にチャレンジ。経験・能力・モチベーションの高さを認められ、見事応募1社目で第一希望企業にて転職成功する。
30歳代
内資→外資
年収510万 
マーケティング  製薬企業にてMRとして活躍していたが、より患者との距離を近くに感じられるマーケティングやプロダクトマネージャーを目指しMBAを取得後に転職活動を開始。MBA取得後に各業界にてマーケティング職を経験、さらに国内製薬企業でもマーケティング職を経験した事が高く評価され、再度ご希望の大手外資系製薬企業のプロダクトマネージャーに転職を成功させた。
32歳
内資→外資
年収670万→740万 
マーケティング 初めは製薬企業の研究職としてスタートし、10年前より製薬企業のマーケティング職として幅広い業務を経験。直近は責任者として活躍するも自社の将来性不安から転職を決意。大手外資製薬企業のマーケティングのセクション責任者として転職成功。年収も大幅アップ。
50歳代
外資→外資
年収 200万UP
マーケティング 大手外資系製薬会社でMRとして活躍。その実力は30代にして自身の実績だけでなく担当ブロックの責任者としてエリア戦略を企画するリーダーシップも兼ね備えていた。その経験を生かす別の職種にチャレンジを考え転職を決意。その実力と経験が高く評価され、マーケティング職での転職を成功させることができた。
34歳
外資→外資
年収755万→800万
プロダクトマネージャー 国内・外資系メーカーにて、医薬品の研究~開発並びにマーケティングまで経験してきたが、諸事情により異業種のマーケティングに転職。しかし、製品そのものを扱うサービスではなかったために、再度、医薬品メーカーへの転職を決意。見事一社目にてプロダクトマネージャーとして転職成功。
38歳
国内→外資
年収800万→850万
プロダクトマネージャー 国内製薬メーカーにて、一貫して学術及び学術企画として業務に携わっていたが、その新薬開発力に疑問を感じて転職を決意。グローバルで活躍できる大手外資系企業をターゲットに転職活動を展開し、見事にプロダクトマネージャーとして転職が成功した。
36歳
内資→外資
年収750万円→760万
プロダクトマネージャー 国内製薬企業の学術部にて製品企画・マーケティング企画等の仕事に従事していたが自社の開発力の乏しさから転職を決意。大手外資系製薬企業のプロダクトマネジャーへチャレンジし、希望通りに転職が成功した。
39歳
内資→外資
年収670万→850万
プロダクトマネージャー 自社の研究開発力、販売体制に疑問を感じ転職を決意。自己の能力を充分に評価してくれる外資系の企業を希望し、見事にプロダクトマネージャー職で転職成功した。年収だけではなく、自己のやりがいを得ることができた。
33歳
内資→外資
年収650万→720万
マーケティング 長年、MRとして活躍してきたが、将来を考え海外留学しMBAを取得。帰国後、MRではなく、マーケティング職としての転職活動を開始。マーケティング職としての実務経験が無かったが、そのポテンシャルの高さを評価され、中堅外資系メーカーへ転職成功。
39歳
外資→外資
年収1200万→1250万
学術・マーケティング 外資系製薬企業にて、契約社員としてマーケティングに携わってきたが、企業合併に伴い正社員としての採用が不透明になり転職を決意。経験として抗癌剤領域に精通しており、そのポテンシャルを評価され、見事1社目のチャレンジで外資系企業の正社員として転職成功。年収の大幅アップと正社員としての安定を得ることが出来た。
34歳
外資→外資
年収570万→690万
学術・マーケティング 国内製薬企業にて、マーケティング職として営業をサポートしてきたが、本格的なプロマネを目指して転職を決意。外資系企業のマーケティング職にチャレンジし、そのキャリアとポテンシャルの高さを評価され、見事1社目で成功。年収も大幅アップし満足のいく転職が出来た。
28歳
内資→外資
年収430万→570万
▲ ページトップへ