HOME >  転職成功例 >  MR(2006~2008)

転職成功例

MR 転職成功例(2006~2008)

世間では大手企業の収益が改善され、個人消費も増加し、景気回復の兆しが見えるといわれている昨今、医薬品業界にとっては、まだまだ非常に厳しい環境にあります。再編が継続しているメガファーマ、スペシャリティーファーマ、ジェネリックファーマは、生き残りをかけ統合・分社化など試行錯誤しています。転職が成功したMRの共通点は、「絶対的な強みを持っている方」「理論的な思考力のある方」「目標達成意欲の強い方」等です。それに加え、最近では領域別MRの導入を背景に、中枢・循環器・がん等の経験者が転職を成功させています。これからMRとしてのキャリアアップを考えている方には、最適なシーズンを迎えられます。また、MRの未経験な方にも、各CSOが大幅な増員を計画していますので、チャンスは大いにあります。今月も数多くの方が、MRとして転職に成功しております。

転職者年収 UP DOWN

MR職 転職成功への3つのアドバイス

1.論理的思考

MRの行動スタイルは、年々情報提供活動が中心となっており、自社医薬品に関わる専門性が強く要求されるようになってきた。このことは、転職活動の面接の場でも、必ず聞かれるものの一つである。具体的には、競合品との差別化、競合MRとの差別化をいかにして実践してきたかとその再現性を表現する必要がある。

2.行動力

病院内での活動について、年々訪問制限がかかるようになり、MRにとっては、面談の効率化を図ることが重要である。その為には、Drの行動パターンを熟知し、尚且つ、適正な人間関係を築き上げなければなりません。

3.目標達成意欲

情報活動が十分にできても、実際の処方数が上がらなければ、MRとしては失格です。従って、情報活動に重きをおきながら、いかにして処方に結びつけるかを念頭において活動する必要があり、その目標を単なる数字合わせだけでなく、より具体的なものにすることが重要です。

2008.12.01更新

MR 大手外資系製薬企業のMR職として活躍してきたが、家庭の事情により勤務先を退職。状況も落ち着いたため転職活動を開始。今回の転職では、企業の将来性や希望勤務地も叶えてくれる企業を目指した。内定をいただいた企業は、希望勤務地を叶えてもらえるのでコントラクトMRですが、配属される企業では今までのMRの経験や実績が高く評価され、重要な大学病院を担当するなど責任あるポジションに転職を成功させた。
33歳
外資→内資
年収880万→700万円
MR 大手外資系製薬企業の管理職として活躍してきたが、会社の将来性にも不安を感じたため退職を決意。今回の転職では、将来性があり、自分の今までの力を発揮できる企業で、希望勤務地も叶えてくれる企業を目指し転職活動を開始した。内定をいただいた企業には今までのMRの経験や実績、意欲が高く評価され、希望通リの転職を成功させた。
42歳
外資→外資
年収1000万→1000万円
MR 国内系製薬会社のMRの大学病院・基幹病院を中心に活躍していましたが、現会社の新薬開発力がない事に将来の不安を感じて転職活動を開始した。内定した製薬会社ではコツコツと地道にMR活動をし、結果に繋げている事。そして面接でもその高い能力やモチベーションが評価され転職に成功した。
30歳
内資→内資
年収550万→600万円
MR MRとしてだけでなく、担当地域の責任者も務めるなど活躍されていましたが、将来性のある企業を条件に転職活動を開始した。今までのMRとしての経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、将来性のある製品を持つ外資系製薬会社に転職を成功させた。
38歳
外資→外資
年収720万→740万円
MR 卸やGE担当MR、コントラクトMRとして活躍していたが、今回は製薬会社の正社員MRへキャリアアップしたい事と希望勤務地を叶えてくれる転職先を目指し活動を開始した。卸としての経験やGE製品から新薬まで経験したこと、担当施設も開業医から病院まで経験してきた能力や実績が高く評価され、希望の外資系製薬会社の正社員MRとして転職し勤務地も叶えられた成功例。
35歳
内資→外資
年収600万→680万円
医療機器営業→MR 外資大手医療機器メーカーで営業として活躍していたが、予てから医薬品の専門的な分野での知識を身に付けたいと考えており、MRを目指し転職を決意。戦略的営業力・コミュニケーション力・情報収集力・行動力、全てに高く評価され、年収的にはダウンであるが、念願のMRになれたことにより仕事のやりがいを得ることができた。
28歳
外資→内資
年収740万→510万円
MR 国内系製薬企業で活躍していたが、開発力のあるメーカーで革新的な薬剤の普及というMR本来の活動をしたいという思いが強くなり転職を決意。キャリアを高く評価されオンコロジーMRとしての転職に見事成功した。
31歳
内資→外資
年収800万円
MR 外資系企業でMRとして活躍してきたが、会社の方針に疑問を感じると共に更なるキャリアアップを目指し転職を決意。そのMRとしてのスキルを高く評価され、専門領域MRとして転職が成功した。
40歳
外資→外資
年収1000万→1000万円
MR MSからMRへとキャリアアップしてきたが、前職の評価制度や開発力に将来の不安を感じ転職を決意。今回は希望のオンコロジーMRへのキャリアアップを目指し転職活動を開始。面接ではMR経験で培った市場分析力・ターゲットの工作力・責任感などからDrに信頼されている事や、未経験でありながらオンコロジーMRへの意欲が高く評価され大手外資系製薬会社に転職を成功させた。
27歳
内資→外資
年収500万→590万円
MR 外資系企業でMRとして長年活躍していたが会社の方向性、将来性に疑問を感じ転職を決意。転職までにやや時間がかかったものの前職で培ってきたプレゼンテーションスキルを高く評価され、サイエンスセルをベースとする企業のMRとして転居を伴わない転職に見事成功した。
41歳
外資→外資
年収930万→980万円
MR MRとして長く活躍し、責任者も務めるなど活躍されていましたが、前職での将来性に不安を感じ転職を決意。今回は将来性のある企業、ご自身の持つ専門性を生かせる企業、そして希望勤務地を叶えてくれる企業などを条件に転職活動を開始した。今までのMRとしての経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、希望通リの転職を成功させた。
43歳
外資→外資
年収1000万
食品営業→MR 食品会社で営業として活躍していたが、予てから専門的な分野での知識やスキルを身に付けたいと考えており、MRを目指し転職を決意。営業経験は短いものの、全てにおいての論理的思考・情報収集力・コミュニケーション力が高く評価され、MR未経験ながらも、大手CSOの大手製薬企業MRに転職成功する。
27歳
内資→外資
年収430万→500万円
MR 国内中堅メーカーのMRとして活躍していたが会社の将来性に不安を感じ転職を決意。その行動力、ポテンシャルの高さを評価され、年収もアップし、外資大手製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
27歳
内資→外資
年収450万→510万円
MR 外資製薬企業でオンコロジーMRとして活躍していたが、在職企業の将来性に疑問を抱き転職を決意。オンコロジーMRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事1社目で転職が成功。年収も大幅UPとなる。
30歳代
外資→外資
年収550万→650万円
MR 新卒より国内系製薬企業で活躍していたが、真に患者様のためになるMR活動を求め転職を決意。長年にわたり築き上げてきたドクター人脈と高い実績が評価され、オンコロジーMRとしての転職に見事成功した。
41歳
内資→外資
年収980万円
MR 国内系企業でMRとして活躍していたが、在職企業の将来性に疑問を抱き転職を決意。若いながらもMRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、転職が成功。年収も大幅UPとなる。
20歳代
内資→外資
年収550万円
MR 外資系企業でオンコロジーMRとして活躍していたが患者様に待ち望まれている革新的薬剤に関わるべく転職を決意。前職で培ってきたオンコロジーMR としての能力を高く評価され、転職に見事成功した。
33歳
外資→外資
年収900万→950万円
MR 製薬企業で活躍後、コントラクトMRとして活躍していたがメーカー復帰への思いが強くなり転職を決意。年齢のハンデがあったものの20年にわたるMRとしての経験と実績が高く評価され、面接1社目で国内系スペシャリティファーマへの転職に見事成功した。
43歳
内資→内資
年収680万円
MR ジェネリックメーカーのMRとして活躍していたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を決意。MR経験が約3年ということと、年齢の点もあり、当初は苦戦をしたが、そのポテンシャルを高く評価され、大手CSOの大手製薬企業MRに転職成功した。
43歳
外資→外資
年収700万円→680万円
アパレル営業→MR アパレル会社で営業として活躍していたが、今後の人生設計を考えた時に、業界の先行きに不安を感じ、予てから興味のあったMRを目指し転職を決意。ルートセールスとしての能力と、コミュニケーション力が高く評価され、MR未経験ながらも、大手CSOの大手製薬企業MRに転職成功する。
28歳
内資→外資
MR 異業種からコントラクトMRに転職し活躍していたが、将来的には製薬会社の正社員のオンコロジーMRとしてキャリアアップをしたいと考えて転職を決意した。
コントラクトMRとして、大学病院や基幹病院を担当した経験や、その際に培ったMRとしての能力や実績が高く評価され、見事に希望の大手外資系企業のオンコロジーMRとして転職を成功させた。
26歳
外資→外資
年収500万円→530万円
MR MRとして長く活躍してきたが、家庭の事情により自宅のある勤務地で働きたいと考え早期退職者制度を利用して転職活動を開始した。今回の転職では自宅から通える勤務地に配属してくれる企業に限定して応募。今までのMRとしての経験や実績が高く評価され、希望通リの勤務地に配属となる転職を成功させた。
55歳
内資→外資
年収650万円
MR 異業種からコントラクトMR、そして現在の国内系製薬企業・MRと転職をされた方でしたが、現会社では、今後も画期的な新薬の予定がなく、将来性に不安を感じため転職を考えた。転職先としては、将来的にも新薬開発力がある製薬会社を希望されておりました。面接では、実績の他にMRとしてのポテンシャルが高く評価され、新薬開発力のある大手外資系製薬会社に転職を成功させた。
30歳
内資→外資
年収550万円→650万円
MR 新卒からCSOにてMR職を従事後、今までの経験、能力を生かすために元来の夢であった外資系製薬企業のMR職にチャレンジ。経験が浅いものの能力・モチベーションの高さを認められ、見事応募1社目で転職成功する。勤務地も希望が叶い、年収もUPした。
20歳代
→外資
年収400万円→500万円
MR コントラクトMRとして活躍してきたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。MR経験が約2年ということもあり、当初は苦戦をしたが、そのポテンシャルを高く評価され、大手製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
30歳
外資→外資
年収530万円→560万円
MR 外資系企業でMRとして活躍してきたが、会社の方針に疑問を感じると共に更なるキャリアアップを目指し転職を決意。オンコロジー領域の経験はなかったが、その病院攻略法を高く評価され、オンコロジーMRとして転職が成功した。
31歳
外資→外資
年収700万円→730万円
MR 外資製薬企業にて ジェネラル領域MR職を従事後、今までの経験、能力を生かすために元来の夢であった外資系製薬企業のオンコロジーMR職にチャレンジ。経験が浅いものの能力・モチベーションの高さを認められ、見事応募1社目で転職成功する。勤務地も希望が叶い、年収もUPした。
20歳代
外資→外資
年収500万円→550万円
MR 国内中堅メーカーのMRとして活躍していたが会社の将来性に不安を感じ転職を決意。当初は苦戦をしたが、面接対応をしっかりと練り直し、そのポテンシャルを高く評価され、外資大手製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
26歳
内資→外資
年収460万円→520万円
MR 開業医担当MRとして外資系企業で活躍してきたが、会社の方針に疑問を感じ転職を決意。その行動力、ポテンシャルの高さを評価され、勤務地も希望が叶い、年収もアップし、満足のいく転職が成功した。
30歳
外資→外資
年収720万円→800万円
MR 製薬企業2社でMRとして活躍していたが、一身上の都合により退職。ブランクがあったものの、MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、転職が成功。
30歳代
→内資
年収580万円
MR 現会社では、今後新製品の発売が見込めず、MRとしての経験が積めない等の理由から、会社の将来性に対して不安を抱き転職を決意。今までのMRとしての経験や高いモチベーションが評価され希望の国内系製薬企業への転職が成功した。
33歳
外資→内資
年収550万円
MR MSとして活躍していたが、入社2~3年目の各社MRにもどかしさを感じ、自分ならもっと上手く情報提供活動ができると確信し、MRへの転職を決意。MSとしての経験と実績、知識などが面接で高く評価され希望のMRへ転職を成功。
27歳
内資→外資
年収400万円→500万円
MR 外資系企業でMRとして活躍していたが家庭の事情により帰省することになり退職。しかしながらMRへの復職の希望が強く再就職を決意。
経験は浅いもののポテンシャルを高く評価され、MRとしての転職に見事成功した。
26歳
外資→外資
年収500万円
MR コントラクトMRとして活躍してきたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。MR経験が約2年半ということもあり、当初は苦戦をしたが、面接対応をしっかりと練り直し、そのポテンシャルを高く評価され、大手製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
30歳
外資→内資
年収500万円→530万円
MR 国内中堅メーカーのMRとして活躍していたが会社の将来性に不安を感じ転職を決意。MRとしての経験は短いものの、ずば抜けた目標達成意欲が高く評価され、見事、面接1社目で国内系新薬メーカーにMRとしての転職に成功した。
30歳
内資→内資
年収400万円→500万円
MR 外資系企業2社でMRとして活躍していたが、一身上の都合により退職。3ヶ月間のブランクがあったものの、MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、外資系企業で転職が成功。年収も大幅UPする。
30歳代
外資→内資
年収610万円→800万円
MR 外資系及び国内系企業にて、MR及び管理職として活躍してきたが、会社の方針に疑問を感じ転職を決意。その行動力、論理的思考や管理能力の高さを評価され、勤務地も叶い、年収も大幅にアップし、満足のいく転職が成功した。
46歳
内資→外資
年収800万円→1150万円
MR 異業種→ジェネリックMRとして活躍していたが、夢であった大手外資系企業MRを目指し転職を決意。MRとしての経験が浅いが、ポテンシャルの高さが評価され、見事1社目で転職が成功した。
30歳代前半
内資→外資
年収640万円→620万円
MR 異業種→CSO MR→国内系企業でMRとして活躍していたが、夢であった大手外資系企業MRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事1社目で転職が成功した。年収も大幅UPする。
30歳代前半
内資→外資
年収550万円→640万円
MR 新卒後、MRとして活躍していたが、現会社では新薬が出ず、会社の将来性に不安を感じため転職を考えた。転職先としては、新薬を扱える製薬会社に絞って転職活動を開始。
面接では、MRとしての今までの経験や実績の他に、やる気や行動力などが高く評価され、新薬が扱える大手外資系製薬会社に転職を成功させた。
28歳
内資→外資
年収420万円→540万円
MR 輸入車販売の営業として活躍していたが、業界の将来性に不安を感じるようになり、顧客を通じて存在を知ったMRへの転職を決意。
提案型営業の実績が高く評価され、MRへの転身に見事成功した。
30歳
内資→外資
年収500万円→570万円
MR MSからMRへ転職した事のある、長年医療業界で活躍してきた経験豊富な方でしたが、現会社の方針や年収を考えた時に将来への不安を感じて今回転職を考えた。
MSでの経験や実績、MRでの経験や実績、さらに知識などが、面接で高く評価され希望企業のMRへ転職を成功させることが出来た成功例。
43歳
内資→内資
年収420万円→510万円
MR MRとして長年活躍していたが、家庭の事情により一時期MR職を離れていた。それも落ち着いたのでMRへの復帰を考え転職活動を開始した。転職活動ではチャレンジした製薬企業の製品と、今まで経験した担当領域が合致し、その高い能力やモチベーションが評価され転職成功した。
34歳
外資→内資
年収610万円
MR管理職 外資系MR管理職として活躍してきたが、会社の方針に疑問を感じ転職を決意。家庭の事情により、勤務地をかなり限定した形での転職活動ではあったが、その管理能力の高さを評価され、勤務地も叶い、年収ダウンながら納得した形での転職が成功した。
50歳代
外資→外資
年収1000万円以上
MR オンコロジーMRとして活躍していたが会社の方針に疑問を感じるようになり転職を決意。オンコロジーMRとしての経験と実績が高く評価され、
面接1社目で本人の希望である勤務地での転職に見事成功した。
35歳
外資→外資
年収700万円→750万円
MR 外資系企業で長年MRとして活躍してきたが、近年、会社の方向性と自身の考えにギャップを感じ始め転職を決意。専門性の高さと豊富な経験を高く評価され、大手外資系企業MRへの転職に見事成功した。
30歳代前半
外資→外資
年収950万円→900万円
MR 現会社では、今後新製品の発売が見込めず、MRとしての経験が積めない等の理由から、会社の将来性に対して不安を抱き転職を決意。今までのMRとしての経験や高いモチベーションが評価され希望の国内系製薬企業への転職が成功した。
外資→内資
年収550万円→550万円
MR 大手外資系企業でMRとして活躍していたが、家庭の事情にてやむなく退社。商社にて事務職に従事するも、MRへの思いは褪せることなく転職を決意。MRとしての経験は短いが、持ち前の明るさと能力の高さが評価され、外資系企業のMRとして転職が成功した。
内資→外資
年収400万円→500万円
MR コントラクトMRとして活躍してきたが、会社の方針に疑問を感じ転職を決意。
MR経験が約2年半ということもあり、当初は苦戦をしたが、面接対応しっかりと練り直し、そのポテンシャルを高く評価され、大手製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
37歳
外資→外資
年収620万円→750万円
MR 大手医薬品卸でMSとして活躍していた後、ソフトウェアメーカー管理職として従事。しかしながら、MSの頃からの夢であったMRを目指し転職を決意。MSとしての実績ならびに能力の高さが評価され、年収的には若干ダウンであるが、念願のMRになれたことにより仕事のやりがいを得ることが出来た。
35歳
内資→内資
年収500万円→450万円
MR  企業リサーチ会社で調査員として活躍していたが、将来に不安を感じ、予てから興味のあったMRを目指し転職を決意。調査員としての能力の高さと、営業力が高く評価され、MR未経験ながらもジェネリック企業のMRとして転職が成功した。
30歳
内資→内資
年収400万円→400万円
MR 国内系企業で透析製品を扱うMRとして活躍していたが、MRに従事してからの夢であったより学術的で専門性の高いMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびに能力の高さが評価され、外資系企業のMRとして転職が成功した。
28歳
内資→外資
年収350万円→450万円
MR 外資系企業でジェネラル製品を扱うMRとして活躍していたが、MRに従事してからの夢であったより学術的で専門性の高いオンコロジーMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、外資系企業のオンコロジーMRとして転職が成功した。年収アップ・勤務地も希望が叶う。
27歳
外資→外資
年収650万円→680万円
MR 外資系企業でMRとして活躍していたが家庭の事情により退職。しかしながらMRへの復職の希望が強く、半年間の充電期間を経て再就職を決意。MRとしての経験と実績が高く評価され、面接1社目で本人の希望である転居を伴わない転職に見事成功した。
28歳
外資→外資
年収600万円→600万円
MR 異業種からMRに転職して活躍していたが、会社の将来性に不安を抱き、今までの大学・基幹HPでの経験を発揮できる企業で勤務を叶えてくれる企業を求め転職を決意。第一志望の国内系製薬企業でMRとしての経験や高いモチベーションが評価され転職成功した。第一希望で勤務地も希望が叶った成功例。
26歳
外資→内資
年収490万円
MR 国内系企業MRとして活躍していたが、MRに従事してからの夢であったより学術的で専門性の高いMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、外資系企業MRとして転職が成功した。年収の大幅UPならびに希望勤務地も叶う。
28歳
内資→外資
年収530万円→610万円
MR 外資系製薬企業MR職として活躍後、会社の方向性や将来性に疑問を抱き、今までの経験を発揮できる企業を求め転職を決意し退職。MRとしての実績や高いモチベーションが評価され、応募1社目で国内系製薬企業MRに転職成功する。勤務地・年収も希望が叶う。
43歳
外資→内資
年収760万円
MR 新卒後、MRに転職して活躍していたが、現会社では新薬が出ず、研究開発力に不安を感じため転職を考えた。転職先としては、研究開発力があり将来性のある製薬会社に絞って転職活動を開始。面接では、MRとしての経験や実績の他に、やる気や行動力も高く評価され、目標にしていた研究開発力のある将来性豊かな大手外資系製薬会社に転職を成功させた。
26歳
内資→外資
年収530万円
MR MRやマネージャーとして長く活躍してきたが、前職では自分でやってみたい事が出来なくなり、会社の将来性にも不安を感じたため転職を決意。今回の転職では、将来性があり、自分の力を発揮できる企業で、希望勤務地も叶えてくれる企業を目指し転職活動を開始した。今までのMRやマネージャーとしての経験や実績が高く評価され、希望通リの転職を成功させた。
47歳
外資→外資
年収1000万円
MR OTC営業からコントラクトMRに転職し活躍していたが、将来的には製薬会社の正社員MRとしてキャリアアップを考えて転職を決意した。コントラクトMRとして、各製薬会社を経験した事と大学病院の担当経験、また、その意欲や実績が高く評価され、見事に大手外資系企業のMRに転職を成功させた。
32歳
外資→外資
年収680万円
MR 大卒後、異業種からコントラクトMRに転職して活躍していたが、製薬会社の正社員を希望し転職を考えた。転職先としては、新薬開発力があり将来性のある製薬会社に絞って転職活動を開始。今までの社会人経験とMR活動での実績が高く評価され、念願の新薬開発力のある将来性豊かな大手製薬会社に転職を成功させた。
30歳
内資→外資
年収550万円→550万円
MR 開業医担当MRとして外資系企業で活躍してきたが、会社の方針に疑問を感じ転職を決意。MR経験が約2年ということもあり、当初は苦戦をしたが、面接対応しっかりと練り直し、そのポテンシャルを高く評価され、オンコロジーMRとして転職が成功した。
25歳
外資→外資
年収550万円→530万円
MR 外資系企業でMRとして活躍してきたが、更なるキャリアアップを目指し転職を決意。
オンコロジー領域の経験はなかったが、その病院攻略法を高く評価され、オンコロジーMRとして転職が成功した。
27歳
外資→外資
年収550万円→580万円
MR 国内系企業でジェネラル製品を扱うMRとして活躍していたが、MRに従事してからの夢であったより学術的で専門性の高いオンコロジーMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、外資系企業のオンコロジーMRとして転職が成功した。
31歳
内資→外資
年収450万円→630万円
MR 大学卒業以来、一貫してMRとして従事、会社の方針転換等にて、転職を決意。見事1社目で、外資製薬企業の希望勤務地のMRのエリアマネンジャー職にて転職成功。
57歳
外資→外資
年収1300万円→984万円
MR コントラクトMRとして活躍していたが、製薬企業の正社員として勤務を希望し転職を考えた。受験企業は新薬開発力があり将来性のある企業で、新薬を扱える所に絞って活動。
今までの積極的なMR活動が高く評価され念願の開発力と将来性のある大手製薬会社に転職を成功させた。
35歳
内資→外資
年収600万円→700万円
MR MRとして各地の大学病院や基幹病院を長く担当し活躍してきたが、現職での将来性に不安を感じ転職を決意。今回の転職では将来性があり、自宅から勤務できる企業を応募の条件として活動を開始した。今までのMRとしての経験や管理職としての実績が高く評価され、希望通リの転職を成功させた。
50歳
外資→外資
年収880万円
MR 外資系製薬企業MR管理職として活躍後、会社の方向性や将来性に疑問を抱き、更なるMRとしてのキャリアアップを目的に転職を決意する。MRとしての実績や高いモチベーションが評価され、応募1社目で外資系製薬企業MRに転職成功し、管理職として認められた。勤務地・年収も希望が叶う。という気持ちが強くなり、MRへの転職を決意。MSとしての経験と実績、知識などが面接で高く評価され希望のMRへ転職を成功。
42歳
外資→外資
年収1100万円→1100万円
MR MSとして活躍していたが、自分が納得し自信を持った医薬品を、より多くの先生方に使用してもらいたいという気持ちが強くなり、MRへの転職を決意。MSとしての経験と実績、知識などが面接で高く評価され希望のMRへ転職を成功。
32歳
内資→外資
年収450万円→540万円
MR 長年MR職として活躍してきたが、会社の方針に不安を感じて転職を決意。
転職年齢を考えると厳しい状況ではあったが、そのMRとしてのキャリアと実績を高く評価され、
複数の企業より内定をもらうが、一番条件の良い企業への転職が成功した。
50歳
外資→外資
年収1100万円→1070万円
MR 大手製薬メーカーでMRとして活動してきたが、会社の将来性に不安を感じて転職を決意。新薬開発力があり将来性のある製薬メーカーを目指し転職活動を開始した。転職に成功した大手製薬メーカーでは、病院担当を任せられる事になり、希望が叶った転職になった。
33歳
外資→外資
年収700万円→750万円
MR 大手外資系製薬メーカーにてMRとして活躍してきたが、会社の経営方針に将来への不安を感じて転職を決意。今までの経験を活かす事ができる製薬企業を目指し転職活動を開始し、希望していた大手製薬メーカーに転職が成功するとともに勤務地も希望が叶った。
25歳
外資→外資
年収550万円→590万円
MR 元々コントラクトMRとして活躍していましたが、キャリアアップと年収アップを考えて転職活動を開始しました。前職でのMRとしての経験と実績、MR活動に取り組む姿勢などが配属される製薬企業に高く評価され、今回の転職で希望のキャリアアップと年収アップを成功させました。
28歳
→内資
年収500万円→560万円
MR MRとして長く活躍してきたが、前職での将来性に不安を感じ転職を決意。今回の転職では将来性のある企業、そして自宅から勤務できる企業を合わせて応募の条件としていた。今までのMRとしての経験や実績が高く評価され、希望通リの転職を成功させた。
50歳
外資→外資
年収800万円
MR 大手外資系製薬メーカーにてMRとして活躍してきたが、販売戦略の変更により将来への不安を感じて転職を決意。今までの経験を活かす事ができる製薬企業を目指し転職活動を開始し、見事希望の大手外資系製薬メーカーに転職が成功した。
27歳
外資→外資
年収510万円→590万円
MR 外資系製薬企業MRとして活躍後、会社の方向性や将来性に疑問を抱き、更なるMRとしてのキャリアアップを目的に転職を決意する。MRとしての実績や高いモチベーションが評価され、応募1社目で外資系製薬企業MRに転職成功する。勤務地・年収も希望が叶う。
33歳
外資→外資
年収800万円→730万円
MR 外資系製薬企業MR管理職として活躍後、会社の方向性や将来性に疑問を抱き、今までの経験を発揮できる企業を求め転職を決意する。MRとしての実績や高いモチベーションが評価され、応募1社目で外資系製薬企業MRに転職成功する。勤務地・年収も希望が叶う。
48歳
外資→外資
年収1560万円→820万円
MR 外資系製薬企業 営業所長として活躍後、会社の方向性や将来性に疑問を抱き、今までの経験を発揮できる企業を求め転職を決意する。MRとしての実績や高いモチベーションが評価され、応募1社目で外資系製薬企業MRに転職成功する。勤務地は、今まで単身赴任だったが家族が待つ地元に戻していただいた。年収も希望が叶う。
40歳
外資→外資
年収1500万円→1180万円
MR 外資系製薬企業MRとして活躍後、会社の方向性や将来性に疑問を抱き、更なるMRとしてのキャリアアップを目的に転職を決意する。MRとしての実績や高いモチベーションが評価され、応募1社目で外資系製薬企業MRに転職成功する。勤務地・年収も希望が叶う。
39歳
外資→外資
年収950万円→920万円
MR 国内系企業でジェネラル製品を扱うMRとして活躍していたが、MRに従事してからの夢であったより学術的で専門性の高いオンコロジーMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、外資系企業のオンコロジーMRとして転職が成功した。
27歳
内資→外資
年収480万円→550万円
MR 国内系企業の大学病院担当MRとして活躍していたが、より学術的で専門性の高いオンコロジーMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルが高評価され、勤務地も希望が叶い、外資系企業のオンコロジーMRとして転職が成功した。
32歳
内資→外資
年収700万円
MR 国内系中堅製薬企業MRとして活躍後、会社の方向性や将来性に疑問を抱き、会社の色に染まることを懸念し、若いうちにMRとしての実力を磨くためにCSOに転職を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、大手CSOの大手製薬企業MRに転職成功する。勤務地・年収も希望が叶う。
25歳
内資→外資
年収440万円→530万円
MR 国内系製薬企業MR(特殊薬剤を扱う)として活躍後、会社の将来性に疑問を抱き、ジェネラル医薬品に対応できるMRとしての実力を磨くためにCSOに転職を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、大手CSOの大手製薬企業MRに転職成功する。勤務地・年収も希望が叶う。
31歳
内資→外資
年収650万円→750万円
MR QA→MR→CRA→SMOと20年以上医薬品業界で活躍。色々な職種を経験してきたが、自身の天職としてMRへの復帰を決意する。経験・知識・行動力や高いモチベーションが評価され、見事に転職を成功させた。
40歳代
内資→外資
年収800万円→810万円
MR MR・薬剤師の資格と経験を生かし、更に新たな領域としてオンコロジーMRを希望しキャリアアップを目指して転職を決意した。今までの病院担当MRの経験とオンコロジー領域は未経験であったが、その意欲が高く評価され大手外資系企業のオンコロジーMRに転職を成功させた。
32歳
内資→外資
年収620万円→730万円
MR コントラクトMRとして活躍していたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業でMR活動がしたいと考え転職を考えた。新薬を扱いたいとの思いと、今までの積極的なMR活動が高く評価され念願の開発力と将来性のある大手製薬会社に転職を成功させた。
29歳
内資→外資
年収500万円→640万円
MR 以前より開発力があり将来性のある製薬企業で学術的なMR活動がしたいと思い今回の転職を考えた。面接での誠実さと今までの活動の中で積極的に新規開拓をする姿勢が高く評価され、今回の大手企業MRへの転職に成功した。
28歳
内資→外資
年収430万円→520万円
MR MSを始め医療業界・営業職の経験や知識を生かし、元々希望していたMR職へのキャリアップを考えて転職活動を始めた。MR職は未経験であったが、今までの医療業界の経験や実績、知識などが、配属される製薬企業に高く評価され、以前より希望していたMR(コントラクトMR)へ転職を成功させた。
30歳
内資→外資
年収500万円
MR 外資系プライマリーMRとして活躍後、憧れの企業で能力を発揮するために、転職を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、応募先企業からの提案で未経験であるオンコロジーMRとして念願の企業で転職成功する。勤務地も考慮していただき、年収も希望が叶う。
26歳
外資→外資
年収550万円→620万円
MR 国内系企業でMRとして活躍していたが、前会社では思う様な仕事が出来ず将来への不安を感じて転職を決意。今までのMRとしての実績ならびに面接での積極的な姿勢が高く評価され転職に成功しました。
25歳
内資→外資
年収460万円→500万円
MR 大手外資系製薬会社にてMRとして活躍してきたが、より学術的で専門性の高いMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびに面接での意欲が高く評価され、大手外資系企業のMRとして転職が成功した。
33歳
外資→外資
年収640万円→670万円
MR 18年間MRとして活躍後、現状よりも幅広い製品を扱う為に、転職を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、1社目で、念願の企業で転職成功する。勤務地も考慮していただき、年収も希望が叶う。
41歳
内資→内資
年収700万円
MR コントラクトMRとして活躍してきたが、MRとしての経験を生かし製薬企業のMRへ転職を決意。より専門性の高い抗がん剤を担当したいと考え、大手外資系企業への転職活動を開始し、見事1社目で転職が成功した。
30歳
内資→外資
年収560万円→610万円
MR 国内系企業でMRとして活躍していたが、より学術的で専門性の高いMRを希望し転職活動開始。MR経験と実績が評価され、希望の外資系抗がん剤担当MRへ転職が成功した。
30歳
内資→外資
年収600万円→690万円
MR 国内系企業でMRとして希望であった抗がん剤を担当できると思い入社したが、希望が叶わず抗がん剤を担当することが出来なかったので転職を決意した。MRとしての実績と抗がん剤を担当したい思いが高く評価され、外資系企業の抗がん剤MRとして転職に成功した。
30歳
内資→外資
年収650万円→850万円
MR→代理店担当 長年、MR及びMR管理職として活躍してきたが、現在の会社の将来性に対する不安を感じ転職を決意。予てより興味のあった代理店担当職としての転職活動を開始し、見事1社目で採用が決まった。年収は微増ながら本人も満足のいく転職ができた。
45歳
外資→外資
年収1100万円→1180万円
MR 2年間コントラクトMRとして活躍後、年齢的に最後のチャンスと考え、大手外資系企業への転職活動を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションを表現する為、面接時に志願してロールプレイを実施。内容が非常に評価され、二次面接時にも実施を促され、念願の企業で転職成功する。年収も大幅UPし、勤務地も考慮していただいた。
36歳
内資→外資
年収560万円→670万円
MR 7年間MRとして活躍後、本社学術部に配属。その後自己の能力を発揮できるのはMRであり、将来性のある企業への憧れを持ち、転職活動を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、念願の企業で転職成功する。勤務地も考慮していただいた。
33歳
内資→外資
年収700万円
MR 5年間オンコロジーMRとして活躍後、開発品目や会社の方向性について自分自身で確認し、Drへの情報提供の幅を広げたいと思い、臨床開発への転勤を希望し従事。その後、この経験を生かせるのは他の外資系企業であると確信し、転職活動を決意する。オンコロジーMRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、念願の企業で転職成功する。勤務地も考慮していただいた。
32歳
外資→外資
年収685万円
MR MRとしてキャリアアップをする為、外資系企業1社だけを目指し転職活動を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、念願の企業で転職成功する。年収も希望が叶い、勤務地も全国勤務可能で応募したが、転居することもなく考慮していただいた。
34歳
内資→外資
年収900万円→900万円
MR MRとして活躍後、他業種を2年間経験するも自己の能力を発揮できるのはMRであると確信し、経験のない外資系企業オンコロジーMRを目指し転職活動を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、念願の企業で転職成功する。勤務地も考慮していただいた。
34歳
内資→外資
年収640万円
MR 外資系企業のオンコロジーMRとして活躍してきた後、家庭の事情により退職。問題も落ち着き、再度希望勤務地が叶う企業への転職活動を開始。数社オンコロジーMRとしてチャレンジし、MRとしての能力とポテンシャルを高く評価され、全て内定を頂き希望の企業に転職成功する。希望勤務地も叶い、年収UPとなる。
26歳
外資→外資
年収480万円→600万円
MR 国内系企業のMRとして活躍してきた後、将来の展望を考え転職することを決意。自己の業績と発揮できる能力を再確認し、外資系企業1社に絞りトライする。MRとしての能力とポテンシャルを高く評価され、転職成功。年収も大幅UPとなる。
24歳
内資→外資
年収420万円→515万円
MR MRとしてキャリアアップをする為、外資系企業を目指し転職活動を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、念願の企業で転職成功する。年収もUPし、勤務地も全国勤務可能で応募したが、考慮していただいた。
38歳
内資→外資
年収650万円→700万円
MR 在職していた企業の将来性に不安を抱き、将来性が見込まれる外資系企業1社だけを目指し転職活動を決意する。エリアマネージャーとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、念願の企業で転職成功する。勤務地も考慮していただいた。
44歳
外資→外資
年収1200万円
MR 将来性が見込まれる外資系企業1社にてエリアマネージャー職を目指し転職活動を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、念願の企業でエリアマネージャーとして転職成功する。年収も大幅にUPし、勤務地も考慮していただいた。
40歳
外資→外資
年収850万円→960万円
MR 在職していた企業の将来性に不安を抱き、将来性が見込まれる外資系企業を目指し転職活動を決意する。MRとしての行動力・実績や高いモチベーションが評価され、念願の企業で転職成功する。勤務地も考慮していただいた。
31歳
内資→外資
年収600万円→685万円
MR OTC 営業として活躍してきた後、将来の展望を考えMR職として転職することを決意。営業職としての経験・高い実績とポテンシャルを高く評価され、コントラクトMRとして国内CSOへの転職が成功。大手外資製薬企業のMRとして従事することとなる。
31歳
内資→内資
年収490万円
MR 国内系企業のMRとして活躍してきた後、将来の展望を考え転職することを決意。自己による転職活動がうまくいかず、知人の紹介でメディサーチにエントリー。自己の業績と発揮できる能力を再確認し、外資系企業1社に絞りトライする。MRとしての能力とポテンシャルを高く評価され、転職成功。年収も大幅UPとなり、希望勤務地も叶う。
25歳
内資→外資
年収420万円→535万円
MR MSの経験・知識を生かし、スキルアップを考えてMRへの転職を考えた。MSとしての経験と実績、知識などが、応募企業での面接で高く評価され希望のMRへ転職を成功させることが出来ました。今後は、今までの経験を生かし希望のMRとして活躍して行こうと考えています。
33歳
内資→内資
年収350万円→350万円
MR 国内系企業でジェネラル製品を扱うMRとして活躍していたが、MRに従事してからの夢であったより学術的で専門性の高いオンコロジーMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、外資系企業のオンコロジーMRとして転職が成功した。
33歳
内資→外資
年収620万円→665万円
MR 既にMRとして活躍していたが、旧会社では思う様な仕事が出来ず将来への不安を感じたため転職を考えた。経験と実績、面接での意欲が高く評価され見事合格されました。さらに希望勤務地にも配属され、そちらも希望が叶った成功例。
32歳
外資→外資
年収630万円→650万円
MR 後発品を扱うMRであったので活動の中心が価格の話になってしまうので、より学術的なMR活動がしたいと考え転職を考えた。新薬を扱いたいとの思いと面接での積極的な姿勢が高く評価され転職に成功しました。今後は、今までの経験を生かし希望の新薬担当MRとして活躍して行こうと考えています。
25歳
内資→外資
年収380万円→520万円
MR 国内系企業で抗がん剤を扱うMRとして活躍していたが、より学術的で専門性の高いMRを目指し転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、外資系企業のオンコロジーMRとして転職が成功した。
39歳
内資→外資
年収812万円
MR 大手外資系製薬メーカーにてMRとして活躍してきたが、販売戦略の変更により将来への不安を感じて転職を決意。より専門性の高い大手外資系企業への転職活動を開始し、見事1社目で転職が成功した。
34歳
外資→外資
年収700万円→850万円
▲ ページトップへ