HOME >  転職成功例 >  合成

転職成功例

合成 転職成功例

合成職で転職成功される方はメディシナルケミストリー、コンビナトリアルケミストリーのスペシャリストで創薬の探索研究に活用できる能力、すなわち多くの創薬化合物を合成し、国内/国際特許を取得した経験がある方が年収アップで転職されています。今領域では傾向として、事業規模縮小に伴う転職希望者が多くなってきています。このような厳しい転職市場の中、更に知識/技術の豊富なリーダークラスの方が求められています。また医薬品原薬の合成プロセス研究の方は原薬の製造経験よりGMPの品質保証職で転職する方が多くなっています。

転職者年収 UP DOWN

合成職 転職成功への3つのアドバイス

1. 合成手技/知識を現職中に対外的に評価されること。
2. 希望勤務地に拘りを持たないこと。
3. 焦らず気長に最適求人が入るまで待つこと。

合成職は、化合物の合成をどれだけ特許取得したかで評価されます。また合成職の求人数が少なくなってきているのが現状です。研究所は、郊外の様々な地域にあり、転職を急がれる方は転居を強いられ、転居できない方は自宅近くで求人が入るのを待つしかないからです。

2014.04更新

合成研究 大学院修士卒業後、外資系製薬企業にて一貫して創薬合成職に従事するも、会社の方針転換から本人の希望により臨床開発部門に異動。その後、もとの創薬合成に戻ることを望み、求人が出ると迷うことなくチャレンジ。見事、転職成功。
30歳代前半
外資→内資
年収 スライド
プロセスケミスト  国内製薬企業で、プロセスケミストとして活躍してきたが、自社の開発力に不安を感じて、転職を決意。大手国内製薬企業をターゲットに転職活動を開始し、1社目のチャレンジで見事に転職が成功した。
28歳
内資→内資
年収490万→540万
開発・特許部長  国内製薬企業で創薬合成、外資製薬企業に転職後は特許調査に従事するも現勤務先の組織変更により転職を決意。大手バルク輸入商社の開発・特許部長で転職成功。
44歳
外資→内資
合成研究  大学院卒業後、外資製薬にて創薬合成にて活躍するも、自社の方針転換により転職活動を開始。創薬研究思考の強い国内製薬企業の創薬合成研究職にて転職成功。
30歳代半ば
外資→内資
合成研究  外資系企業で創薬合成研究職として活躍してきたが、会社の事情により転職を決意。研究職としての経験は浅かったが、そのポテンシャルを高く評価され、国内大手企業への転職が成功した。
30歳代半ば
外資→内資
合成研究  大学院卒業後、製薬企業にて創薬合成にて活躍するも、自社の方針転換により転職活動を開始。国内製薬企業の創薬合成研究職にて実年収スライドで転職成功。
20歳代後半
外資→内資
合成研究  大学院卒業後、外資製薬にて創薬合成にて活躍するも、自社の方針転換により転職活動を開始。創薬研究思考の強い国内製薬企業の創薬合成研究職にて実年収スライドで転職成功。
30歳代前半
外資→内資
合成研究  大学院卒業後、外資製薬にて創薬合成にて活躍するも、自社の方針転換により転職活動を開始。見事1社目で、創薬研究思考の強い国内製薬企業の創薬合成研究職にて実年収スライドで転職成功。
30歳代前半
外資→内資
合成研究  薬学大学院卒業後、創薬合成にて実績をあげるも、会社の研究方針変更により転職を決意。見事1社めで国内大手製薬企業の創薬合成職で年収スライドで転職成功。
40歳代前半
外資→内資
年収スライド
合成研究 薬学大学院卒業後、国内製薬メーカーにてプロセス合成の実績をあげるも、薬学部にてメドケミを専攻したことからメドケミ職に就業したく転職活動を開始。なかなか求人がないなか8ヶ月がかりで満足できる大手企業のメドケミ職で転職成功。年収は同レベルであるも福利厚生の充実に大満足。
27歳
内資→内資
年収520万
合成研究 院卒後、外資系製薬会社で合成職に従事するも研究所縮小から転職を決意、本人の希望通り出身地へのUターンも叶い転職成功。
25歳
外資→内資
年収430万→450万
合成研究 国内及び外資系製薬にて14年の合成研究で国際特許化合物を多く創薬するも研究所部門縮小に伴い退職を決意、第一希望の国内大手製薬企業の合成研究員で年収もスライドで転職成功。退職割増金もGET。
40歳
外資→内資
 
創薬合成 業績低迷による研究所規模縮小による創薬部門の撤退から転職を決意、チームリーダーの経験を買われ、転職活動をはじめて1年かかって運良く自宅通勤可能な国内中堅メーカーの創薬合成職に転職成功。
29歳
内資→内資
年収490万→580万
▲ ページトップへ