HOME >  企業インタビュー >  ノバルティスファーマ株式会社

企業インタビュー

御社の強みに関してお聞かせ下さい。

ノバルティス ファーマの強みとしては、「規模」・「開発力」・「人と企業文化」があげられます。 「規模」については2011年度医薬品部門の売り上げに関して、グローバルでは約420億ドル、日本国内では約3200億円を達成しており、グローバル拠点として、140カ国でその製品が販売されています。ビジネスのポートフォリオも、医薬品だけではなく、ワクチン・診断予防、ジェネリック、OTC部門を揃え、直接患者さんの病気を予防し、治療できる薬剤を提供しています。 「開発力」については豊富なパイプラインが、揃っており、2011年に「イラリス」「ジレニア」「オンブレス」「イクセロンパッチ」の多岐にわたる領域、4製品が承認されました。発売後も様々な領域の薬剤を日本市場に導入する予定です。
「人と企業文化」を達成するために、弊社は「新薬で人々のいのちと健康に貢献するために」という企業目的を真摯に取り組むことが弊社の強みです。そのために社員の行動規範である「バリュー&ビヘイビア」を徹底することを重要と考え、フォーラムを開催するなど力を注いでいます。弊社代表の三谷は、常に社員に「会社を支えているのは社員であり、社員が成長すれば、企業文化が育成され、企業文化が育成されれば、企業が成長する。」とメッセージを常に伝えています。人材の育成への取り組み、サポート体制を更に強化しようとしているのも弊社の強みです。

今後の事業展開に関してお聞かせ下さい。

カナキヌマブ(遺伝子組換え)凍結乾燥注射剤「イラリス」、多発性硬化症治療剤(フィンゴリモド塩酸塩)「ジレニア」、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬「オンブレス」、アルツハイマー型認知症治療剤「イクセロンパッチ」4製品が2011年度に販売されました。今後の開発品目ですが、全く新しい機序の高血圧治療薬、呼吸器治療薬などが予定されていますが、製薬会社の使命として医療におけるアンメットニーズに応え、今まで十分に満足のいく治療が受けられなかった疾患に対して、新薬を医療現場に届けることにあると考えています。今回承認を取得した4製品は、いずれも革新的な医薬品で、多くの患者さんの福音となるものと期待すると同時に、患者さんの数が少ない希少疾患の患者さんに新しい治療の選択肢を今後も提供していくことがノバルティスの責任だと思います。

この度の「眼科MR」募集の背景をお聞かせ下さい。

2010年に上市された加齢黄斑変性治療薬「ルセンティス」が発売されましたが、発売前は、この疾患に関して「症状を安定させる」のが限界でしたが、この製剤の発売により「視力を回復」することが可能となり医療現場でも大きな評価を得ています。また、更なる「適応拡大」を予定しており、それに伴い社内での組織体制の再構築を進めるために今回のMRの増員が必要となりました。

御社の「眼科MR」としてどのような人材を求めていますか?

弊社が求める人材はノバルティス ファーマの企業目的である「人々のいのちと健康に貢献する」とそれを支えるノバルティスの行動規範に共感していただけるかどうかという点です。 真に強く、信頼され、誇れる会社を目指し、日々の仕事に社員全体で取り組んでいます。進取の精神でチャレンジを惜しまない方、またさらにノバルティス ファーマをより良い会社にするために努力を惜しまない方、また同時に顧客より信頼を得るためには倫理観、誠実さといった要素を兼ね備えた方を求めています。 眼科MRですが、領域未経験の方でも、眼科領域に興味がある人 大学担当経験がある人であれば喜んで拝見致します。大学担当経験がなくて、基幹病院までの経験でも人物的に優れている方であれば一度お会いさせていただければと思います。

研修制度に関してお聞かせ下さい。

ノバルティス ファーマの研修サポート体制は、MR業務に関する研修と全社員を対象とした研修があります。MR業務に関する研修は、まず入社約1ヶ月間は製品教育を中心とした研修を行います。現場に配属後も、継続的な研修を実施しますが、月に1回、午前中はブロードバンドを活用した製品の製品情報や、競合メーカーの動向について社員全員で同時に共有します。 午後は営業所単位で知識の再確認、スキルの習得を行います。またノバルティスは自らが望めば参画できるという研修風土のもと、「眼科領域」において、学術知識のスキルアップが可能な通信教育や、上位成績優秀者を対象とした研修なども実施しています。 全社員を対象とした研修はビジネススキルを磨く通信教育や手あげ方式で参加できる研修などが整っています。

御社「眼科MR」を目指される方に一言メッセージをお願いします。

自ら高い目標を掲げて、それに対して努力を惜しまない方、ノバルティス ファーマには社歴などとは関係なく、公平な評価と自らの手で掴むことができるチャンスがあります。 まずは熱意を持って新製品上市を成功に導いてくれる方と是非一緒に目標を達成できればと思っています。ご応募お待ちしております。

ノバルティスファーマ株式会社 会社概要

ホームページ http://www.novartis.co.jp/
本社所在地 〒105-6333
東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー
資本金 60億
売上 494億米ドル、前年比5%増(実質ベース)
従業員 3,910名(2016年4月1日現在)
募集職種 非公開求人がございます。お問い合わせ下さい。
勤務地 全国主要都市
概要と特色 ノバルティス ファーマ株式会社は、日本チバガイギー医薬部門とサンド薬品が統合し、1997年4月に誕生しました。私たちは、ノバルティスの世界的ネットワークと研究開発力を活かし、革新的な製品と確かな情報の提供を通じてひとびとの健康と豊かな生活に貢献することを目的としています。
ノバルティスは、スイス・バーゼル市に本拠を置くヘルスケアの世界的リーディングカンパニーです。革新的な新薬はもちろんのこと、高品質かつ安価な後発医薬品、病気の予防のためのワクチン・診断技術、そしてコンシューマー向けの一般用医薬品、コンタクトレンズ、動物用医薬品など、幅広い分野の製品を世界140カ国以上で販売しています。
私たちノバルティス ファーマ株式会社は、ノバルティスの医療用医薬品の日本法人として、日本において開発、生産、販売、市販後調査を行い、革新的な医薬品と正確で質の高い学術情報を提供しています。 生産拠点としての篠山工場(兵庫県)、そして全国に12カ所の事業所を置き、開発から生産、営業までの一貫体制を確立しています。 ノバルティス ファーマは、循環器をはじめ、がん、呼吸器、中枢神経領域ならびに、臓器移植における拒絶反応を抑制する免疫抑制剤、高齢者の失明原因の一つである加齢黄斑変性の治療薬など、幅広い領域の医薬品を提供しています。
たとえば、高血圧症治療薬「ディオバンR」は、世界100カ国で承認されており、世界中の患者さんに広く使われています。
抗悪性腫瘍剤「グリベック」は、病気の原因となる分子に作用する画期的な分子標的治療薬として医療関係者から高い評価を得ています。 また、いまだ確実な治療法の見つかっていない領域(アンメットニーズ)での革新的な医薬品や、患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を改善する医薬品、症例の少ない病気の治療薬(オーファン・ドラッグ=稀少疾病医薬品)など、さまざまな患者さんのニーズに応える製品を提供し続けています。またノバルティスの2011年業績は売上高3,156億円を達成しました。

*本ページで掲載されている求人へのご応募・ご質問は、メディサーチにご登録後、担当のキャリアコンサルタントにお申し付け下さい。求人企業への直接の応募・お問い合わせはくれぐれもお控え下さい。なお、求人情報は掲載時点のものです。変更および締切されている可能性があります。

▲ この求人のお問い合わせ   ▲ この求人にエントリー

▲ ページトップへ