HOME >  企業インタビュー >  日本イーライリリー株式会社

企業インタビュー

御社の今後の事業展開と強みをお聞かせください

弊社は『中枢神経、内分泌代謝/骨、オンコロジー』に特化したスペシャリティファーマとして事業展開をしています。
今後は日本市場において既に海外で発売され高い評価を受けている抗うつ剤や抗ガン剤、糖尿病治療薬を数年以内に続々と上市していく予定です。その後もアルツハイマー治療薬など革新的な医薬品を提供していきます。
弊社の強みは何と言っても『研究開発力』で、世界で初めてインスリンの製剤化に成功するなどの歴史が物語っています。
『研究開発こそが企業の魂』と考えており、社会で本当に求められている医薬品の開発に力を注ぎ、売上高の19%にあたる多額な研究開発費を投入しています。
また、企業文化を守りつつ規模拡大を目的としたM&Aとは距離を置いた経営を続けており患者さん志向の研究開発と製品の普及に努めており安定した経営も大きな強みです。

今回のMR募集の背景を伺えますか?

弊社は2000年に全MR・完全領域制の組織を作った業界初の製薬会社です。その営業組織は、内分泌代謝/骨領域、中枢神経領域、オンコロジー領域の3領域に分けられ、現在、約900名のMRがおります(うち女性MRは全体の20%)。
今回のMRの募集の背景と致しましては現在の製品に加えて本年より今後4年間で新製品数品目の上市や適応症追加があり、今後の新製品ラッシュを考慮したMR数増員が募集の背景となります。

御社の社風の特徴についてお聞かせください

弊社の社風は、患者さん志向の強い製薬会社である事です。マーケティング戦略や営業の根本的な判断基準はすべて患者さんの症状改善を優先する社風であります。
弊社CEOは『ペイシェント・オールウェイズ・アット・ザ・センター』(常に患者さん中心で考える営業戦略)と言う考えを持っております。その為、MRも患者さん1人1人の治療(個別化治療)に貢献できる営業をして行くという社風が特徴です。

今回のMR募集の条件をお聞かせ下さい

配属領域は、内分泌代謝/骨領域、中枢神経領域、癌領域 です。
応募の条件としましてはMR認定証を持つMR経験が1年以上の方です。
勤務地は基本的には全国勤務可能な方ですが、ご本人の希望もお聞きした上で勤務地を決定したいと思っています。面接時に勤務地についてご相談下さい。

MRとしての将来のキャリアパスについてお聞かせください

弊社にはキャリアプランへのサポート制度があり、個人個人のキャリアプランと、会社のニーズを考慮し、新たな職務に移籍する事ができます。社内公募制度もございます。
実際にMRからキャリアパスする職種はマーケティング職(市場分析、新製品企画、マーケットサービス(パンフレット作成)、研究会立ち上げなど)や教育研修職、人事採用担当 など 多くの選択肢があります。

女性MRに対しての社内環境について

弊社では全MRの約20%(約180名)の女性MRが働いており、女性MRの長期雇用を目指していろいろなサポートをおこなっております。現場では30名近くの女性MRが既婚で10名近くが子育てをしながらMRを続けております。女性の営業課長も3名おり、部下の指導育成に励んでいます。
また、転勤については転勤希望または転勤しない希望を個人ごとに会社として検討しています。(配偶者の勤務地への転勤制度もあります。)その際には、本人から上司に相談し、その後は支店長と人事本部にて検討をおこないます。また育児休業制度や育児時短制度もある女性にも働きやすい企業です。

最後に応募者の方にメッセージをお願いします

ドクターと協力して患者さん1人1人の治療(個別化治療)に貢献したい方。
これから発売される画期的な医薬品をプロモーションしてみたい方。
将来性ある職場でご自身の力を試してみたい方。
キャリアアップを図りたい方。
是非日本イーライリリーに応募して下さい。

日本イーライリリー株式会社 会社概要

ホームページ https://www.lilly.co.jp/
本社所在地 〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザビル
資本金 127億7250万円
従業員 3,400名(2016年12月現在)
募集職種 臨床開発医師(循環器領域・糖尿病領域・がん領域・自己免疫疾患領域)、CMC薬事(正社員・契約社員)、メディカルリエゾン (オンコロジー領域) (担当/担当課長 または 課長)、Country Study Manager (CSM)(担当/担当課長)、メディカルエデュケーション(自己免疫疾患領域/中枢神経領域/筋骨格領域/抗がん剤領域)、アジアパシフィックメディカルコミュニケーションズ(メディカルライティング) 、Clinical Trial Manager (CTM) 、購買(課長職 / 部長) 、Clinical Project Manager(CPM)、Health outcome research (担当課長/課長職)、Project leader:PPM(Pharmaceutical Project Management)(担当課長/課長) 、品質保証 (担当課長・課長職) 、CTM/CSM/CDL(契約社員)、Clinical Development Liaison、ジャパンメディカルコミュニケーションズ(学術情報)
【経験者・未経験者】MR(オンコロジー領域)、【経験者・未経験者】糖尿病・成長ホルモンMR
求人要件 ・経験MR登録資格
必須項目 (以下の3項目は 必須です)
・MR認定証保有者 ・普通運転免許保有者 ・将来的に全国勤務 可能な方
あればなお可
・大学病院、基幹病院担当経験
職務特性上、将来的に転居を伴う異動が発生します。その際に全国勤務可能な方。
勤務地 全国(主要都市)
福利厚生 ●Work & Life Balance
カフェテリアプラン、育児パパ休暇・育児休業、産前産後休暇、育児時短制度、看護休暇、介護休業
●健康・安心のための制度
グループ補償制度、長期休業補償制度、リリーすこやかサポート、慶弔・災害見舞金制度
●豊かな生活のための制度
住宅ローン利子援助制度、グローバル・シェア、緊急無利子貸付制度、財形貯蓄制度
概要と特色 売上高で現在世界10位にランクしているイーライリリーですが、研究開発重視の企業スピリッツを発揮し、米国インディアナポリスの基礎研究所を中心に、世界15カ国の研究所と、約8000人の研究開発スタッフを要しています。研究開発に投じる費用も約34億ドル(約3740億円 ¥110/$)、売上高に占める研究開発費の比率では、米国の製薬メーカーの中でもトップランクを誇っています。 また、すそ野が広がる研究分野に対応していくため、研究開発提携を基本戦略に据え、現在日本を含む研究開発提携は、100を超えています。年間の研究開発費は売上の約19%を投資しており、業界でも常に高い水準を保っています。主要な研究領域は、循環器系、内分泌系、神経科学、オンコロジー(腫瘍学)の4つの疾病領域。これらにおいて、ファースト・イン・クラス/ベスト・イン・クラス(その化合物群で最初、または最良)の革新的な化合物を創薬し、患者さんの視点からもっとも有用な医薬品を提供することが、イーライリリーの使命であり、誇りでもあります。その結果 、世界初の遺伝子組み替え技術を用いた医薬品(インスリン)の発売という金字塔に加えて、抗うつ薬や抗精神分裂病薬、抗がん剤などで大型の新薬を生み出しています。アメリカに次いで世界第2位の医薬品市場である日本は、今、欧米の製薬企業から熱い注目を集めています。この市場で確固たるプレゼンスを築けるか否かは、激動の21世紀において企業としての生き残りを左右する大きな鍵となっているのです。日本イーライリリーはこれまで、MR、臨床開発、製造と組織全体のバランスを図りながら、段階的に組織の拡充を行ってきました。そして今また、MRをはじめとして多くの人材を必要としています。その大きな理由は、2012年までの今後4年間で抗癌剤を中心に、精神分裂病治療薬、循環器系、代謝内分泌系など、世界的な規模での大型製品が次々と日本国内で上市されることにあります。世界市場で10億ドルから20億ドル(約1100億円から2200億円)を売り上げるような画期的な製品が日本に投入されれば、日本の製薬企業の中でベスト10に入るような売上をあげることも決して不可能ではありません。監査基準が統一されれば、臨床試験が重複せず、有用な新薬を国内で早く上市することもでき、日本イーライリリーにとって、大きなチャンスが訪れることになります。日本イーライリリーでは、高度化する医療従事者のニーズに応えるべく、より効果的に専門的情報を提供できる体制として、業界に先駆けて治療領域別のスペシャルMR制を実施しています。また、開発段階においても、製品のよりスムーズな市場導入を目指し、開発初期からマーケティングを含めた各部門が同じチームでプロジェクトを進めていくプロダクトチーム制を導入しています。今後もイーライリリーでは、革新的な医薬品と関連する情報を提供することで、「いのちの尊さにこたえる」努力を続けています。

*本ページで掲載されている求人へのご応募・ご質問は、メディサーチにご登録後、担当のキャリアコンサルタントにお申し付け下さい。求人企業への直接の応募・お問い合わせはくれぐれもお控え下さい。なお、求人情報は掲載時点のものです。変更および締切されている可能性があります。

▲ この求人のお問い合わせ   ▲ この求人にエントリー

▲ ページトップへ