HOME >  転職成功例 >  MR

転職成功例

MR 転職成功例

世間では大手企業の収益が改善され、個人消費も増加し、景気回復の兆しが見えるといわれている昨今、医薬品業界にとっては、まだまだ非常に厳しい環境にあります。再編が継続しているメガファーマ、スペシャリティーファーマ、ジェネリックファーマは、生き残りをかけ統合・分社化など試行錯誤しています。転職が成功したMRの共通点は、「絶対的な強みを持っている方」「理論的な思考力のある方」「目標達成意欲の強い方」等です。それに加え、最近では領域別MRの導入を背景に、中枢・循環器・がん等の経験者が転職を成功させています。これからMRとしてのキャリアアップを考えている方には、最適なシーズンを迎えられます。また、MRの未経験な方にも、各CSOが大幅な増員を計画していますので、チャンスは大いにあります。今月も数多くの方が、MRとして転職に成功しております。

MR職 転職成功への3つのアドバイス

1.論理的思考

MRの行動スタイルは、年々情報提供活動が中心となっており、自社医薬品に関わる専門性が強く要求されるようになってきた。このことは、転職活動の面接の場でも、必ず聞かれるものの一つである。具体的には、競合品との差別化、競合MRとの差別化をいかにして実践してきたかとその再現性を表現する必要がある。

2.行動力

病院内での活動について、年々訪問制限がかかるようになり、MRにとっては、面談の効率化を図ることが重要である。その為には、Drの行動パターンを熟知し、尚且つ、適正な人間関係を築き上げなければなりません。

3.目標達成意欲

情報活動が十分にできても、実際の処方数が上がらなければ、MRとしては失格です。従って、情報活動に重きをおきながら、いかにして処方に結びつけるかを念頭において活動する必要があり、その目標を単なる数字合わせだけでなく、より具体的なものにすることが重要です。

2016.12更新

コントラクトMRnew 国内系製薬企業で女性MRとして活躍していたが、結婚をきっかけに転居をすることになったため、やむをえず退職することになった。しかし、転居先でMRとして復職したいという思いがあり、希望勤務地をかなえるのであればCSOがベストということで、複数のCSOにチャレンジ。
どのCSOでも高評価だったものの、勤務地限定のためプロジェクトがなかなかなく、該当するプロジェクトが見つかるまで数か月かかった。しかし、決して諦めることなくじっくりプロジェクト発生を待ち、その結果最終的に希望エリアでMRに復職することに成功した。
諦めず案件を待つことの重要性がわかるMR転職成功例である。
20歳代
国内→国内
年収470万 

MR 大学卒業後、2つの製薬企業でMRとして活躍。そしてそのMR経験を活かして、自らが事業を立ち上げようとしていた時に親の介護をしなければならなくなり、MR復帰を目指した転職活動を開始した。転職活動では受験するどの企業からも称賛されるMR活動(大学付属病院や基幹病院などにおいて担当製品のシェアアップ、疾患の啓発活動と他剤からの変薬活動など)と人物像が高く評価されて、見事に希望する大手製薬企業で、勤務地も叶えられたMR復帰(転職)に成功した。
30歳代
外資
年収700万台 
異業界 営業 製薬企業でMRや本社専門職を経験後、製薬業界の将来性に疑問を抱き、他業界の営業職として活躍することを決意する。当社コンサルタントとじっくり話し合った結果、将来性など考慮し、業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、安定性の高い企業で転職成功する。
30歳代
外資→国内
年収約820万→約920万 
MR 製薬企業でMR営業所長を経験後、早期退職制度に応募することになり、CSOでMRとして活躍することを決意する。当社コンサルタントとじっくり話し合った結果、将来性など考慮し、業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、大手製薬企業PJで転職成功する。
50歳代
外資→国内
 
Oncology MR 製薬企業2社でMR、Oncology MRを経験後、新たな企業で能力を発揮するために転職を決意する。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、転職成功する。入社一時金も頂く。
40歳
外資→外資
年収850万→スライド+α 
コントラクトMR CSOにてMRとして活躍中であったが、在籍CSOから次のプロジェクトを提示されず、担当プロジェクトマネージャーからも他社への転職を促されたため転職活動を開始した。面接官には業績や、ポテンシャルが高いことは当然であるが、全国勤務可能であることも高く評価されて、見事にコントラクトMRとして新しい会社への転職を成功させた。
50歳代
外資→国内
年収約500万台後半 
MR 製薬企業・CSOでMR業務を経験後、在職したCSOで次のプロジェクトが、無いため退職し、他のCSOでMRとして活躍することを決意する。当社コンサルタントとじっくり話し合った結果、将来性など考慮し、業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、転職成功する。年収もUPする。
40歳代
国内→国内
年収約600万→約700万 
営業所長(MR) 大手製薬企業で30歳代からMR営業所長を経験後、早期制度で退職する。当社コンサルタントからは、中堅企業の営業所長職を紹介されるも他の人材紹介会社からCSOのコントラクトMRを紹介され数社応募する。しかし、契約社員での雇用等の問題もあり、再度 当社からのご紹介の営業所長職にトライすることを決意する。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、営業所長として転職成功する。
50歳
外資→国内
 
MR コントラクトMRとして優秀な成績を収めていたが、製薬企業で長期的ビジョンを持ってMR活動をしたいと考え、転職活動を開始。
規模は小さいものの、堅実な事業方針と領域特化の特徴を持った企業の求人にチャレンジ。
面接では、若いながら密度の濃い活動内容、責任感の高さ、を高く評価され、メーカーMRとしての転職に見事成功した。
30歳代
国内
年収500万 
スペシャリティーMR 大手製薬企業にてスペシャリティーMRを経験するも早期退職制度に応募。スペシャリティー領域のPJを持つCSOに転職することを決意する。当然のことながら業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、転職成功する。希望勤務地も叶う。
50歳代
国内
 
未経験MR 医薬品卸でMSを経験後、MRで業務することを決意する。製薬企業はMSを採用しないことを理解され、大手CSOにチャレンジ。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、転職成功する。年収も大幅にUPする
20歳代
国内→外資
年収約300万→約500万 
MR 国内製薬企業でMR(管理職)を経験後、異業種の営業に転職する。その後、ご自身の能力を最大限発揮できる業務はMRであると確信する。そこでメディサーチに登録する。製薬企業の採用状況・CSOのMR求人状況を当社コンサルタントとじっくり話し合う。そこで、CSOに絞り込み転職活動を開始する。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、MR転職成功する。年収もUPした。
40歳代
国内→国内
年収→750万 
MR 製薬企業を経て、CSOでMRを継続する。その後、在籍CSOの次のプロジェクトを提示されないので転職を決意する。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、MRとして転職成功する。
40歳代後半
国内→国内
年収→700万 
専門領域MR 異業種を経て、CSOにて未経験からMRを経験する。
その後、在籍CSOの本社スタッフとなり業務するが、MRに復帰すること目指し転職を決意する。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、専門領域MRとして転職成功する。年収もUPアップし希望勤務地も叶った。
30歳代半ば
国内→国内
年収650万→700万以上 
専門領域MR 製薬企業でOncology MRを経験後、転職して他の領域MRとなる。
Oncology MRに復帰することが夢で転職を決意する。業界の流れから考えCSOのOncology MRに転職することを望んだ。業績・経験・ポテンシャルの高さが評価され、見事、正社員として転職成功する。
40歳代後半
外資→外資
年収900万→1000万以上 
コントラクトMR 新卒でMRとして活躍していたが、キャリアップを考えて他の領域においてもMR経験を積むことと、希望の勤務地を叶えることを目的に転職活動を開始した。
面接官には、人に好かれる性格と、マーケットや疾患・製品に対する研究熱心さ、積極的な今までのMR活動が高評価を頂きました。この結果、希望勤務地も叶えられ、キャリアップできる新しい領域担当のMRとして、見事にMR転職を成功させた。
20歳代
国内
500万台 
コントラクトMR 異業種営業職として活躍していたが、より専門性の高いMRへの転職を希望し転職活動を開始。
面接では強み・弱みなど自己分析をしっかり行い、コントラクトMRとしてMRへの転職に見事成功した。
20歳代
→外資
400万 
専門領域MR 異業種を経て、CSOにて未経験からMRを経験する。その後、製薬企業 MRに転職することを決意する。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、専門領域MRとして転職成功する。年収もUPする。
30歳
国内→国内
400万→500万 
MR 製薬企業でMR職を経験後、結婚を機に退職。ブランクがあるものの業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、応募CSOで内定をいただく。希望勤務地も叶い、年収も満足している。
20歳代後半
→国内
約600万 
コントラクトMR スペシャリティ領域の外資系製薬企業MRとして活躍していたが、今後のMRとしてのキャリアを考えた時に、CSOで様々な領域経験を積むことが重要であるとの結論に達し転職活動を開始。
面接では自分の成功例をロジカルにお話することに努め、その結果高い評価を受け、コントラクトMRとして見事転職成功した。
30歳代
外資→外資
700万 
オンコロジーMR 社内の組織変更に伴い、現職の将来性に不安を感じたので、新製品の開発力があり、将来性のある製薬企業でMRとして活躍することを目指して転職活動を開始した。
面接では、当然のことながら担当領域での活動内容と実績の他に、考え方や行動力がしっかりしているので、その人物像も高く評価されたことが転職成功のポイントとなり、見事に希望の転職を成功させた。。
30歳代
→国内
800万台 
MR コントラクトMRとして活躍していたが、新たな領域の治療薬を扱いたく、さらに治療知識をより向上させたいと思い転職を決意。年齢に比してMR経験が短いことにより当初は苦戦をしたが、その誠実な人柄とポテンシャルを高く評価され、大手CSOの内資大手製薬企業MRに転職成功した。
33歳
国内
550万→650万 
オンコロジーMR 大手製薬企業・CSOにてMRを経験するもオンコロジーMR復帰を目指し退職。オンコロジーMRのPJを持つCSOに転職することを決意する。当然のことながら業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、正社員として転職成功する。
40歳代
国内
 
MR 大手製薬企業にてMRを経験するも他業種に移り、再度MR復帰を目指し転職活動開始。新薬を扱うPJを持つCSOに転職することを決意する。業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事、正社員として転職成功する。
40歳代
国内
 
コントラクトMR 外資系製薬企業のMRとして活躍していたが、メーカーMRの将来を考えCSOへの転職活動を開始。面接ではMRとしての堅実な活動内容、意欲の高さを評価され、コントラクトMRとしてCSOへの転職に成功した。
30歳代
外資→国内
700万 
団体職員→MR 団体職員として活躍していたが、予てから興味のあったMRを目指し転職を決意。面接での真面目な姿勢とMRになりたい思い・元気さ・コミュニケーション能力が高く評価され、MR未経験ながらも製薬企業のMRとして転職が成功した。
27歳
国内→国内
220万→360万 
MR 大手製薬企業にてMRを経験するも結婚を機に退職。既婚者MRのさまざまな希望を叶えてくれる企業は、CSOと判断し、CSOのMRに転職することを決意する。当然のことながら業績・ポテンシャルの高さが評価され、転職成功する。
20歳代
国内
600万 
コントラクトMR 社内の組織変更に伴い、それを機会に今後は違った領域のMRとして活動することを目指して当社の転職相談にご登録されました。
今までは、プライマリーケア領域やニッチな領域を担当した経験があったので、それ以外の様々な領域を担当できる可能性があるコントラクトMRに絞って転職活動を開始した。 面接では、当然のことながら今までのMRとしての経験や実績が評価され、さらには真面目な人柄も高く評価されたことが転職成功のポイントとなり、見事に希望である他領域を担当するMRに転職を成功させた。
40歳代
→国内
600万台 
MR MS経験後、コントラクトMRとして活躍してきたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、大手外資製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
32歳
内資→外資
590万 
MR 大手製薬企業にてMRを経験するも早期退職制度が始まった。これからのMRは、製薬企業で多く雇用しないと判断し、CSOのMRに転職することを決意する。当然のことながら業績・ポテンシャルの高さが評価され、応募したCSO全てにて転職成功する。応募した大手製薬企業の選考も辞退した。
30歳代
外資
 
MR 製薬企業等でMRを経験後、体調を崩し退職。復帰後、数社応募するがなかなかうまく進まない状況の中、領域に特化した企業にて業績・ポテンシャルの高さが評価され、転職成功する。
30歳代
国内
 
コントラクトMR 外資系製薬企業のMRとして活躍していたが、一身上の都合により退職。再就職活動を開始出来るようになった段階では、離職期間・年齢のハンデもあり活動は難航していた。そんな時にメディサーチに登録、コンサルタントと十分事前打ち合わせをした上でまだ応募履歴のないCSOをターゲットに面接に臨んだ。その結果、MRとして豊富な活動経験を高く評価され、見事内定を勝ち取った。
40歳代
→国内
 
MR 大手製薬企業 2社経験後、早期退職制度に応募。担当コンサルタントとこれからの業界・MRの状況を考慮した際、CSOを志望することを決意。希望の企業にて業績・ポテンシャルの高さが評価され、見事正社員として転職成功する。
40歳代
→国内
 
MR 専門領域に特化した製薬企業でキャリアアップを図る目的を持って転職活動を開始した。応募先を将来的にも患者様に貢献できる専門領域であること、独自性のある製品を持っていること等を選択の基準とした。
2回の面接選考では、人事部門・営業部門から、今までのMR活動、MRとしての考え方、そして人物像も高く評価され、製薬企業側の期待の現れとして大都市圏への配属も叶った転職成功例。
30歳
外資→外資
600万 
MR 外資企業でMRとして活躍していたが、新たな領域の治療薬を扱いたく、さらに治療知識をより向上させたいと思い転職を決意。年齢に比してMR経験が短いことにより当初は苦戦をしたが、その誠実な人柄とポテンシャルを高く評価され、大手CSOの大手製薬企業MRに転職成功した。
41歳
→外資
700万 
MR これまでオンコロジー分野を中心に活動していたが、違った領域での招聘を受け転職。いったんは異領域MRとして活動していたが、今までのオンコロジー領域での活動の方が自身の経験を活かせると思い、早々の退職を決意。今までの豊富な経験、人柄の良さなどを高く評価され、見事オンコロジーMRとして復帰に成功した。
46歳
外資→国内
700万 
コントラクトMR 外資系製薬企業の営業管理職として活躍していたが、営業現場でのMR活動を強く希望し転職活動を開始。
面接ではMRとしての豊富な経験、能力の高さを高く評価され、コントラクトMRとして営業現場への復帰に成功した。
50歳代
→外資
 
MR ご家庭の事情により希望勤務地が叶えられること、今まで携わってきた専門領域のMR経験が活かせること。
これを前提に相談があり、それに沿った転職活動を開始した。
今回、転職活動が成功した要因は、
1) 得意とする専門領域と転職市場がマッチしていた
2)希望勤務地で過去に活動経験があり、その時のDr.との人脈構築が優れていたこと
3) 企画力・活動能力ともに優れていたので結果に繋がっていたこと
以上のことが高く評価され、希望勤務地・専門領域ともに叶えられた転職になった。
36歳
外資→外資
850万 
スペシャリティMR プライマリーMRとして優秀な成績を収めていたが、今後生き残るMR像というものを考えた時に、早いうちのスペシャリティ領域への転身を考え、転職活動を開始。
面接では、これまでの経験と実績、強い志望意欲を認められ、スペシャリティMRとしての転職に見事成功した。
30歳代
→国内
 
MR 現職からのキャリアアップ、専門性を活かせるMR活動ができる製薬会社を目指して転職活動を開始。また転職活動時には家庭の事情も考慮に入れた。そこで応募先に選んだ製薬会社は、独自の製品構成があり、尚且つDr.と患者さんの状態に合わせたディテーリングが要求される製薬企業であった。
2回の面接では、人事部長からも営業部長からも、MR活動に対する考えや、その人柄が高く評価されて希望の製薬会社に内定。ご家族の希望も叶えられた。
30歳
国内→国内
→500万台 
MR 外資製薬企業2社にてMR・Oncology MR職を経験後、自身の希望する企業に転職することを決意。知人にそのことを相談するとメディサーチを紹介され、登録。希望企業1社に絞り転職活動開始。業績・ポテンシャルの高さが評価された見事に転職成功する。希望勤務地も叶う。
30歳代
外資→外資
現年収維持 
コントラクトMR 国内系製薬企業のMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ転職活動を開始。いったんは異業界に入ったものの、実際の仕事内容が入社前の話と異なっており、早々の退職を決意。ご家族と十分話し合い、再度MRとして復職することを決める。職務経歴書の校正、質疑応答対策をしっかり行い面接に臨んだ結果、豊富な経験、人柄の良さなどを高く評価され、見事コントラクトMRとしてMRへの復職に成功した。
40歳
→国内
700万 
コントラクトMR 会社の規定により近々には転勤の辞令が予想されたが、ご家庭の事情により勤務地の変更が出来ないため転職活動を開始した。
製薬会社のMR求人では、全国転勤可能であることが応募条件になるため希望勤務地が叶えられるコントラクトMRの求人に絞って応募。
面接では、今までのMRとしての経験や実績、コミュニケーション能力、そして真面目な人柄が評価されて見事に希望勤務地を叶える転職に成功した。
40歳代
→外資
約600万台 
MR 製薬企業数社にてMR職を経験後、会社都合で対処することになった時が弊社コンサルタントとの初めての出会い。その時もCSOですぐに転職成功する。今回も諸事情により退職したが、本人の予想より早くCSOから合格を頂戴する。これも業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価された結果。
数年後には、本社プロジェクトマネージャーにならないかとも今から打診されている。
40歳代半ば
→外資
 
MR 製薬企業でMR職を経験後、結婚を機に退職。ブランクがあるものの業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、CSO応募企業1社で内定をいただく。希望勤務地も叶い、年収も満足している。
20歳代
→外資
約630万 
MR 大学卒業後、OA機器営業を経て外資系製薬企業においてMRとして従事していたが、領域に特化したMRを目指し転職活動開始。領域未経験ながら、今までの過去の業績・ポテンシャルの高さなどが高く評価され、見事、専門領域MRに転職成功。
31歳
外資→外資
550万 
MR 外資系企業でMR職を経験後、家庭の事情で退職。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、CSO応募企業全て内定をいただく。希望勤務地も叶い、一番年収の高い企業に転職成功。
40歳代半ば
外資→外資
約900万 
MR 製薬企業でMR職を経験後、家庭の事情で退職。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、CSO応募企業全て内定をいただく。希望勤務地も叶い、一番年収の高い企業に転職成功。
30歳代前半
→外資
約700万 
MR 製薬企業でMR職を経験後、家庭の事情で退職。MRとしてブランクがあるものの過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、CSO応募企業で内定をいただく。希望勤務地も叶い、一番年収の高い企業に転職成功。
30歳代半ば
→外資
約850万 
コントラクトMR 製薬企業のMR職として活躍していたが、今回はご家族の事情により希望勤務地を叶えられるMR求人を目指して転職活動を開始した。
面接では、MRとしての経験や実績はもちろんですが、仕事に対する姿勢や人間性の良さも高く評価され、希望勤務地を叶える転職に成功した。
30歳代
→外資
600万台 
コントラクトMR 将来性を考えて、資格を活かせるMRへのキャリアップを考えて転職活動を開始した。
長年MSとして活躍していた経験と、面接での人柄を活かしたコミュニケーション能力が各面接官から高く評価され、見事に希望するMRに転職を成功させることが出来た。
20歳代
→国内
400万台 
MR 現職の経験を活かした更なるキャリアアップを目指して転職活動を開始。
担当領域での長年の経験(自社・他社製品、疾患、治療、Drの方針など)と実績(エリア・会社への波及効果のある成果)、それにMRとしてのポテンシャルの高さなどが評価され、見事に希望する製薬企業に転職を成功させた。
40歳代
→外資
年収UP 
MR 現職の将来性と、MRとしてのキャリアップを考えて転職活動を開始。
大学・基幹病院を担当していた経験を活かして、未経験の領域であるオンコロジーMRにチャレンジ。面接では新しい領域にチャレンジするための学習意欲や現職で培った企画力・行動力・人間性が面接官に高く評価され、希望するオンコロジーMRに転職を成功させた。
20歳代
→外資
600万台 
MR 早期退職者制度を利用して退職することをきっかけに転職活動を開始。
面接では、MRとして、そして管理職として培ってきた経験や実績、ポテンシャルの高さが評価されて見事に転職を成功させることが出来た。
50歳代
→外資
700万台 
MR 大学卒業後、食品営業を経て外資系製薬企業においてMRとして従事していたが、大手外資系オンコロジーMRを目指し転職活動開始。領域未経験ながら、今までの過去の業績・ポテンシャルの高さなどが高く評価され、見事オンコロジーMRに転職成功。年収もアップし、勤務地も希望が叶った。
30歳
外資→外資
600万 
オンコロジーMR 新卒よりプライマリーMRとして活躍してきたが、今後のMRのあるべき姿を考え、より専門的なフィールドで活躍できるオンコロジーMRへの転身を決意。
がん業界についての事前研究を十分行い、自身の強み・弱みを整理した上で面接に臨み、高い評価を得てオンコロジーMRへの転職に成功した。
30歳代
→外資
640万 
MR 外資系企業でMR職を経験後、早期退職制度に応募。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
50歳代
→外資
850万 
短時間勤務MR 製薬企業でMRとして業務経験後、結婚のため退職。再度MRとして業務することを決意する。主婦の生活環境など配慮していただく製薬企業に応募。MR時代の業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
20歳代
製薬企業
 
オンコロジーMR 外資系企業で病院担当MR職を経験後、大手外資系オンコロジーMRを目指し転職活動開始。領域未経験ながら過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
40歳代
外資→外資
950万 
MR 外資企業でMRとして活躍していたが、新たな領域の治療薬を扱いたく、さらに治療知識をより向上させたいと思い転職を決意。今までの経験や実績が評価され、外資系大手製薬企業オンコロジーMRに転職を成功。勤務地も希望が叶う。
40歳代
外資→外資
900万 
オンコロジーMR 外資系企業で病院担当MR職を経験後、大手外資系オンコロジーMRを目指し転職活動開始。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 応募1社目で転職成功。
30歳代
外資→外資
850万 
MR 大学卒業後、MSを経て外資系製薬企業において長年MR及びMRマネージャー職として従事していたが、会社の方針に疑問を感じて転職を決意。年齢が高いため苦戦はしたが、MRとしての実績を高く評価され、年収はダウンながら希望する企業への転職が成功した。
45歳代
内資
750万 
MR 異業種から、現職のオンコロジーMRに転職して活躍。
さらにオンコロジーMRとしてキャリアップすることを目指し転職活動開始。
担当施設での業績・オンコロジーMRとしてのポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事に希望する転職に成功。
30歳代
→外資
700万台 
MR 国内系企業でMR職を経験後、現職でオンコロジーMRとして活躍。
さらにオンコロジーMRとしてキャリアップすることを目指し転職活動開始。
担当施設での業績・オンコロジーMRとしてのポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事に希望する転職に成功。
30歳代
→外資
700万台 
ブライダル営業→MR ブライダル事業会社で営業職として活躍していたが、製薬業界での仕事を希望し転職活動を開始。面接での真面目な姿勢と、MRに転職することへの意欲が高く評価され、異業種からであったが希望のMR職へ転職を成功させた。
30歳
→外資
330万→450万 
MR 国内系企業でMR職を経験後、家庭の事情で退職。MRを目指し転職活動開始。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 応募1社目で転職成功。希望勤務地も年収も叶う。
40歳代後半
→外資
→850万 
未経験MR アパレル業界で営業職を経験後、早期退職制度に応募。転職活動を開始。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 転職成功。
20歳代後半
内資→内資
→350万 
MR 外資系企業でMR職(営業所長)を経験後、更なるキャリアアップの為、転職活動開始する。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 応募1社目で転職成功。
40歳代前半
外資→外資
→1400万円 
MR 外資系企業でMR職を経験後、産休制度を活用。しかし、今後も女性として、母親として業務することを切望し転職活動を開始。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 転職成功。希望年収・勤務地も叶う。
20歳代
外資→外資
→650万円 
MR(管理職) 外資系企業でMR職を経験後、早期退職制度に応募。転職活動を開始。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 転職成功。希望年収も叶う。
40歳代後半
外資→外資
→1000万円 
MR 新卒より外資系企業の専門領域MRとして活躍していたが、他領域に異動となったため、以前の領域でのMR活動に戻るべく転職活動を開始。
面接では豊富な領域経験を大いにアピールし、高い評価を受け転職に成功した。
30歳代
→外資
→840万円 
MR 外資系企業でMR職を経験後、家庭の事情で早期退職制度に応募。MRを目指し転職活動開始するが中々スムーズに進まない。そこでメディサーチと出会い、過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
40歳代後半
→外資
→850万円 
MR 希望勤務地を叶えるために転職を考え始めた。
面接では、今までのMR活動内容や回答が評価されて、新しい製薬企業で見事に希望勤務地を叶えた転職に成功させた。
30歳代
→外資
→650万円 
オンコロジーMR 国内系企業でオンコロジーMR職を経験後、大手外資系オンコロジーMRを目指し転職活動開始。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 応募1社目で転職成功。大幅に年収UPする。
30歳代
国内→外資
年収600万円→800万円 
MR 国内系、外資系企業でMR職を経験後、女性として長く働ける職種選択が出来るCSOでの業務を希望し退職。過去の業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、見事 転職成功。今後、女性就業環境を整える職場づくりを目指す。
30歳代前半
外資→国内
前年収程度 
時短勤務MR 大手製薬企業でMRとして業務経験後、結婚のため退職。再度MRとして業務することを決意する。主婦の生活環境など配慮していただく製薬企業に応募。MR時代の業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
30歳代
製薬企業
 
時短勤務MR 外資製薬企業にてMR職として新卒入社。その後、結婚、出産、ご主人の転職に伴い、出身地にUターンするも、ご自身のMRとしての復職が叶わないことから転職活動を開始。 コントラクトMRで子育てが両立できる、時短勤務MR で転職活動成功。
20歳代後半
外資→国内
 
MR 希望勤務地を叶えるために転職を考え始めた。
優秀な実績と、MRとしての姿勢や考え方が面接での回答に出ていたため、将来的な伸び代を面接官から考慮されて、見事に希望勤務地を叶えた転職に成功した。
30歳代
→外資
年収700万円
MR 今までのMR経験を活かすために転職活動を開始した。
MR活動内容から、MRとしての資質や人格がよくわかり、その点を面接官から高く評価されて、希望したMR経験を活かせる製薬企業への転職を成功させた。
30歳代
→外資
年収700万円台
オンコロジーMR 国内製薬企業でMRとして業務経験後、更なる可能性を目指し、開発品目の多い大手外資製薬企業オンコロジーMRに転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。年収も大幅にUPする。
30歳代
国内→外資
年収800万円→950万円
MR ご家族の都合で希望勤務地を叶えるために転職活動を開始。
面接では、しっかりしたMR活動内容や、ご自身の考え、今後の展望などを 一方的な応答ではなく出来たことで、面接官に理解され、見事に希望勤務地を叶える転職を成功させることが出来た。
30歳代
国内→外資
年収600万円台
短時間勤務MR(契約社員) 大手製薬企業でMRとして業務経験後、結婚のため退職。出産後、再度MRとして業務することを決意する。子育て環境など配慮していただく製薬企業に応募。MR時代の業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
30歳代
製薬企業
 
コントラクトMR 持ち家のある近辺での勤務を希望して転職活動を開始。
面接では、転職理由・MR活動内容・成功例・自分の考え・希望などを面接官からの質問に対して、しっかり回答できたので見事に希望勤務地を叶えた転職に成功した。
40歳代前半
外資→外資
年収800万円台前半
MR 異業種よりコントラクトMRとしてCSOに転職したが、入社後のプロジェクトがなく、会社都合で退職。 MRの実務経験がないため再就職活動も苦戦を強いられた。
そんな中、タイミング良く発生した国内系スペシャリティ企業のMR急募案件にタイムリーに応募、前職での活動内容をアピールし、見事、内定を勝ち取った。
20歳代
国内→国内
年収340万円
短時間勤務MR(契約社員) 大手製薬企業でMRとして業務経験後、結婚のため退職。出産後、再度MRとして業務することを決意する。子育て環境など配慮していただくCSOに応募。MR時代の業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
30歳代
製薬企業
 
コントラクトMR 出身地近くでの勤務を希望して転職活動を開始。
面接では、大学・基幹病院を担当していたこと、ベテランMRとして広範囲のエリアを任せられること、年下社員への良きアドバイザーになりうること、そして受け応えや、人物評価が高いことから見事に希望を叶えての転職に成功した。
40歳代半ば
国内→国内
年収600万円台
診断薬MR → コントラクトMR 診断薬MRとして活躍していたが、現状よりも深いレベルの知識を持ってDr・薬剤師に紹介していきたいと考えたため、MRへの転職を決意。
診断薬MRとしての経験と実績、知識などが面接で高く評価され希望のコントラクトMRへ転職を成功させた。
20歳代
内資→外資
年収450万円
未経験MR 大学卒業後、契約社員として営業職を経験後、アルバイト生活を続けるもMRになることを決意する。MR志望動機や将来の展望もしっかり抱いており、難関の製薬企業に転職成功する。希望勤務地も叶う。
20歳代
国内製薬企業
MR 外資大手製薬企業でMRとして活躍していたが、より幅広い領域の治療薬・新薬を扱いたく、さらに治療知識を向上し、自身を成長させたいと思い転職を決意。今までの経験や実績が評価され、目指していた内資大手製薬企業MRに転職成功。
29歳
外資→内資
年収645万円
短時間勤務MR 大手製薬企業でMRとして業務経験後、結婚のため退職。出産後、再度MRとして業務することを決意する。子育て環境など配慮していただく製薬企業に応募。MR時代の業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
30歳代
製薬企業
短時間勤務MR 大手製薬企業でMRとして業務経験後、結婚のため退職。出産後、再度MRとして業務することを決意する。子育て環境など配慮していただく製薬企業に応募。MR時代の業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。希望勤務地も叶う。
30歳代
製薬企業
MR 外資系製薬企業でMRとして業務経験後、更なる可能性を目指し、大手外資製薬企業に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。年収も大幅にUPする。希望勤務地も叶う。
20歳代
外資→外資
年収450万円→560万円
MR 外資系企業でMRとして業務経験後、更なる可能性を目指し、転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事転職成功。
30歳代
外資→内資
年収700万円
MR 内資製薬企業でMRとして業務経験後、更なる可能性を目指し、大手外資製薬企業に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。年収も大幅にUPする。
30歳代
内資→外資
年収600万円→750万円
MR CMRから製薬企業・正社員MRに、そして大都市勤務を希望して転職活動を開始した。異業種からCMRに転職したためMRの経験は1プロジェクトだけだったが実績はトップ、それを証明するMRとしての資質(計画性・行動力・そして学習意欲、さらには人に好かれる人間性)が複数企業から内定を頂くことに繋がりました。そして大手製薬企業で大都市勤務への希望も叶えられた成功例。
30歳代
外資
年収600万円台
MR 外資系企業でスペシャリティMRとして活躍していたが企業の将来性に不安を感じ転職を決意。
前職で培ってきたスペシャリティMR としての、またマネジメントの能力を高く評価され、転職に見事成功した。
40歳代
外資→外資
年収1100万円
MR 新薬開発の盛んな製薬企業を目指し、更なるキャリアアップをするために転職を決意する。面接では大学・基幹病院を長年担当していただけに個人の実績だけでなく、エリアや他のMRへの波及効果を考慮したアクション企画や、面接官に対する受け応え・人物像が高く評価され、見事に希望した製薬企業への転職を成功させ年収もUPさせた。
30歳代後半
外資
年収700万円台
MR 製薬企業、CSOでMR業務経験後、更なる可能性を目指し、内資製薬企業に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応転職成功。希望勤務地も叶う。
40歳代
内資
年収700万円
MR 外資製薬企業でMRとして業務経験後、更なる可能性を目指し、大手外資製薬企業に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。年収も大幅にUPする。
30歳
外資→外資
年収500万円→700万円
MR MRへの復職を考えメディサーチに登録。
MRからの離職期間が長く、また年齢も高いことから難航したが大学病院や基幹病院での活動内容や実績に加えて、面接での回答内容やMR復職への意欲、ベテランMRとしての経験を評価して頂ける企業に見事に希望の勤務地にてMRへの復職がかなう。
40歳代後半
外資
MR 製薬企業・CSOでMRとして業務経験後、更なる可能性を目指し、希望のPJを持つCSOに転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、評価され、見事応募1社目で転職成功。
30歳代
内資
年収780万円→850万円
MR MRとして活躍後、以前より希望していた海外勤務の仕事に就くが家庭の事情によりMRへの転職活動を開始。特化した領域MRとしての経験や実績だけでなく、面接本番での対応が高く評価され、自身の経験や能力が発揮できる製薬企業に転職を成功させた。また同時に勤務地の希望も叶えられた。
36歳
外資
年収700万円
MR 製薬企業でMRをしていたが、現会社の将来性への不安を感じ転職活動を開始。面接では分かり易い回答や、顧客のニーズに対応したMR活動などが合格の理由となり、希望のオンコロジーMRに転職を成功させ、年収アップの希望も叶えられた。
20歳代
外資
年収500万円台
MR 専門性を高める為にCSOにてMR経験後、更なるキャリアアップを目指し、大手外資系企業に転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、第一志望の企業に見事転職成功。希望勤務地も叶い、年収も大幅UPする。
31歳
内資→外資
年収600万円→700万円
MR CMRから、製薬企業・正社員MRを目指して転職活動を開始。
2回の面接において、面接官に対する回答内容や回答の仕方、更には今までのMRとしてのスキルが高く評価され、見事に製薬企業・正社員MRに内定、勤務地も叶った転職成功。
40歳代
内資
年収700万円台
MR 製薬企業にてMR経験後、CSOで業務するが再度製薬企業のMRとして転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され、製薬企業に見事転職成功。希望勤務地も叶う。
40歳代
内資
MR 外資企業でMRとして活躍していたが、新たな領域の治療薬・新薬を扱いたく、スペシャリティMRへの転身を考え転職を決意。ベテランとしての豊富な経験や実績が評価され、将来性のある製品を持つ外資系製薬メーカーMRに転職を成功。勤務地も希望が叶った。
40歳代
外資→外資
年収750万円→780万円
MR 専門領域に特化したMRを目指して転職活動を開始。面接では、MRとしての能力が高く評価され内定、勤務地も叶った転職を成功。
25歳
内資→外資
MR 外資系製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ転職を決意。
希望の求人にタイミング良く応募した結果、豊富なキャリアを高く評価され、最先端の薬剤を扱うスペシャリスティMRとしての転職に成功した。
30歳代
外資→外資
MR 外資系製薬会社に勤務していたが、会社の将来性に不安を抱いたことと、家庭の事情による希望勤務地を叶えるために転職活動を開始した。担当エリアのDrに対する攻略法などで、MRとしての実力があることを証明できたことや、人物としても高く評価されたので、希望の製薬企業・勤務地を叶えた転職に成功することが出来た。
29歳
外資→外資
年収480万円→550万円
MR 製薬企業にてオンコロジーMR経験後、更なるキャリアアップを目指し、大手外資系製薬企業オンコロジーMRに転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価されトライされた企業全てから「内定」を頂き、第一志望の大手外資系製薬企業に見事転職成功。年収もUPする。
40歳
内資→外資
年収100万以上UP
MR CSO、製薬企業にてMR経験後、更なるキャリアアップを目指し、大手外資系製薬企業MRに転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され大手外資系製薬企業に見事転職成功。
30歳
外資→外資
年収700万弱→800万弱
MR 大手製薬企業にてMR経験後、更なるキャリアアップを目指し、大手外資系製薬企業MRに転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され第一志望の大手外資系製薬企業に見事転職成功。勤務地も叶い、年収もUPする。
30歳代
内資→外資
年収950万円→1200万円
コントラクトMR 元MRとして勤務していたが、その後異業種に転職。しかし今後の人生を考えた時に再度MR職への復職を希望して転職活動を開始した。MRから離れている期間を懸念する声もあったが、それを覆すだけのMR時代の経験や実績、それにMRとしての心構え、人物像が高く評価され、希望のMR職へ復職することを成功させた。
33歳
内資→外資
年収500万円→600万円
MR 大手製薬企業にてMR経験後、更なるキャリアアップを目指し、大手外資系製薬企業MRに転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され第一志望の大手外資系製薬企業に見事転職成功。勤務地も叶い、年収もUPする。
30歳
外資→外資
年収650万円→700万円
MR 今回の震災を機に現職の将来性に不安を抱き、他社及び希望勤務地を叶えるために転職活動を開始した。現職でもマネージャー職への昇進が目前の方であるので、医療機関・Drの攻略方法、エリア全体への波及効果などの経験や実績で実力を証明し、さらに人物像が高く評価され、希望の製薬企業・勤務地に転職することを成功させた。
35歳
外資→外資
年収770万円→850万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍してきたが、より学術的で専門性の高いMR活動がしたいと考え転職活動を開始。MR経験が約3年ということもあり、当初は苦戦をしたが、面接での高いポテンシャルが高く評価され、大手外資企業プロジェクトMRとして転職を成功させた。
35歳
外資→外資
年収550万円
MR 外資企業でMRとして活躍していたが、新たな領域の治療薬・新薬を扱いたく、さらに治療知識をより向上させたいと思い転職を決意。今までの経験や実績が評価され、将来性のある製品を持つ外資系製薬メーカーMRに転職を成功。勤務地も希望が叶った。
30歳代
外資→外資
年収480万円→630万円
MR 異業種で営業職として活躍していたが、医療関係の仕事を希望し転職活動を開始した。
面接での真面目な姿勢と、MRに転職することへの意欲が高く評価され、異業種からであったが希望のMR職へ転職を成功させた。
25歳
内資→外資
年収320万円→500万円
MR 外資系製薬企業でMRマネージャーとして活躍していたが、CSOという今後の成長マーケットに活躍の舞台を移すことを希望。
MRマネジメントの経験と長年にわたり築き上げてきた人脈を高く評価され、年収は少しダウンしたものの真に自分のやりたいフィールドへの転職に成功した。
40歳代
外資→内資
MR 新卒から国内系製薬企業のMRとして活躍してきたが、企業の将来性を考え転職を決意。
実直な人柄と真面目な仕事ぶりを評価され、将来性の高い外資系企業への転職を成功させた。
20歳代
内資→外資
年収580万円
MR コントラクトMR経験後、更なるキャリアアップを目指し、外資製薬企業MRに転職することを決意。業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され第一志望の大手外資系製薬企業に見事転職成功。勤務地も叶い、年収もUPする。
30歳代
→外資
年収650万円→700万円
MR 大手製薬会社のCMR転職し活動していた。今回は製薬会社の正社員MRを目指し転職活動を始める。
MRとしての経験や実績だけでなく、実直なMR活動内容と得意先での評判も高く評価され、見事に希望の正社員MRに転職を成功させた。
34歳
内資→外資
年収700万円→770万円
MR CMRとして活躍していたが、製薬企業の正社員MRを目指し転職活動を開始。
MRとしての経験は短かったが、・計画性・実績・ポテンシャルが、高く評価され見事に大手製薬企業に転職を成功させ、合わせて年収もUP・希望勤務地も叶えられた。
30歳
→外資
年収600万円→680万円
MR 新卒から国内系製薬企業で活躍していたが、家庭の事情により退職を余儀なくされた。その後MRへの復帰を目指し転職活動を開始。
豊富なキャリアと優秀な成績が高く評価され、スペシャリスティMRとしての転職に見事成功。
40歳代
内資→外資
年収980万円
MR 大学卒業後、外資系製薬企業においてMRとして活躍してきたが、将来性に不安を感じて転職を決意。
当初は、面接がうまくいかず苦戦をしたが、コンサルタントの面接トレーニングを密に行い、ほぼ希望通りの転職が成功した。
43歳
外資→外資
年収900万円→950万円
IT営業→コントラクトMR 大卒後に大学院まで在籍した後、IT業界の企業に就職。営業以外にも幅広く仕事を手掛けていたが、営業を中心にした職務につきたく退職、転職活動を開始。その過程でMR職を知りキャリアチェンジを決意。
年齢的に厳しかったが、書類・面接の対策を十分行ったため、前職での活動内容・コミュニケーション能力・志望動機が高く評価され、コントラクトMRへの転職を見事成功させた。
30歳代
内資→外資
年収450万円
異業種→MR 現職の将来性や年功序列型の昇格・昇進に不安を感じていた所、知人を介してMRの仕事内容に興味を持ち転職活動を開始した。
現職では営業職としては勿論のこと、プロジェクトの主担当を任されるなど仕事の計画性や実行性など、経験や実績も十分にあったことや、面接での態度・回答の仕方、MRの仕事内容に対する理解度など高く評価され、異業種からであったが希望の製薬企業の正社員MRへの転職を成功させた。
30歳代前半
内資→外資
年収400万円→600万円
MR 新卒から某製薬企業でMRとして活躍してきたが、一身上の都合により退社、転職活動を開始した。
退社決定後のスピーディな行動が功を奏し、希望通りのメーカーのMRに転職することが出来た。。
30歳代
内資→外資
年収700万円
異業種→MR 異業種にて営業職として従事し、更なるキャリアアップを目指しMR転職を決意し、大手CSOにトライ。30歳を過ぎての成功は困難が予想されたが、誠実さ・計画性・ポテンシャルの高さが、高く評価され見事応募1社で、大手外資系PJに配属が決定する。年収も大幅にUPする。
35歳
→外資
年収400万→500万円
MR 大学卒業後、某企業において人事関連部門に従事していたが、将来不安と感じてMRへ転職。
その後、製薬メーカー2社で優秀な成績を収めていたが、より専門性を高めるために転職を決意し、見事1社目で思い通りの転職に成功した。
30歳代
外資→外資
年収820万→820万円
→コントラクトMR 異業種からMRを目指し転職活動を開始。
営業職としての経験や実績は十分にあり、転職に対する考えやMRに対する理解度、さらには面接本番での受け応えも高く評価され、希望であるMRへの転職に成功した。
30歳代
→内資
年収UP
MR 新卒から国内系製薬企業のMRとして活躍してきたが、新薬を扱いたく開発力のある製薬企業への転職を決意。
真面目な人柄と前職での工夫を評価され、新薬豊富な外資系企業への転職を成功させた。
20歳代
内資→外資
年収500万→540万円
MR 希望勤務地を叶えるために転職活動を開始する。面接ではMRとしての今までの経験や実績、それに考え方が高く評価され見事合格。
CMRとして勤務地や年収も希望が叶い見事に転職を成功させた。
28歳
内資
年収700万円
MR 新卒から外資系製薬企業の専門MRとして活躍してきたが、将来性に不安を感じ転職活動を開始。即戦力としての経験と実力を高く評価され、活動開始後、比較的短期間で転職を成功させた。
30歳代
外資→外資
年収700万円
MR 大学卒業後、異業種から転職し外資系製薬企業のMRとして勤務していたが、更なるキャリアアップを目指してトップメーカーの領域専門MRに転職を決意する。受験企業の求める前向きな姿勢と、考えて活動するMRであったことと、面接本番での対応が高く評価され、第一志望のトップメーカーの領域専門MRに見事転職を成功させ、年収も大幅UPさせた。
27歳
外資→内資
年収400万→510万円
MR 外資系製薬企業のプライマリーMRとして活躍してきたが、スペシャリティMRへの転身を考え転職活動を開始した。年齢的に厳しかったものの、ベテランとしての豊富なキャリアを評価され、サイエンスセルを軸にしたスペシャリティ領域のMRとして見事転職を成功させた。
40歳代
外資→外資
年収800万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。MRとしての今までの豊富な経験や実績、面接での高いポテンシャルが高く評価され、勤務地も希望が叶い、大手外資系企業プロジェクトMRとして転職を成功させた
40歳代
外資→外資
年収730万
MR 大学卒業後、国内大手製薬企業MRとして従事するが、結婚を機に退職。主婦業を約2年間専念するが、MR業務の思いが強く復帰することを決意。知識・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され応募1社目である第一志望のCSOにPJが未決定ながら見事転職成功。希望年収も叶う。
20歳代
→外資
年収630万
品質管理→コントラクトMR 2社目の企業で品質管理業務に携わっていたが、以前より希望のあったMRへの転身を決意。前職での工夫を評価され営業未経験のハンデをカバー、コントラクトMRとしての転職に見事成功した。
20歳代
外資→外資
年収440万→600万円
MR 大学卒業後、外資系製薬企業MRとして従事するが、更なるキャリアアップを求め転職を決意。若いながら知識・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され第一志望大手外資系製薬企業の専門MR見事転職成功。年収も大幅UPする。
20歳代
外資→外資
年収440万→600万円
医療機器営業→MR 外資系医療機器企業 営業職として従事するが、更なるキャリアアップを求めMRに転職することを決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され第一志望大手外資系製薬企業のMRとして応募1社目で見事転職成功。年収も大幅UPする。
30歳
内資→外資
年収450万→600万円
MR 大手外資系企業にてMRとして従事するが、早期退職制度により退職。再度、MRを目指し再就職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価されCSO MRに転職成功。
40歳代
外資→内資
年収1000万円
MR 大学卒業後、外資系製薬企業において長年MR及びMRマネージャー職として従事していたが、会社の組織変更に伴う方針の変更に疑問を感じて転職を決意。
年齢が高く苦戦はしたが、その人柄とMRとしての実績を高く評価され、年収はダウンながら希望する企業への転職が成功した。
50歳代
外資→内資
MR 大手外資系企業にてMRとして従事するが、結婚を機に退職。再度、MRを目指し再就職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事第一志望の外資系企業に転職成功。希望勤務地も叶う。
20歳代
外資→外資
年収600万円
MR 定年を機に再就職先を求めて、転職活動を開始。リーダーシップ能力とKOLや代理店幹部との人脈と、年を感じさせないバイタリティーが評価され、新薬メーカーの営業担当として見事転職成功。
60歳
内資→内資
年収750万円
MR 外資系企業にてMRとして従事。更なるキャリアアップを目指し転職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事応募1社目で第一志望のCSO外資系PJ MRに転職成功。年収UP、希望勤務地も叶う。
弊社に登録され2W後に転職成功する。
20歳代
外資→内資
年収450万→550万円
MR 外資系企業にてMRとして従事。更なるキャリアアップを目指し転職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事応募1社目で第一志望の外資系企業に転職成功。
40歳代
外資→外資
年収1100万円
異業種→コントラクトMR 異業種で営業として勤務していたが、自分の強みである営業経験と専門知識を生かせるMRを希望し転職活動を開始。面接本番では自身の営業活動内容や、MRになる上で必要な勉強意欲などの前向きな姿勢が好評価で、見事にMR(コントラクトMR)に転職を成功させた。
20歳代
内資→内資
年収300万台→400万円台
MR GE製薬メーカーにMRとして勤務していたが、新薬を担当したい希望から転職活動を始めた。MRとしての経験や実績、知識の他に、新薬を担当したい意欲が、面接官に高く評価され、コントラクトMRとして希望の新薬を扱う大手外資系製薬メーカーを担当することに成功した。
20歳代
→内資
年収300万台→400万円台
MR 不動産会社で営業として活躍していたが、将来に不安を感じ転職を決意しコントラクトMRに転職。その後、配属先の企業にて優秀な業績を残し、外資系企業MRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業に見事に転職成功した。
30歳
外資→外資
年収500万円→520万円
MR 外資系企業にてMRとして従事。更なるキャリアアップを目指し転職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事応募1社目で第一志望の外資系企業に転職成功。年収もUPする。
20歳代
外資→外資
年収520万円→600万円
MR 外資系企業にてMRとして従事するが、転職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事第一志望の外資系企業に転職成功。希望勤務地も叶う。
20歳代
外資→外資
年収560万円
MR 内資製薬企業でMRとして活躍してきたが、より学術的で新薬開発力があり、担当領域のある将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。MR経験が2年と短かったが、面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、大手外資製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
24歳
内資→外資
年収500万円
MR 外資系企業にてMRとして従事。更なるキャリアアップを目指し転職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事応募1社目で第一志望の外資系企業に転職成功。非管理職の応募も管理職として採用。希望勤務地も叶う。
40歳代
外資→外資
年収1240万円
MR 定年後の就業先を求めて、転職活動を開始。KOLの人脈と、年を感じさせないバイタリティーが評価され、新薬メーカーの営業担当として見事転職成功。
50歳代
内資→内資
年収750万円
MR ジェネリック医薬品を多く扱うMRをし、更なるキャリアアップを目指し大手外資系企業MR職を目指す。営業経験は短かったが、誠実さ・計画性・ポテンシャルの高さが、高く評価され見事応募1社で、転職成功する。年収も大幅UP。
25歳
内資→外資
年収400万円→650万円
MR 某製薬企業のMRとして活躍していたが、より専門的な領域で活躍できるMRへの転職を希望。優秀な成績と活動内容のみならずリーダーとしての素養を高く評価され、見事希望メーカーの専門領域MRとして転職に成功した。
30歳代
年収760万円
MR 某製薬企業のオンコロジー専門MRとして活躍していたが、より幅広い領域で活躍できるMRへの転職を希望。優秀な成績と活動内容を高く評価され、面接一社目で見事希望メーカーのMRとして転職に成功した。
30歳代
→内資
年収630万円
異業種→MR 異業種に転職していたが、転職先企業の将来性に不安を感じてMRへの転職を考えるようになった。希望は将来性のある大手製薬企業で勤務地が叶えられることであった。面接では、自身の経験や実績、考え方や希望などを高いコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力で十分に面接官に伝えられ採用が決定。希望の勤務地でMR職に転職を成功させた。
20歳代
→外資
年収700万台
異業種→コントラクトMR 大卒後、異業種で営業をしていたが勤務先の将来性に不安を感じのと、自分が本当にやりたいことを見つけたためMRへの転職活動を開始した。面接ではMRを研究した成果として、今までの自身の経験とMRの職務内容を結びつけることに成功し、面接官からの執拗な質問にも回答できたことが評価され、希望のMRに転職を成功させた。
20歳代
→内資
年収400万台
MR 在職企業が新薬の発売予定がないことで将来性に不安を感じ転職活動を開始。領域に特化した将来性のある企業を目指した。面接では大病院を担当した豊富な経験や、その企業に入社したい強い気持ちが面接官に高く評価され、希望の領域に特化した製薬企業に転職を成功させるとともに、主要都市での勤務も叶えられた。
30歳代
内資→外資
年収600万円→700万円
MR 長年、MRとして活躍してきたが、家庭の事情により地元に帰らざるを得なくなり、MRを退職。その後、家族の了解を得て転職活動を開始、しかし希望勤務地への拘りが強く厳しい状況ではあったが、CSOへの転職がほぼ希望通りに成功した。
30歳代
外資→内資
年収800万円→800万円
MR 新卒より国内製薬企業のMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ退社。新薬を扱えるコントラクトMRを目指し転職活動を開始。真面目な人物像を高く評価され大手製薬企業プロジェクトのMRとして転職に成功。
20歳代
→内資
年収500万円
MR 新卒から国内製薬企業のMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ転職を決意。 真面目さ、若さ、ポテンシャルを高く評価され大手外資系製薬企業のコントラクトMR(正社員化前提)として転職に成功。モチベーションを高め2年後の正社員を目指す。
20歳代
→内資
年収480万円
MS→MR MSとして活躍していたが、入社2~3年目の各社MRにもどかしさを感じ、自分ならもっと上手く情報提供活動ができると確信し、MRへの転職を決意。MSとしての経験と実績、知識などが面接で高く評価され希望のMRへ転職を成功させた。
29歳
内資→内資
年収450万円→450万円
異業種→コントラクトMR 新卒後、異業種で約2年間・営業として勤務していましたが勤務先の将来性に不安を感じた事と、MRの友人からのアドバイスからMR職への転職を開始した。面接では度重なる難しい質問に臆する事なく回答し、今までの真面目な営業活動と、将来有望な事が評価され、未経験であったが希望のMR職に転職を成功させることが出来た。
25歳
内資→内資
年収400万台
MR 異業種からMRを目指し、コントラクトMRとして従事。1プロジェクト終了後、在籍企業の経営悪化を知り、再度別会社のCSOにチャレンジ。経験のある領域の別会社で採用を勝ち取る。勤務地も実家により近い場所に決定。
30歳代
→内資
年収520万円
MR 外資系企業にてMRとして従事。更なるキャリアアップを目指し転職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事応募1社目で第一志望の外資系企業に転職成功。希望勤務地も叶い、年収もUPする。
20歳代
外資→外資
年収600万円→700万円
MR 長年、外資系企業1社にてMRとして従事するが、更なるキャリアアップを目指し40歳になる直前に初めて転職を決意。実績・業績・ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事第一志望の外資系企業に転職成功。希望勤務地も叶い、年収もUPする。
40歳代
外資→外資
年収800万円→850万円
MR 限られた薬剤を扱うMRに従事し、新薬を扱うMRとして更なるキャリアアップを目指し転職を決意。ポテンシャルの高さなどが、高く評価され見事応募1社CSOで、大手外資系PJに配属が決まる(正社員化前提)。希望勤務地も叶う。
20歳代
→内資
年収600万円
異業種→未経験MR 異業種にて営業職として1.5年間従事し、更なるキャリアアップを目指しMR職を目指す。営業経験は短かったが、誠実さ・計画性・ポテンシャルの高さが、高く評価され見事応募1社CSOで、転職成功する。年収も大幅UP。
25歳
→内資
年収250万円→400万円
MR 国内系製薬企業のMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ転職活動を開始。開発力のある製薬企業への転身を目指し面接対策をしっかり行い、見事に大手外資系のMRとして転職に成功した。
30歳代
→外資
年収400万円→630万円
異業種→未経験MR 異業種にて販売・営業4年間従事し、更なるキャリアアップを目指し海外に渡り、永住を試みるも達成することが出来なかった。帰国後、再就職するにあたり、MRになりたいと希望を抱き大手CSOにトライ。30歳を過ぎての成功は困難が予想されたが、誠実さ・計画性・ポテンシャルの高さが、高く評価され見事応募1社で、大手外資系PJに配属が決定する。
32歳
→外資
年収500万円
MR 国内中堅メーカーのMRとして活躍していたが、国家資格取得のために退職。無事に資格も取得でき、その資格を生かした職種で内定を頂いたが、再度MRにチャレンジすることを決意。経験不足は否めなかったが、高いポテンシャルが評価され、大手外資系企業プロジェクトMRとして転職を成功させた。
24歳
内資→内資
年収320万円→400万円
MR MRとして活躍していたが、その後異業種に転職していた。しかし転職先企業の将来性に不安を感じて、再度MRへの転職を考えるようになった。希望は仕事量の多い大手製薬企業ではなく自身のペースで稼働ができる製薬企業を目指し受験。
受験企業では、今までの経験や実績が十分にあったので、それが高く評価され、即採用が決定。希望のMR職に転職を成功させた。
31歳
内資→内資
年収400万円台
MR→専門領域MR 大学院卒業後、大手外資系製薬企業にてMRとして従事する。その後、更なる語学力・専門知識を習得するために渡米。経験を重ね帰国。マーケティング思考が強かったため、希望が叶う企業へ転職を決意。今までの業績・能力を高く評価され、応募1社で見事転職成功。
30歳
外資→外資
年収600万円
MR→専門領域MR 異業種から大手外資系製薬企業数社にてMRに従事する。組織の変更があり、もともとマーケティング思考が強かったため、希望が叶う企業へ転職を決意。今までの業績・能力を高く評価され、応募1社で見事転職成功。1MRではなく、特命MRとして採用となる。勤務地・年収UPの希望が叶う。
30歳
外資→外資
年収約1000万円
エリアマネージャー→ブロック長 新卒から大手外資系企業にてMRに従事し、所長まで就任。その後転職して外資系企業でエリアマネージャーを経験する。組織の変更があり、単身赴任を余儀なくすることになり、地元に戻りたいと考え再度、転職を決意。
今までの業績・能力を高く評価され、応募1社で3県をカバーするブロック長に就任。
50歳代
外資→内資
年収約900万円
MR MRとして勤務していた製薬会社の将来性に不安を感じ、早期退職者制度にエントリーしたが、今後も正社員雇用のMRを希望して転職を開始した。大学病院から開業医まで担当した豊富な経験や、エリアマネージャーとしての実績、さらには面接での高いポテンシャルも評価され、希望の勤務地で正社員雇用のMRに転職を成功させた。
48歳
外資→外資
年収1100万円→1100万円
MR 外資系製薬企業のMRとして活躍していたが、企業の将来性に不安を感じ退社、その後転職活動を開始。
十分な面接対策の結果、大手外資系企業へMRとして転職成功した。
30歳代
→外資
年収800万円
MR 内資製薬企業でMRとして活躍してきたが、より学術的で新薬開発力があり、担当領域のある将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。MR経験が2年と短かったが、面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、大手外資製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
23歳
内資→外資
年収420万円→500万円
MR アパレル会社で営業として活躍していたが、将来に不安を感じ転職を決意しコントラクトMRに転職。その後、配属先の企業にて更なる業績を残し、外資系企業領域担当MRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業に見事転職成功。勤務地も希望が叶い年収もアップとなった。
30歳
外資→外資
年収480万円→570万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、新たな領域の製品を扱うことで医薬品や治療知識をより向上させたいと思い転職を決意。今までの経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、将来性のある製品を持つ外資系製薬メーカーMRに転職を成功。勤務地も希望が叶った。
28歳
外資→外資
年収650万円
MR→コントラクトMR 製薬企業で活躍していたが、家庭の事情により実家に戻らなければならなくなり退職。その後希望勤務地を優先してもらえるコントラクトMRに絞り転職活動を進める。
年齢的に厳しい転職ではあったが、豊富な経験が高く評価され、コントラクトMRとして転職に成功、希望勤務地もかなえられた。
40歳代
→外資
年収700万円
IT営業→MR 異業種の営業職で活躍していたが、以前より希望していたMRへの夢をどうしても捨て切れず転職活動を開始。
成果達成へのプランニングを高く評価され、MRとしての転職に見事成功した。
20歳代
内資→内資
年収350万円→420万円
MR 家庭の事情により勤務地を優先したCMRとして活躍していたが、将来を考えて正社員MRを目指し転職活動を開始。20代ではありますが、面接ではMRとしての経験や実績の他に、受け答えなどが面接官に高く評価され、希望の正社員MRに転職を成功させた。
29歳
→内資
年収500万円
MR 家庭の事情により勤務地を優先したCMRとして活躍していたが、将来を考えて正社員MRを目指し転職活動を開始。20代ではありますが、面接ではMRとしての経験や実績の他に、受け答えなどが面接官に高く評価され、希望の正社員MRに転職を成功させた。
29歳
→内資
年収500万円
MR→コントラクトMR 外資系製薬企業のMRを経てエリアマネージャーとして活躍していたが、会社の方向性が顧客ニーズを無視した方針となったので転職活動を開始。
人物像、指導力、高業績を高く評価され、大手外資系企業へマネージャーポジションにて転職成功。
40歳代
→外資
年収1100万円
MR コントラクトMRとして活躍していたが、開発力のある製薬企業への転身を目指し転職活動を開始。
製薬企業へ直接の転職はかなわなかったが、大手外資系製薬企業のコントラクトMR(正社員化前提)として転職に成功。2年後の正社員を目指し新しいスタートに立つ。
30歳代
→内資
年収650万円
MR 専門領域に特化したMRを目指したことと、現会社の将来性に不安を感じて転職活動を開始。面接では、やる気・負けず嫌い・向上心・達成意欲の高さ、そして連続目標数字達成(全社で上位の成績)が高く評価され内定、勤務地も叶った転職を成功。
26歳
内資→外資
年収400万円→530万円
MR 国内系企業MRとして従事するが、将来に不安を感じ転職を決意しコントラクトMRに転職。その後、配属先の企業にて更なる業績を残し、外資系企業領域担当MRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業に見事転職成功。勤務地も希望が叶い、年収もUPする。2度の転職にメディサーチがサポートする。
20歳代
外資→外資
年収500万円→540万円
MR 長年、MRとして活躍してきたが、家庭の事情により地元に帰らざるを得なくなり、MRを退職。その後、家族の了解を得て転職活動を開し、しかし離職期間が長く厳しい状況ではあったが、年収ダウンながら何とか、製薬企業での転職が成功した。
39歳
内資→内資
年収670万円→550万円
MR管理職 外資系製薬企業のMRを経て営業所長として活躍していたが、会社の方向性と、ご自身が理想とする方針と違う方向となったため転職活動を開始。
これまで培ってきた営業経験とマネージメント力を高く評価され、大手外資系企業へマネージャーポジションにて転職を成功させた。
40歳代
外資→外資
年収1000万円以上
MR 外資系企業のオンコロジーMRとして活躍するが、ルーチンワークに遣り甲斐を感じられず、数字にこだわる激戦領域担当MRへ転職を決意。
MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、応募1社大手外資系企業に見事転職成功。勤務地も希望が叶う。
20歳代
外資→外資
年収820万円
MR 現職の将来性に不安を感じて転職活動を開始。面接では今までの経験と実績、高いポテンシャルが評価され、勤務地も叶い転職を成功させた。
20歳代
→外資
年収UP
MR MSからMRを目指し、製薬企業に転職し夢のMRとなったが、在籍企業の合併や現場でのスカウトによる転職をし、5社企業を経験する。企業の状況次第でMRの立場も変わる現状に疑問を抱き、今後多く活用されるコントラクトMRを目指し、転職を決意。転職回数が多く、ネガティブな要因と考えられたがMRとしての実績・ポテンシャルが評価され希望企業に見事転職成功。希望勤務地も叶う。
40歳代
外資→外資
年収820万円
異業種→MR 異業種からMR職への転職を希望し、MR未経験者でも採用してくれる企業を目指し転職活動を開始した。面接では医薬品を通して社会に貢献したいといった高い志と異業種で経験した営業職として高い能力が認められてコントラクトMRへの転職を成功させる。
28歳
内資→内資
年収520万円
MR 内資製薬企業でMRとして活躍していたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、大手外資製薬メーカーのオンコロジーMRとして転職を成功させた。
28歳
内資→外資
年収580万円→600万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。MRとしての今までの豊富な経験や実績、面接での高いポテンシャルが高く評価され、大手内資系企業プロジェクトMRとして転職を成功させた。
40歳
外資→内資
年収650万円→725万円
MS→コントラクトMR 新卒よりMSとして活躍していたが、より専門的な医薬品の情報提供に携わりたいとの思いが日に日に募りMRへの転職活動を開始。
若さとポテンシャルを高く評価され、コントラクトMRとしての転職に見事成功。
20歳代
→内資
年収400万円
MR 元々医療関係の仕事を複数経験されていましたが、MRとして活躍したい気持があり転職活動を開始することになった。現職でも医療関係の営業職として勤務していたので、医療機関や関係者とコミュニーケーションをとる能力がある上に、営業職としての実績や経験も十分にあったので、受験したCSO企業でも高い評価を受けて念願のMRに転職を成功させた。
28歳
外資→外資
年収420万円→520万円
MR 現職の将来性に不安(新製品が発売されない、決算状況が思わしくない等)があり、熟慮した結果、将来性のある製薬企業への転職を希望して活動を開始。面接官から、MRとしての将来の伸び代があるとの高評価をいただき、希望の製薬会社に転職を成功させただけでなく、勤務地も叶えられた。
20歳代後半
内資→外資
年収500万円台
MR 異業界から未経験MRとして転職し活躍していたが、家族の事情により勤務地を叶えてくれる製薬企業を目指し転職活動を開始。MRの経験は短かったのですが、その短期間でエリアの戦略、調査、情報収集など効率的で、意欲的なMR活動をしていた事が高く評価され、希望勤務地を叶えて転職に成功した。
30歳代半ば
外資→外資
年収700万円→740万円
MR MRとして複数の製薬会社で勤務していたが、現職の方針や将来性に不安を感じて転職したいと考える様になった。現職ではエリアのリーダー職も兼務していたので、受験した企業では、MRとしての実績は元より、エリアリーダーとしての経験から、今後の活躍が期待され希望の勤務地で、将来性のある製薬会社に転職を成功させた。
33歳
外資→外資
年収710万円→760万円
マーケティング→MR 現職では新卒からMRとして活躍し、新規採用・競合対策・エリアマーケティングなどのMR経験が評価され、他部署へ異動していた。しかし現会社の将来性に不安を感じていた事と、MRとしてもっと現場で活躍したいとの強い希望で転職活動を開始した。元々MRとしての経験や実績は十分あるので、受験した製薬企業でも、その経験と実績を高く評価され、希望の大都市勤務も叶えることが出来た。
30歳代
内資→外資
年収UP
MR 外資系製薬企業のMRとして活躍していたが、より専門性の高い領域を求め転職活動を開始。 十分な面接対策の結果、豊富なキャリアを高く評価され 外資系製薬企業のオンコロジーMRとして転職に見事成功した。
33歳
→外資
年収880万円
MR 長年、外資系製薬企業で、MRとして活躍してきたが、家庭の事情により地元に帰らざるを得なくなり、転職活動を開始。勤務地が限定ではあったが、そのキャリアを高く評価され、外資系製薬企業へ希望通りの転職が成功した。
35歳
外資→外資
年収690万円→750万円
公務員→コントラクトMR 内資製薬企業でMRとして活躍していたが、兼ねてから関心のあった職種に転職。しかし家庭の事情によりMRへの復帰を決意。約4年間のブランクがあったが、面接での高いポテンシャルが評価され、内資系企業プロジェクトMRとして転職成功。年収もUP、勤務地の希望も叶い転職を成功させた。
29歳
公務員→外資
年収380万円→600万円
MR 内資製薬企業でMRとして活躍していたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、大手外資製薬メーカーのMRとして、年収もUP、勤務地の希望も叶い転職を成功させた。
26歳
内資→外資
年収500万円→580万円
MR 内資製薬企業でMRとして活躍していたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、大手外資製薬メーカーのMRとして、年収もUP、勤務地の希望も叶い転職を成功させた。
26歳
内資→外資
年収500万円→580万円
MR 長年勤務していた製薬会社の10年後の見通しが立たず、将来的な不安と年齢的な不安を感じて機会があれば転職したいと考える様になった。エリアをマネジメントしていたので、その経験が活かせる企業を探し転職活動を開始。応募した企業では、エリアの大学病院や基幹病院などを長く担当し、マネジメントしてきた経験が高く評価され、希望の勤務地エリアで転職を成功させた。
50歳
内資→内資
年収770万円
MR 契約社員MRとして勤務していたが、先行きに不安を感じ、仕事に没頭出来る正社員雇用のMRを希望して転職を考える様になった。面接では豊富な管理職の経験や、大学病院から開業医まで担当したエリアマーケティングの経験、高いポテンシャルも評価され、希望の正社員雇用のMRに転職を成功させた。
57歳
内資→内資
年収770万円
MR 国内系製薬企業でコントラクトMRとして活躍していたが、希望勤務地で業務できない状況が続き、勤務地を優先し、転職活動開始。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系PJのコントラクトMRとして見事転職成功。勤務地も希望が叶い、年収や手当も大幅UPとなる。
20歳代
内資→内資
年収400万円→500万円
MR 新卒より国内製薬企業のMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ退社。面接対策をしっかり行い十分準備して面接に臨んだ結果、大手製薬企業プロジェクトのMRとして転職に成功した。
20歳代
→内資
年収500万円
MR 以前、メディサーチから国内系中堅企業MRから大手外資系企業MRとして転職成功。再度、更なるキャリアップを目指し大手国内系企業MRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。年収も大幅UPし、勤務地も希望が叶う。
30歳代
外資→内資
年収700万円→800万円
臨床試験支援→学術MR 前職において、長年MRとして活躍してきたが、早期退職により転職。しかしながら自身の目指す方向性と企業の方向性の食い違いを実感し、再度、転職を決意。そのポテンシャルの高さを買われ年収もアップし、見事に転職が成功。将来のやりがいを得る事ができた。
55歳
内資→外資
年収700万円→800万円
MR 新卒よりMRとして活躍していたが、新薬の乏しさ、将来性への不安から転職を決意。MRとしての優れた能力を評価され、希望通りの勤務地で中枢神経MRとしての転職に見事成功。
30歳代
→外資
年収800万円
MR 外資系企業のMRとして活躍後、夢のオンコロジーMRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業に見事転職成功。勤務地も希望が叶う。
30歳代
外資→外資
年収700万円
MR 国内系企業のMRとして活躍後、夢のオンコロジーMRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業に見事転職成功。年収も大幅UPする。
20歳代
内資→外資
年収500万円→600万円
MR 国内系企業のジェネリックMRとして活躍後、大手企業MRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、国内系CSO企業に見事転職成功。年収も大幅UPする。
20歳代
内資→内資
年収350万円→530万円
MR 国内系企業のMRとして活躍後、専門領域MRを目指し、転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、外資系企業に見事転職成功。年収も大幅UPし、勤務地も希望が叶う。
20歳代
内資→外資
年収550万円→630万円
MR 新卒よりMRとして活躍していたが、より開発力のある企業のMRを目指し転職活動を開始。活動内容を高く評価され、オンコロジーMRとしての転職に見事成功。
20歳代
→外資
年収580万円
MR MRとして活躍していたが、より厳しくやり甲斐のあるフィールドを求め転職を決意。今までの活動内容。・実績・ポテンシャルを高く評価され、オンコロジーMRとしての転職に見事成功。
20歳代
→外資
年収540万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、新たな領域の製品を扱うことで医薬品や治療知識をより向上させたいと思い転職を決意。今までの経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、将来性のある製品を持つ外資系製薬会社オンコロジーMRに転職を成功。年収もアップとなった。
30歳代
外資→外資
年収650万円→750万円
MR 内資製薬企業でMRとして活躍してきたが、より学術的で新薬開発力があり、担当領域のある将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、大手外資製薬メーカーのオンコロジーMRとして転職が成功した。
27歳
内資→外資
年収450万円→550万円
MR コントラクトMRとして活躍してきたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。MR経験が約2年半とやや短いが、面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、外資製薬メーカーのオンコロジーMRとして転職が成功した。
33歳
外資→外資
年収580万円→600万円
MR 国内系製薬企業でMRをしていたが、将来性への不安とオンコロジーMRを希望し転職活動を開始。面接官には、誠実さやバイタリティがある所に将来性があると高く評価され、希望のオンコロジーMRに転職を成功させ、年収もアップ、希望勤務地も叶えられた。
20歳代半ば
内資→外資
年収500万円台後半
MR MRから一時期離れていたが復職を目指して転職活動を開始した。MRとしてのブランクがあったものの、面接では非常に落ち着きがあり論理的な会話が出来る優秀な人材で、もう一度MRとして活躍して欲しいと面接官に思わせるほど、将来的にも十分期待できると高く評価され大手製薬企業のMRに転職を成功させた。
20歳代
→外資
年収600万円
MR 国内系製薬企業のMRとして活躍していたが、本社勤務に異動になり、まだまだ現場でMR業務を続けたいという理由で転職活動開始。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。
30歳代
内資→外資
年収720万円
MR MRとして活躍していたが、現職の将来性に不安を感じ、今後は将来性のある製薬会社のMRを目指し転職活動を開始した。今までのMR経験や活動内容、それに将来性を感じさせる面接での回答や態度が面接官に高評価だったことで、希望企業へのMR転職を成功させた。
20歳代
内資→内資
年収500万円台
MR 異業種からMRに転職し活動していた。今回は正社員MRを目指し転職活動を始める。異業種での経験や、MRとしての経験とそれに伴う実績、そして何より面接での対応が高く評価され、見事に希望のMR転職を成功させた。
30歳代
外資→内資
年収500万円台
MR 他業界を経験して来たが、医薬品業界に安定性と将来性を感じてMRに転職。今回はさらに将来性のある製薬会社のMRを目指し転職活動を開始した。他業界を経験した事が、MRの仕事にも十分に生かされ、そのMR活動内容を本番の面接で面接官に理解してもらったことが、希望のMR転職の成功に繋がった。
30歳代
外資→内資
年収500万円台
MR 某外資系企業で活躍していたが、より開発力のある企業での専門MRを目指し転職を決意。年収は横ばいであるが、優秀な成績が高く評価され、スペシャリティMRとしての転職に見事成功。
29歳
外資→外資
年収590万円
MR 某外資系企業で活躍していたが、新薬を扱える企業での専門MRを目指し転職を決意。年収は横ばいであるが、豊富なキャリアが高く評価され、スペシャリティMRとして転職に成功。
29歳
外資→外資
年収650万円
MR MRとして長年ご活躍されていましたが、希望の領域製品を担当できる製薬企業への転職を希望し活動を開始した。現職での高い実績の他に、MRとしての考えや活動内容も高く評価され、さらには面接でのポテンシャルも高く評価され、ご希望の領域製品が担当できる製薬企業様に転職を成功させた。
30歳代
外資→外資
年収800万円→900万円
MR 国内系製薬企業でコントラクトMRとして活躍していたが、PJに不安を感じ転職活動開始。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。
30歳代
→外資
年収600万円
MR 国内系製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ転職活動開始。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。
20歳代
内資→外資
年収470万円→570万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、また家庭の事情により、転職を決意。今までのMRとしての経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、大手外資系企業MRとして転職成功。勤務地の希望も叶い転職を成功させた。
30歳代
外資→外資
年収800万円
医療事務→MR 大学病院にて医療事務として活躍していたが、予てから興味のあったMRを目指し転職を決意。 医療従事者としての知識・能力の高さと、コミュケーション力が高く評価され、営業職未経験ながらもコントラクトMRとして転職が成功した。
24歳
内資→内資
年収400万円
広告営業→MR 広告営業職として活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。2年の短い営業経験ながら、実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事1社目でMRとして転職成功。年収もUPする。
20歳代
→内資
年収370万円→400万円
MR 人材サービス会社でコンサルタントとして活躍していたが、将来に不安を感じ、予てから興味のあったMRを目指し転職を決意。コンサルタントとしての能力の高さと、対人対応力が高く評価され、MR未経験ながらもジェネリック企業のMRとして転職が成功した。
26歳
内資→内資
年収300万円→380万円
MR 国内製薬企業でMRとして活躍していたが、家庭の都合により内勤職に転職。その後MRとしての自己能力を再認識し、MR職を目指し、転職活動開始、ブランクがあるもののMRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。年収も大幅UPし、勤務地も希望が叶う。
30歳代
内資→外資
年収440万円→660万円
MR 外資系製薬企業でMRとして活躍していたが、家庭の都合により異業種に転職。その後MRとしての自己能力を再認識し、MR職を目指し、CSOに絞り転職活動開始、ブランクがあるもののMRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。年収も大幅UPし、勤務地も希望が叶う。
30歳代
→外資
年収350万円→650万円
MR 外資系製薬企業でMRとして活躍していたが、一身上都合により勤務地を優先し退職。その後、外資系製薬企業1社に絞り転職活動開始、MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。年収もUPし、特例扱いで勤務地も希望が叶う。
30歳代
外資→外資
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。今までのMRとしての経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、大手外資系企業プロジェクトMRとして転職成功。年収もUP、勤務地の希望も叶い転職を成功させた。
36歳
外資→外資
年収600万円→700万円
MR コントラクトMRとして活躍してきたが、より学術的で新薬開発力があり将来性のある企業で活動がしたいと考え転職を考えた。MR経験が約2年半とやや短いが、面接対策をしっかりと行い、そのポテンシャルを高く評価され、大手外資製薬メーカーのMRとして転職が成功した。
30歳代
外資→外資
年収550万円→630万円
MR 内資製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。今までのMRとしての経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、将来性のある製品を持つ外資系製薬会社に転職を成功。年収もアップとなった。
27歳
内資→外資
MR 大手製薬企業で活躍していたが、一身上の都合によりやむを得ず退職に至る。しかし、再度MRをしたく再就職活動を開始。
キャリアと実力を高く評価され見事1社目で大手外資系企業のMRとして転職成功。
27歳
内資→外資
年収620万円
MR 国内系製薬企業でコントラクトMRとして活躍していたが、PJに不安を感じ転職活動開始、MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。年収もUPする。
30歳代
→外資
年収550万円→600万円
コントラクトMR 広告営業職として活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。2年の短い営業経験ながら、実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事1社目でMRとして転職成功。年収も大幅UPする。
20歳代
→外資
年収390万円→450万円
MR 新卒から某外資系メーカーで活躍していたが、現職では開発パイプラインが乏しく、開発力のある企業でぜひ新薬を扱ってみたいと強く希望し転職活動を開始。現職での優秀な成績と高いポテンシャルを高く評価され、念願だったオンコロジーMRとしての転職に見事成功、年収も大きくUPした。
26歳
外資→外資
年収450万円→580万円
MR 国内製薬企業でMRとして活躍していたが、勤務地を優先し異業種に転職。その後、将来性に不安を感じ、再度MRを目指し転職を決意。2年以上のブランクがあったが、MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。年収も大幅UPし、勤務地も希望が叶う。
30歳代
内資→内資
年収大幅UP
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。
20歳代
外資→外資
年収560万円
MR 国内製薬企業でオンコロジーMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。オンコロジーMRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。勤務地も希望が叶い、年収も大幅UPとなる。
20歳代
内資→外資
年収580万円
MR 国内製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。勤務地も希望が叶い、年収も大幅UPとなる。
20歳代
内資→外資
年収510万円→600万円
MR 大手外資系メーカーにてMR活動をしていたが、前職では希望のオンコロジー領域担当になれず希望を叶えてくれる企業に転職を考える。面接では前職のMR活動の成功例が高く評価され、年収もアップし希望の大手外資系メーカーのオンコロジー領域での転職に成功した。
30歳
外資→外資
年収610万円→640万円
MR 某国内製薬会社のMRとして活用していたが、会社の将来性への不安とオンコロジーMRへのキャリアアップを目指し転職活動を開始した。採用面接では今までのMR経験や実績だけでなくオンコロジーMRへの高い意欲が評価され、希望の大手外資製薬会社のオンコロジーMRに転職を成功させ、年収もアップさせた。
31歳
内資→外資
年収580万円→640万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、家庭の事情によりやむなく退職。その後家庭の状況も落ち着き、MRへ復帰を決意。MRとしての経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、外資製薬企業へ転職成功。年収もUP、勤務地の希望も叶い転職を成功させた。
25歳
外資→外資
年収530万円→600万円
MR 以前は某国内製薬メーカーでMRとして勤務していたが、家庭の事情で退職し実家のある地域で別の業界で勤務していた。しかし今回MRとしての復帰を希望し転職活動を始めた。MRとしての医療業界の経験や実績、知識などが、配属されるクライアント先(製薬企業)に評価され、希望していた勤務地でMR(コントラクトMR)への復帰を成功させた。
26歳
内資→外資
年収200万円→510万円
MR 診断薬のスペシャリストとして活躍していたが、自社のパイプラインの乏しさ、将来性に不安を感じ開発力のある企業で再び治療薬専門MRとして活躍したいと考え転職を決意。
年収は横ばいであるが、豊富なキャリアと優秀な成績が高く評価され、希望だった治療薬スペシャリストMRとしての転職に見事成功。
40歳
外資→外資
年収900万円
MR 国内大手企業で活躍していたが、会社の企業風土と合わず退職。心機一転新しい環境で再度MRをしたく再就職活動を開始。
年収はやや下がったものの、持ち前の思い切りの良さ、ポテンシャルの高さを評価され、スペシャリティMRとしての転職に見事成功した。
26歳
内資→外資
年収550万円→520万円
MR スペシャリティファーマで活躍していたが、MRとしてより広いフィールドを求め転職活動を開始。優秀な成績と卓越した行動力が高く評価され、MRとして希望する企業への転職に見事成功。
20歳代
内資→内資
年収480万円→550万円
MR 国内系製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手国内系企業プロジェクトMRとしてCSOに転職成功。後に正社員となる前提の条件も確約された。年収も大幅UPとなる。
20歳代
内資→内資
年収500万円→550万円
MR 異業種からジェネリックMRとして2年の経験を積み、夢の先発メーカーMRになるためにCSOのコントラクトMRとして転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。最もお世話になりたかった企業のPJに決定する。
30歳代
内資→内資
年収620万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業プロジェクトMRとしてCSOに転職成功。年収も大幅UPとなる。
30歳代
外資→内資
年収560万円→630万円
MR 異業種からコントラクトMRを経て、今後は自社製品を担当したいと考え転職を考えた。転職希望先としては、新製品の発売が見込め、将来性のある製薬企業を目指した。
異業種での経験や、MR経験でも、前向きな姿勢とDrからも信頼される活動をして来た事が面接でも高く評価され希望の製薬企業で、尚且つ希望勤務地も叶えられた転職成功。
34歳
外資→外資
年収600万円→630万円
MR 異業種からコントラクトMRに転職して2年、メーカー正社員を目指し転職活動を開始。真面目な姿勢と豊富な領域知識でキャリアの短さをカバーし、希望企業のMRとして希望勤務地での転職に成功した。
28歳
外資→内資
年収470万円→580万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、希望勤務地を第一優先とし転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、応募企業全てから内定をいただく。勤務地も希望が叶い、年収も大幅UPとなる。
20歳代
外資→外資
年収540万円→630万円
MR ジェネリックMRとして2年の経験を積み、夢のオンコロジーMRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。
20歳代
内資→内資
年収480万円
MR MSとして長年活躍していたが、MR職への希望が強く、コントラクトMRになる。2年の経験を積み、最後のチャンスと考え大手外資系企業のMRへ転職を決意。MRとしての経験と実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、見事転職成功。年収も大幅UPとなる。
30歳代半ば
外資→外資
年収600万円→710万円
MR 現会社では、新製品の発売が見込めず会社の将来性に不安を感じて転職を決意した。今までのMR経験の中でも、エリアの責任者を任されていた事や転職して新会社で活躍して行こうと考えている等、高いモチベーションが評価され希望製薬企業で、尚且つ希望勤務地も叶えられた転職成功。
43歳
外資→外資
年収790万円
MR 外資製薬企業でMRとして活躍していたが、将来性に不安を感じ、転職を決意。今までのMRとしての経験や実績、面接での高いポテンシャルが評価され、勤務地の希望も叶い、将来性のある製品を持つ外資系製薬会社に転職を成功させた。
35歳
外資→外資
年収600万円→600万円
MR 国内系企業エリア担当MRとして活躍後、夢のオンコロジーMRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業に見事転職成功。マーケティング職として将来の台頭も視野に入れたいと企業側から提案された。
20歳代
内資→外資
年収580万円
MR 外資系企業エリア担当MRとして活躍後、夢のオンコロジーMRへ転職を決意。MRとしての実績ならびにポテンシャルの高さが評価され、大手外資系企業に見事応募1社にて転職成功。
20歳代
外資→外資
年収570万円
MR オンコロジーMRへのキャリアアップを目指し転職活動を開始。面接では今まで培ってきたMR経験や実績、さらには未経験でありながらオンコロジーMRへの意欲が高く評価され、将来的にも伸びる人材である事も見込まれて大手外資系製薬会社に転職を成功させた。
30歳
外資→外資
年収600万円→690万円
MR 新卒より国内系製薬企業で活躍していたが、自社の開発力の弱さに限界を感じ、開発力のある企業への転職を決意。長年にわたる豊富な経験、実績、リーダーとしての能力、人物像を高く評価され、MRとしての転職に見事成功した。
40歳
内資→外資
年収830万円→900万円
▲ ページトップへ