HOME >  転職成功例 >  MR(2005年以前)

転職成功例

MR 転職成功例(2005年以前)

世間では大手企業の収益が改善され、個人消費も増加し、景気回復の兆しが見えるといわれている昨今、医薬品業界にとっては、まだまだ非常に厳しい環境にあります。再編が継続しているメガファーマ、スペシャリティーファーマ、ジェネリックファーマは、生き残りをかけ統合・分社化など試行錯誤しています。転職が成功したMRの共通点は、「絶対的な強みを持っている方」「理論的な思考力のある方」「目標達成意欲の強い方」等です。それに加え、最近では領域別MRの導入を背景に、中枢・循環器・がん等の経験者が転職を成功させています。これからMRとしてのキャリアアップを考えている方には、最適なシーズンを迎えられます。また、MRの未経験な方にも、各CSOが大幅な増員を計画していますので、チャンスは大いにあります。今月も数多くの方が、MRとして転職に成功しております。

転職者年収 UP DOWN

MR職 転職成功への3つのアドバイス

1.論理的思考

MRの行動スタイルは、年々情報提供活動が中心となっており、自社医薬品に関わる専門性が強く要求されるようになってきた。このことは、転職活動の面接の場でも、必ず聞かれるものの一つである。具体的には、競合品との差別化、競合MRとの差別化をいかにして実践してきたかとその再現性を表現する必要がある。

2.行動力

病院内での活動について、年々訪問制限がかかるようになり、MRにとっては、面談の効率化を図ることが重要である。その為には、Drの行動パターンを熟知し、尚且つ、適正な人間関係を築き上げなければなりません。

3.目標達成意欲

情報活動が十分にできても、実際の処方数が上がらなければ、MRとしては失格です。従って、情報活動に重きをおきながら、いかにして処方に結びつけるかを念頭において活動する必要があり、その目標を単なる数字合わせだけでなく、より具体的なものにすることが重要です。

2005.12.01更新

MR   MSとして活躍していたが、より学術的な職種を目指しMRへの転職を考えた。MSとしての経験と実績、クライアント先企業との面接での積極的な姿勢が高く評価されコントラクトMRとして転職に成功しました。今後は、今までの経験を生かし希望のMRとして活躍して行こうと考えている。
30歳
内資→外資
年収450万円→500万円
MR   外資系企業のMRとして約4年半従事した後、キャリアアップの為、他の業種に転職。その間、自己を見つめ直しMR職の魅力を再認識する。1つの企業の製品を扱うことより、多くの製剤を経験するためにコントラクトMRを志望。過去のMR時代の業績・現在のMR職への熱意が認められ、見事1社目でMR職として内定をいただく。勤務地の希望も叶う。
27歳
→外資
年収300万円→500万円
MR   国内系企業で活躍していたが、より学術的な専門領域制のある会社を目指し転職を考えた。MRとしての経験と実績、面接での受け答えが高く評価されたことが合格に繋がった。さらに希望勤務地にも配属され両方の希望が叶った成功例。
33歳
内資→外資
年収630万円→690万円
MR   MRとしてキャリアアップを目指し、前職を退職。退職後考慮し、より専門性の高い企業への転職活動を開始。今まで数々の苦労を乗り越え、困難にも負けず、高いモチベーションと行動力を評価され、1社目で転職成功。年収も希望が叶い、勤務地も考慮していただいた。
26歳代
内資→外資
年収415万円→526万円
MR   既に外資系製薬企業のMRとして活躍していたが、希望の専門領域と希望の勤務地への変更を考え転職活動を開始した。MRとしての幅広い経験と今までの実績が評価され希望の叶なった成功例。
34歳
外資→外資
年収670万円
MR   MR職として既に活躍していたが、今までの経験を生かして希望の専門領域への転職を考え活動を開始した。転職先からは、前職の経験と実績に加え強い意志が認められ転職に成功した。
29歳
外資→内資
年収600万円→640万円
MR   MR職未経験であったが、今までの経験を新たにMRとして生かして行こうと思い、転職活動を考えた。
転職先からは、前職の営業経験と実績に加え積極的な姿勢が認められ転職に成功した。
33歳
内資→外資
年収500万円→630万円
MR   前社でもMRとして活躍していたが、経験のある領域でキャリアアップを目指し新たな企業に転職を考えた。
転職先からは、その経験と実績に加え積極的な姿勢が認められ転職に成功した。
33歳
内資→外資
年収620万→840万円
MR   MRとして活躍していたが現会社の将来性に不安を感じて転職活動を考える。将来有望な製薬会社に転職活動をした結果、今までの実力が評価されてパイプラインもしっかりした希望の外資系製薬会社に内定。同時に希望勤務地も叶った転職成功例。
31歳
外資→外資
年収650万→850万円
MR   外資・内資系製薬メーカーで長年優秀な成績を収めてきたが、会社の販売方針等の変更に将来の不安を感じ転職を決意。長年のキャリアを生かし、製薬企業としては新規参入となる企業のスペシャリティーに魅力を感じチャレンジし、見事に転職に成功した。
44歳
外資→外資
年収1000万→800万円
MR   異業種よりMR職への転職を希望し、未経験でもMR職の求人のあるCROへの転職を考えた。医薬品業界を通して社会に貢献するといった高い志と異業種で経験した営業職として高い能力が認められ、コントラクトMRへの転職を成功させる。今後は、コントラクトMRで経験を積み、次のステップとして製薬会社のMRを目指す。
27歳
外資→内資
年収530万
MR   外資大手製薬メーカーにて、抗がん剤領域を中心として活躍してきたが、自社の販売体制の変更により、抗がん剤領域より離れることになり転職を決意。年齢の問題により厳しい状況ではあったが、その専門性の高さを高く評価され、抗癌剤専門MRとしての転職が成功した。
41歳
外資→外資
年収860万→900万円
MR   MRとして活躍していたが経験を活かし、将来有望な製薬会社に転職を希望。希望の外資系製薬会社MRにチャレンジして内定。同時に希望勤務地も叶った転職成功例。
31歳
外資→外資
年収500万→640万円
MR   国内メーカーでオンコロジー領域MRとして活躍。入社当初よりオンコロジーMRとして地域の基幹病院を任される等、実力と実績を兼ね備えていたが前会社の将来性への不安と、オンコロジーMRとしてもっと実績のある会社で実力を発揮したいと言う前向きな姿勢で転職を決意。その前向きな姿勢と実力が評価され数ある企業から誘われたが、その中から見事、希望企業へ転職を成功させた。
27歳
内資→内資
年収440万円
MR   国内大手製薬メーカーにて、MR及び管理職として活躍してきたが、間接部門への異動となり物足りなさを感じて転職を決意。現場に直接関わることができるMRへの転職を考えて活動し、なかなかうまくいかなかったが最終的にコントラクトではあるが地元での採用が決まり、年収はダウンながら希望通りの転職が成功した。
50歳
内資→内資
年収1000万→720万円
MR   外資メーカーにてMRとして活動をしていたが、勤務していた企業の将来性に不安を感じたために将来的に有望な大手メーカーに転職を考える。転職を決めた大手外資企業では前職のMR活動・能力・経験・成功実績が高く評価されて転職に成功。希望勤務地も叶えられ、こちらにおいても転職活動は成功した。
28歳
外資→外資
年収750万円
MR   国内ジェネリックメーカーでMRとして活躍してきたが、ジェネリックMRと新薬MRとの活動内容の違いに疑問を感じて転職を決意。当初は面接対応も含めて、経験の浅いところがネックになってうまくいかなかったが、コンサルタントとの準備を十分に行い、大手国内メーカーへの転職が成功した。
24歳
内資→外資
年収400万→470万円
MR   国内中堅メーカーにてMRとして活躍してきたが、自社の製品開発力のなさに不安を感じて転職を決意。当初は、他の人材紹介会社に登録してきたが情報量のなさに疑問を感じ、友人の紹介で弊社に登録。面接前の指導を行い、見事に大手外資系メーカーの専門領域MRとして転職が成功した。
25歳
内資→内資
年収450万→520万円
MR   大学卒業後、国内中堅メーカーにてMRとして活躍してきたが、販売戦略の変更と開発力の乏しさに将来への不安を感じて転職を決意。大手外資系企業への転職活動を開始したが、当初はなかなかうまくいかなかったが、コンサルタントの指導により転職が成功した。
26歳
内資→外資
年収400万→530万円
MR   国内メーカーにて管理職MRとして活動をしていたが、会社や担当製品に将来の不安を感じ将来的に有望な大手メーカーに転職を考える。他の企業よりも内定があったものの転職を決めた企業では前職のMR活動・管理職として能力と経験、成功実績が高く評価され希望の転職に成功。希望勤務地も叶えられ、こちらにおいても転職活動は成功した。
37歳
内資→外資
年収900万→1000万円
MR   大手外資系メーカーにてMR活動をしていたが、前職では希望の領域・病院担当になれず希望を叶えてくれる企業に転職を考える。前職のMR活動の成功例が高く評価され希望の領域で病院担当への転職に成功。希望勤務地も叶えられこちらでも転職活動は成功した。また、前職より高く評価されたために年収もアップこちらにおいても転職活動は成功した。 。
25歳
外資→外資
年収480万台→510万円台
MR   外資メーカーにて管理職MRとして活動をしていたが、更に自身の能力が十分発揮できる将来的に有望な大手外資メーカーに転職を考える。数社より内定はあったが転職を決めた企業では前職のMR活動・管理職として能力と経験、更には成功実績が高く評価され希望の管理職として転職に成功。希望勤務地も叶えられ、こちらにおいても転職活動は成功。
36歳
外資→外資
年収1100円
MR   国内メーカーにてMR活動をしていたが、会社や担当製品に将来の不安を感じ将来的に安定した大手メーカーに転職を考える。前職のMR活動での豊富な経験と成功実績が高く評価され希望の転職に成功。希望勤務地も叶えられこちらにおいても転職活動は成功した。また、前職での成功実績が高く評価されたために年収もアップしこちらにおいても転職活動は成功した。
26歳
→外資
年収500万円→520万円
MR   大手外資系メーカーにてMR活動をしていたが、結婚を機に退職。しかし結婚後に再度MR職への転職考え活動。前職のMR活動の成功例が高く評価され転職に成功。希望勤務地も叶えられどちらも転職活動は成功した。
26歳
外資→外資
年収470万円→520万円
MR   MR資格、薬剤師免許あり国内系製薬会社にてMRとして活躍経験を活かし外資系製薬会社・MRにチャレンジして内定年収もアップ。
26歳
内資→外資
年収400万円→520万円
MR   大手外資系メーカーにて、長年MRとして活躍してきたが、販売体制や評価制度の変更に疑問を感じて転職を決意。大手外資系企業2社にチャレンジし見事に2社共に内定をもらったが、より好条件の企業に転職した。
25歳
内資→外資
年収410万円→510万円
MR   大手外資系メーカーにて、長年MRとして活躍してきたが、販売体制や評価制度の変更に疑問を感じて転職を決意。大手外資系企業2社にチャレンジし見事に2社共に内定をもらったが、より好条件の企業に転職した。
34歳
外資→外資
年収960万円→1010万円
MR   国内系医薬品代理店でMSとして活躍してきたが、医薬品代理店の将来に不安を感じ転職を決意。当初、製薬企業への転職を考えていたが、チャンスが少ないことを考え、CSOにチャレンジし、見事内定。希望であったMRへの転職が成功した。
33歳
内資→外資
年収470万円→550万円
MR   国内系製薬企業でMRとして活躍してきた後、より専門性の高い専門領域MR制度を実施している外資系企業にチャレンジ。前職でのキャリアと営業成績が高く評価され見事二社から内定を貰うが、自分の希望を叶えられる企業へ転職した。
25歳
内資→外資
年収400万円→540万円
MR   外資系大手製薬企業にて、MRとして活躍をしてきたが、一身上の都合により退職を決意。転職活動に入り、そのMRとしてのポテンシャルと実績を評価され、すぐに自分の希望する勤務地での転職が成功した。
25歳
外資→外資
年収400万円→500万円
MR   大学卒業後、医療食品メーカーにて営業職として活躍してきたが、一身上の都合により退職。その後、MR職への転職を決意し活動をしてきたが、思うようにいかず弊社へ登録。面接等の準備を万全に行い大手外資系製薬企業でのMRとして再就職が成功した。
26歳
内資→外資
年収400万円→430万円
MR   医療機器商社にて、営業職として活躍してきたが、将来性に不安を感じ転職を決意。MRとしては未経験であったが、その営業力の高さと医療業界での経験を高く評価され、外資系大手製薬企業への転職が成功した。
27歳
内資→外資
年収370万円→510万円
MR   長年、国内中堅メーカーにて活躍してきたが、その開発力並びに販売体制に疑問を感じ転職を決意。予てより希望であった専門領域MRにチャレンジし大手外資系メーカーの専門MRとして転職成功。将来のやりがいを得ることが出来た。
35歳
内資→外資
年収550万円→720万円
MR   大学卒業後、国内中堅メーカーでMRとして活躍してきたが、その開発力のなさに将来的な不安を感じ転職を決意。予てより希望のあった大手外資系メーカーの専門領域MRにチャレンジ、事前の面接準備等を丁寧にコンサルティングし見事に転職成功。希望の企業に希望通りに採用され将来のやりがいを得ることが出来た。
26歳
内資→外資
年収550万円→550万円
MR   MRとして、外資系企業で活躍してきたが、その企業の販売体制等に不安を感じ、転職を決意。予てより興味のあった外資系企業へチャレンジし見事に転職が成功した。
33歳
外資→外資
年収850万円→850万円
MR   大手製薬・医療機器メーカーで、マーケティング・MR等で長年活躍してきたが、その将来性に疑問を感じ転職を決意。外資系医療機器・医薬品メーカーの新規事業でのMR職にチャレンジし、見事に内定。自分のキャリアを十分に生かせるポジションを得ることができ、やりがいを得ることができた。
39歳
内資→外資
年収700万円→780万円
MR   MRとして外資系企業3社と国内系企業1社で活躍してきたが、その後、諸事情により転職を行い、年齢及び転職回数の多さなどがネックとなり、困難を極めたが、ニッチな領域での活動をしている外資製薬メーカーでその実力を高く評価され、転職に成功。
37歳
外資→外資
年収740万円→750万円
MR   MRとして、国内系企業で活躍してきたが、その企業の将来性に不安を感じ、転職を決意。専門領域でのその強さを発揮している外資系メーカーへチャレンジ見事転職に成功。
38歳
内資→外資
年収680万円→700万円
MR   大手製薬企業で、MRとして活躍してきたが、家庭の事情により退職し、異業種の営業で活躍していたが、会社の業績不振により退職。MRとしての復職を目指して転職活動を行うが、MRとしてのブランクが長いことがネックとなり、製薬企業への復職は困難な状況であったが、発想の転換を行い、コントラクトMRとしての再出発ができた。
35歳
内資→外資
年収376万円→700万円
MR   異業種から外資系製薬企業への転職を果たしたが、その企業の販売体制に疑問を感じ転職を決意。そのキャリアの短さからなかなか良い結果が得られなかったが、外資系大手で、その潜在能力を高く評価され転職に成功。希望勤務地も叶い満足のいく転職ができた。
26歳
外資→外資
年収650万円→570万円
MR   長年、MRとして活躍してきたが、その後、諸事業により転職を行い、現在のコントラクトMRから、より安定性の高い製薬メーカーへの転職を決意し、大手ではないが国内メーカーへの転職が成功した。年収はダウンながら、将来の安定を手に入れた。
48歳
内資→内資
年収700万円→600万円
MR   長年、MRとして活躍してきたが、大学病院担当をキッカケに自社の製品開発力の乏しさに疑問を感じ、転職を決意。より専門性の高い領域性MRとして外資系企業にチャレンジし、見事に一社目で内定。年収は横ばいながら生涯の遣り甲斐を得た。
33歳
外資→外資
年収750万円→750万円
MR   専門領域に特化した、ニッチな企業でMRとして活躍してきたが、国内への導入スピードが遅いことに不安を感じ、転職を決意。より専門性の高い大手外資系にチャレンジし、見事に一社目で内定。年収、遣り甲斐の二つを同時に得ることができた。
32歳
外資→外資
年収520万円→700万円
代理店MS→MR   医薬品流通業の将来に不安を感じ、予てから興味のあったMR職への転職を決意。難関である国内系製薬メーカーを受験し、見事内定を受ける。年収的には、横ばいではあるが、念願のMRになれたことにより、仕事のやりがいを得ることが出来た。
37歳
内資→内資
年収480万円→480万円
MR   国内及び外資系製薬企業にて、長年、MRとして活躍してきたが、自社の製品開発力の乏しさに対する不安を感じ、転職を決意。年収は微増ながら希望勤務地も叶い、より将来性のある企業での活躍する場を得る事ができた。
37歳
外資→外資
年収800万円→820万円
MR   国内大手製薬企業のMRとして活躍してきたが、家庭の事情で退職し、CSOの企業のMRとして転職が成功した。年収はダウンながら新たなビジネスに対するやりがいと勤務地の安定を手に入れることができた。
40歳
内資→外資
年収1000万円→900万円
MR   外資系製薬企業にて、長年、MRとして活躍してきたが、自社の製品開発力の乏しさに対する不安を感じ、転職を決意。その実績の高さを買われ見事に転職が成功した。年収は微増ながら希望勤務地も叶い、より将来性のある企業での活躍をする場を得ることができた。
35歳
外資→外資
年収910万円→900万円
MR   外資製薬企業にてMR職&MR管理職として活躍していたが、自社の販売体制に疑問を感じ転職を決意。初めての転職ということで、当初は自分自身単独で活動したがうまく行かず、当社への転職相談に登録、コンサルタントとの話し合いを密に行ない、特に面接での的確なアドバイスを受け、1社目で見事に希望通りの転職が成功した。(管理職候補)
37歳
外資→外資
年収890万円→890万円
MR   外資系製薬企業にて12年間MRとして活動してきたが、自社の製品ラインアップや今後の開発品目に不安を感じ転職を決意。現在、多くの領域で新薬を上市している外資系企業にチャレンジし、見事1社目で内定。希望であった勤務地に決まり年収は微増ながら満足のいく転職が出来た。
34歳
外資→外資
年収650万円→680万円
MR   国内中堅製薬会社の大学担当MRとして活躍、実績を積み上げてきたが、自社の開発品目の乏しさから将来に不安を感じ、またエビデンスに沿ったディテイル活動をしたく転職を決意、外資大手製薬の専門領域MRで転職成功。希望地も叶い自宅転居もせず、年収も大幅アップ。
35歳
内資→外資
年収620万円→740万円
MR  自社の新薬開発力の乏しさとバックアップ体制に疑問を感じ転職を決意。大型新薬を次々に上市している大手外資製薬企業にチャレンジし、1社目で見事に成功した。年収的には横ばいながら、希望勤務地が叶い、将来のやりがいを得る事が出来た。
28歳
外資→外資
年収560万円→560万円
MR   外資系製薬企業にてMRとして活躍してきたが、自社の販売体制について不安を感じ転職を決意。難関の大手製薬企業のMR職にチャレンジし見事に合格。年収は、微増ながら、希望勤務地が叶い、将来のやりがいを得ることが出来た。
31歳
外資→外資
年収630万円→660万円
MR   長年、医療関連業界で活躍し、新たなやりがいを求めて転職を決意、外資系企業の新規立上事業の営業マネージャーとして転職に成功。
42歳
外資→外資
年収900万円→850万円
MR   自分自身のスキルアップを目指し、より専門性を高める為にオンコロジー専任MRにチャレンジし、見事1社目で内定。年収的にはダウンではあるが将来へのやりがいを得ることができた。
31歳
外資→外資
年収700万円→630万円
MR    自社の組織変更に伴い、MR職から他部門への異動が決定的になり転職を決意。予てより興味のあった専門MR制を導入している企業にチャレンジし、見事に合格。希望であったMRとしての専門性を高められることが出来た。
32歳
外資→外資
年収600万円→700万円
MR   自社の販売体制や将来のビジョン等に不安を感じ転職を決意。大手製薬企業のMRにチャレンジし、見事に成功した。年収だけでなく、MRとしてのやりがいを得ることが出来た。
28歳
外資→外資
年収470万円→620万円
MR   外資系製薬企業にてMRとして活躍。しかし、将来の開発力の乏しさや販売体制について不安を感じ転職を決意。難関の大手製薬企業のMR職にチャレンジし見事に合格。年収は、微増ながら将来へのやりがいを得ることが出来た。
28歳
外資→内資
年収550万円→620万円
MR   自社の開発力のなさから将来への不安を感じ転職を決意。予てから希望であった開発力があり、しかも前職の領域経験を活かせる国内製薬企業をチャレンジし、転職が成功した。年収だけではなく、自己のやりがいを得ることができた。
29歳
内資→外資
年収430万円→590万円
MR   大学卒業後、国内製薬企業のMRとして活躍。予てより、MR本来の仕事をしたいと考え転職を決意し、開発力のある外資系製薬企業へチャレンジし、見事に成功することができた。
29歳
内資→内資
年収350万円→640万円
MR   自社の開発力のなさから将来への不安を感じ転職を決意。自己の能力を充分に評価してくれる外資系の企業を希望し、見事に転職が成功した。年収だけではなく、自己のやりがいを得ることができた。
28歳
内資→外資
年収320万円→540万円
MR   代理店MSから国内製薬企業のMRとして活躍。予てより、MR本来の仕事をしたいと考え転職を決意し、開発力のある外資系製薬企業へチャレンジし、希望であるUターンも叶い希望通りの転職ができた。
34歳
内資→外資
年収580万円→640万円
MR   事業部売却、規模縮小に伴い大幅に売上が減少。会社の将来に不安を感じ転職を決意。転勤のないコントラクトMRで尚且つ大幅年収UP。
46歳
内資→内資
年収550万円→720万円
半導体営業→MR   予てより興味の有ったMRへの転職を希望。未経験MR採用を積極的に行っている外資系企業にチャレンジし、その潜在的な能力を買われて見事に転職が成功した。
29歳
外資→外資
年収530万円→543万円
代理店MS→MR   医薬品流通業の将来に不安を感じ、予てから興味のあったMR職への転職を決意。難関である外資系製薬メーカーを受験し、見事に内定を受ける。年収的には若干アップであるが、念願のMRになれたことにより、仕事のやりがいを得ることが出来た。
26歳
外資→外資
年収390万円→420万円
MR   前々職では、外資製薬メーカーのMRであったが、合併に伴い退職。元上司からの強い要請を受け、上司の会社に入社し、将来も嘱望されていたが、MRという仕事にやりがいを感じていたので、再度、MRへの復職を求めて転職活動を開始し、2社から内定を受けるが、希望勤務地(出身地)が叶い、尚且つ条件の良い企業への転職に成功した。
30歳
外資→外資
年収550万円→660万円
MR   自社の開発力と将来性に不安を感じ転職を決意、開発力のある国内大手企業にチャレンジし、無事転職成功 年収は横ばいながら仕事のやりがいを得ることが出来た。
31歳
外資→内資
年収620万円→670万円
MR   自社の販売体制に対する疑問と開発品目の少なさに将来の不安を感じ、本来のMRの仕事を果たすために転職を決意、開発力のある国内大手企業にチャレンジし、無事転職成功。
28歳
内資→内資
年収620万円→680万円
MR   自社の開発力の乏しさに不安を感じ 開発力のある国内大手企業にチャレンジし無事転職成功。
30歳
内資→内資
年収586万円→670万円
MR   家庭の事情により、昨年末外資系製薬会社を退職するも事情が変わりMR職への転職活動を開始し、外資系より2社内定を受け、より自分の希望の叶う企業への転職が成功した。
26歳
外資→外資
年収400万円→460万円
MR   自社の将来性、開発力の乏しさから転職を決意 マイホームを建てたばかりであったが大手外資で自宅通勤の支店配属で無事転職成功。
34歳
内資→外資
年収580万円→620万円
MR   本社への異動から元のMRで出身地に戻りたく転職を決意 出身地へのUターンも叶い転職成功。
38歳
外資→外資
年収800万円
MR   母親の病気看病のため 12年12月末 国内メーカー退職 母親の病気が回復したことにより転職活動開始 外資系2社より内定を受けUターン転職も叶う企業へ転職成功。
23歳
内資→外資
年収380万円→440万円
MR   自社開発品の乏しさから将来性のある企業への転職を決意 入社1年目であるがそのバイタリティーを買われ 外資系大手の希望勤務地へ年収大幅UPで転職成功。
22歳
外資→外資
年収337万円→443万円
MR   自社新薬開発力の乏しさから転職を決意 外資大手製薬企業へUターン転職 大幅年収UP
30歳
内資→外資
年収500万円→608万円
MR   領域担当MRとしてその領域の将来性に不安を感じ転職を決意 年収スライドで希望地のプライマリ領域での転職に成功。
37歳
外資→外資
年収860万円
MR   事業規模縮小による自社製品数の減少のため転職を決意、 勤務地もより出身地に近いところで転職成功。
38歳
内資→外資
年収500万円→640万円
MR   奥様と同じ出身地にUターン転職を希望 出身地へのUターン転職の夢も叶い、年収も大幅UPで転職成功。
26歳
外資→外資
年収450万円→520万円
MR   会社の将来性と首都圏へのUターン転職を希望 首都圏のUターン転職が叶い、年収も大幅UPで転職成功。
31歳
内資→外資
年収460万円→600万円
MR   会社の将来性を考え転職を決意、自宅からの転居も伴わず、年収も大幅UPで転職成功。
34歳
内資→外資
年収570万円→650万円
▲ ページトップへ