製薬・医療機器・病院専門の人材紹介 エージェント会社

安全性研究の求人一覧

  • 安全性研究
検索条件を保存
検索条件の設定・変更
  • 1
該当求人数 6 件中1~6件を表示中
大手グループ企業

医療デバイスの安全性・有効性を検証するためのin-vitro/vivo系評価技術の構築

動物モデルを用いた評価技術の構築を行い、専門性を深めながらスペシャリスト(高度専門職)としてご活躍

仕事内容
具体的な業務内容
・動物実験(in-vivo)
 実験は、提携大学および社外施設(主にCRO)で実施
 実験データをもとに、デバイスの評価・開発を実施
・評価方法の確立および各種データ解析
 血液浄化領域における臨床外挿性の高い病態モデルの作製(実験対象:大動物/特にブタ)
 専門知識(病理、臨床検査等)を生かし評価方法の確立や各種データを解析

業務のポイント:
 製品の開発や評価技術の構築に向けて、必要な知識と技術を習得していただきます。
 学会や社外研修会参加、対外発表や論文投稿など積極的に行っていただきます。
 技術者として成長できる環境の中で、私達と一緒に新たな評価技術の構築を行いましょう。
応募条件
【必須事項】
<最終学歴>
大学院以上

<必要な業務経験/スキル>
動物実験(in-vivo)の経験及び生体反応の解析経験(実務経験3年以上)

【歓迎経験】
<望ましい業務経験/スキル>
病理学をはじめとする病態解析における専門知識
【免許・資格】
<望ましい資格>
獣医師・薬剤師

【勤務開始日】
応相談
勤務地
【住所】静岡
年収・給与
550万円~750万円 
検討する
詳細を見る
大手製薬メーカー

iPS細胞を用いた再生医療等製品の実用化に向けた薬理・安全性研究

再生医療を実現するための非臨床研究およびiPS細胞分化誘導法の研究

仕事内容
研究職として以下の業務に従事していただきます。

・iPS細胞を用いた再生医療を実現するための非臨床研究
薬理研究:  薬効評価系の確立、試験計画立案・実施、各種文書作成など
安全性研究: 安全性評価試験の計画立案・実施、各種文書作成など

・再生医療への応用を見据えたiPS細胞分化誘導法の研究
(目的細胞への分化誘導法の確立・最適化、工業化検討など)

応募条件
【必須事項】
・理系大学院にて博士あるいは修士を取得されている方
・薬理・安全性研究などの非臨床試験(細胞医薬分野が望ましい)をリードした経験のある方、もしくは、iPS細胞などの幹細胞を専門分野として研究した経験がある方
・ビジネスレベルの英語力のある方




【歓迎経験】
・ 創薬チームリーダー、研究テーマリードのご経験をお持ちの方
・ 細胞医薬品の開発において、PMDA等規制当局との交渉経験、文書作成経験のある方
・ 協調性があり、責任感が強く、粘り強く物事に取り組める方
・ 再生医療の実用化に熱意をもって取り組める方
【免許・資格】

【勤務開始日】
応相談
勤務地
【住所】兵庫
年収・給与
650万円~1000万円 
検討する
詳細を見る
大手製薬メーカー

大手外資製薬メーカーにて薬理研究者

アンメットニーズをとらえ且つ人まねで無い薬剤アプローチの発想/発明を担っていただきます。

仕事内容
・アンメットニーズをとらえ且つ人まねで無い薬剤アプローチの発想/発明
・薬効評価系の「構築」
・薬剤候補の作用機序解析
応募条件
【必須事項】
・大学院修士課程/6年制大学卒業後あるいは博士課程入学後5年以上の生物学研究の実務経験。実務経験の場がアカデミア or 企業は問わない。
・生物学における実験力・工夫力(類例の無い作用機序の薬剤候補分子の評価を行う上での基本的な能力)。
・その基礎となる過去の生物学研究実務の深さ(広くなくてもよい)。
・新しいことへの挑戦や変化を楽しめるメンタリティ。
・一定以上の英語力(目安:TOEIC 700点相当以上)。
・アカデミア研究者の場合は筆頭の学術論文(自身が中心に原稿を執筆したものに限る)
【歓迎経験】
・生命現象の根幹に根差した哺乳類における研究経験、及び/またはヒト疾患に関する研究経験があると望ましい。

【免許・資格】

【勤務開始日】
応相談
勤務地
【住所】静岡、神奈川
年収・給与
600万円~1000万円 
検討する
詳細を見る

病理組織学的検査、病理標本作製業務

仕事内容
病理組織学的検査、病理標本作製などを行っていただきます。
応募条件
【必須事項】
・病理組織学的検査及び病理標本作製経験者
・毒性病理専門家、獣医師、臨床検査技師、資格保持者優遇
・CRO 勤務経験者及びGLP 概念有識者優遇
【歓迎経験】

【免許・資格】

【勤務開始日】
応相談
勤務地
【住所】静岡
年収・給与
300万円~350万円 経験により応相談
検討する
詳細を見る

医療用医薬品の研究開発、製造、販売を行う企業での創薬研究業務

仕事内容
・非臨床安全性評価において毒性病理学専門性を用いる創薬研究
応募条件
【必須事項】
・各種実験動物(マウス、ラット、イヌ及びサル)の安全性評価経験
・毒性病理学研究の専門性、毒性機序検討等の実験病理分野の研究実績
・低分子薬のみならず生物製剤の安全性評価経験があるとなお良い
※上記全てを有する必要は無く、いずれかにおいて特に秀でた経験・スキルを有する方が望ましい。

以下必須項目
・英語でのコミュニケーション能力(メール、資料作成が可能)を有する方
・実験研究者と円滑にコミュニケーション可能な方

【歓迎経験】
低分子薬やそれ以外の生物製剤の安全性評価経験/病理専門家資格(JSTP、 JCVP等)/博士の学位

【免許・資格】

【勤務開始日】
応相談
勤務地
【住所】東京
年収・給与
600万円~900万円 
検討する
詳細を見る
外資製薬メーカー

自社創製品のプロジェクトトキシコロジスト又はin vivo毒性試験の試験責任者

外資製薬メーカーにて開発テーマのプロジェクトトキシコロジスト又は又はin vivo毒性研究者を募集

仕事内容
募集背景:世界の患者様の医療ニーズに応えるため、低中分子・抗体などにおける優れた創薬技術を駆使して、革新的なFIC/BIC薬の創製に取り組んでいる。科学性と信頼性に裏打ちされた効果的な研究開発を、スピード感を持って推進し続けるために、機能強化の一環として、開発テーマのプロジェクトトキシコロジスト又は又はin vivo毒性研究者を募集いたします。

仕事内容:
非臨床安全性の試験責任者またはプロジェクト推進者として、研究初期から承認取得までの段階で、他機能と連携しながら、画期的新薬の創製に貢献する。具体的には、
*非臨床安全性のプロジェクト推進者として、主に候補品選択段階から承認取得までの間で画期的な新薬の創製に貢献する。安全性課題を見極め解決する。非臨床安全性の戦略と計画を立てる。非臨床安全性の活動を牽引する。総合的な毒性評価とヒトの安全性リスク評価を行う。治験や承認申請に関連する公式文書の該当部分を執筆する。研究者、プロジェクト、意思決定者、コンサルタント、グローバルを含む外部ビジネスパートナー、規制当局などのステークホルダ―と連携してこれらの業務を行う。
*試験責任者として、in vivo毒性試験や機序解明試験を立案、デザイン、遂行する。データを解釈し毒性を評価する。計画書、報告書を作成する。CRO、コンサルタント、グローバルを含む外部のビジネスパートナーと連携する。
応募条件
【必須事項】
求める経験:
・開発薬のプロジェクトトキシコロジストの実務経験があること
・医薬品のin vivo毒性試験の試験責任者の実務経験があること
開発薬のin vivo毒性研究及び毒性試験において5年以上の実務経験があること
・GLPに関する実務経験があること

求めるスキル・知識・能力:
・毒性学の専門性
・リスク評価の専門性
・医薬品研究、GLP、ICHのような関連ガイドラインの知識
・コミュニケーション力/交渉力
・英語と日本語を使えれば尚可(文書作成、会話)

求める行動特性:
・チームワーク力と主導力がある
・多くの関係者を巻き込みながら課題を解決していこうとする
・他者を助けようとする
・新しい挑戦をいとわない
・前向きである

求める資格:
・理学、獣医、薬学などの修士以上
・トキシコロジスト資格及び/又はPhDがあれば尚可

【歓迎経験】

【免許・資格】

【勤務開始日】
応相談
勤務地
【住所】静岡
年収・給与
600万円~1000万円 
検討する
詳細を見る
  • 1
検索条件の設定・変更