HOME業界情報 製薬企業の動向> 製薬企業のMR数および予想

業界情報

製薬企業 MR数 (2012年~2016年)

*参考:ミクス医薬ランキング、日刊薬業

企業名 MR数
(2016年)
UP 
DOWN
MR数
(2015年)
UP 
DOWN
MR数
(2014年)
UP 
DOWN
MR数
(2013年)
UP 
DOWN
MR数
(2012年)
1 ファイザー 2,484 2,560 2,728 3,007 3,020
2 アステラス製薬 2,400 2,400 2,400 2,400 2,400
3 武田薬品工業 2,300 2,300 2,300 2,000 2,000
4 第一三共 2,200 2,200 2,300 2,300 2,439
5 MSD 2,200 2,200 2,212 2,433 2,415
6 ノバルティスファーマ 1,900 1,900 2,200 2,385 2,380
7 日本イーライリリー 1,892 1,880 1,712 1,536 1,509
8 田辺三菱製薬 非開示 1,840 1,830 1,860 1,834
9 アストラゼネカ 1,750 1,750 1,900 1,570 1,639
10 中外製薬 1,650 1,649 1,750 1,767 1,785
11 グラクソ・スミスクライン 1,450 1,780 1,900 2,002 1,926
12 バイエル薬品 1,430 1,563 1,526 1,509 1,465
13 協和発酵キリン 1,400 1,352 1,350 1,398 1,459
14 エーザイ 1,350 1,430 1,400 1,570 1,420
15 大日本住友製薬 1,350 1,350 1,350 1,434 1,466
16 大塚製薬 1,388 1,250 1,274 1,338 1,233
17 日本ベーリンガーインゲルハイム 1,300 1,400 1,400 1,230 1,000
18 サノフィ 1,100 1,200 1,200 1,520 1,530
19 小野薬品工業 1,100 1,051 995 1,036 979
20 ヤンセンファーマ 891 1,044

*MR総数は2014年3月末は65,752人(CSO、MSの有資格者も含む)をピークに、2014年大手製薬企業を中心に早期希望退職制度の導入をはじめ営業戦力の最適化策が進み1000人以上の減少に転じ、2015年度も減少傾向が続いている。MR数の回答をされた48社のMR総数は2015年48,522人から、48,175名と347人、0.7%減少した。
特に外資製薬企業の減少が著しい。その中でも特にGSKはノバルティスへのオンコロジー部門の移管もあるが、330人減の1450人にまで減少した。ノバルティスは1900人と変化はないがGSKのオンコロジー部門のMR受け入れを含むと実質MR数はマイナスである。かつて業界最大手のMR数を3000人越えを誇っていたファイザーも自然減で2484人(前年72人減)にまで減少。抗血小板薬ブラビックスの特許切れのサノフィ、近年大型新薬の発売でMR数を増やしたバイエル薬品、日本ベーリンガー、ヤンセンファーマの4社も100名以上のMR数を減少させた。ただしブルストルマイヤーズは抗凝固薬エリキューズ、C型肝炎治療薬タクイルザ、スンベプラの垂直立ち上げのためにMRを183人増員したが、その大半の166人がコントラクトMRであった。
内資製薬企業は大手製薬企業では目立った増員はない。小野薬品工業は抗がん剤オプジーボの発売でMRの大幅増員をしたが、国内ジェネリック専業メーカーもMRの大幅増員をした。早期希望退職の実施でMR数非開示の田辺三菱製薬でMR数が減少していることから、実質はMR数は横ばいとみられる。
今後のMR数は『新製品の発売』 『環境の変化』 『競合』 『組織最適化』 の判断で各製薬メーカーはMR数の最適化を模索する状況は続くと思われる。特に新薬発売のロンチスタートの時のCSOのコントラクトMRの活用は主流になるはずである。              

2016年5月更新

▲ ページトップへ