HOME業界情報 製薬企業の動向> 製薬企業ランキング

業界情報

医薬品 企業売上げランキング 2014年

製薬企業 売上ランキング 2014年度 国内市場 売上 上位20社

*医療用医薬品 (薬価ベース) *参考:ミクス・IMS・日刊薬業

会社名 売上高(単位:億円) 前年比(%) 前年順位
1 武田薬品工業 5,613 △3.6 1
2 ファイザー 5,020 △6.0 3
3 アステラス製薬 4,987 △5.5 2
4 第一三共 4,805 △1.1 4
5 MSD 3,759 △6.3  
6 中外製薬 3,625 6.6 6
7 大塚ホールディングス 3,616 0 5
8 田辺三菱製薬 3,239 △5.2 7
9 サノフィ 2,934 △7.6 10
10 ノバルティスファーマ 2,915 △10.6 8
11 エーザイ 2,724 △10.6 9
12 グラクソ・スミスクライン 2,693 △3.2 11
13 日本ベーリンガーインゲルハイム 2,509 4.5 13
14 アストラゼネカ 2,307 △1.2 12
15 バイエル薬品 2,190 8.8 14
16 日本イーライリリー 2,105 9.7 15
17 協和発酵キリン 1,762 △4.9 14
18 塩野義製薬 1,614 △4.1 17
19 大日本住友製薬 1,566 △8.9 16
20 日医工 1,270 22.6 24

*2014年の製薬協加盟22社の成長率は4.2%(薬価ベース)のマイナス成長であった。上位20社のうちプラス成長は6社のみ、これは消費財アップの前年の特需の反動もあるが、何よりも国策のジェネリック使用拡大策による影響が大きい。
新薬メーカーのランクは大きく変りはないが、日医工が初めてbest20位入りし、対前年22.6%アップ、20位圏外であるが、沢井製薬が売上1000億円越えの1,044億円で25位の対前年18.3%アップ、東和薬品が33位の16.5%アップとジェネリック専業メーカーの躍進が著しい。この傾向は今後も続くであろう。

2015/11/06更新

国内系企業海外売上 2014年度 医薬品売上高 (単位:百万円)

*参考:ミクス・日刊薬業

2014年 2013年 2012年
会社名 海外
売上高
売上高

(%)
海外
売上高
売上高

(%)
前年

(%)
海外
売上高
売上高

(%)
前年

(%)
1 武田薬品工業 1,065,000 59.9 957,800 56.6 16.4 822,800 52.8 6.1
2 大塚ホールディングス 964,400 61.4 824,440 56.7 32.4 622,700 51.1 7.4
3 アステラス製薬 748,500 60.0 622,400 53.4 34.1 464,000 46.1 10.1
4 第一三共 381,400 41.5 574,700 51.4 22.0 486,700 49.0 3.7
5 エーザイ 240,660 43.9 243,728 40.6 5.3 231,571 40.4 △ 10.4
6 大日本住友製薬 174,900 47.1 174,300 45.0 30.9 133,100 38.3 2.2
7 協和発酵キリン 94,200 28.3 86,500 25.4 19.1
8 塩野義製薬 88,600 32.3 102,000 35.2 4.4 93,600 33.1 14.6
9 中外製薬 88,200 19.1 72,900 17.2 50.0 48,600 12.6 9.7
10 田辺三菱製薬 77,944 18.8 58,000 14.2 29.0 47,735 11.4 68.5
11 久光製薬 41,840 26.7 31,137 20.7 32.3 23,529 16.5 11.3
12 参天製薬 36,995 22.9 26,550 17.9 44.7 18,354 15.4 △ 3.6
13 大正製薬ホールディングス 27,949 9.6 25.393 8.6 44.5 17574 6.2 31.3

*2014年の一部兼業や後発品専業を除く20社の海外売上高比率は45.0%に達した。金額で6.5%増の4兆円を突破。国内市場の低迷を海外で稼ぎだすビジネスモデルへ転換が進んでいるが、やはり運命を握るのはグローバル新薬の躍進次第である。
武田薬品工業は初めて1兆円に到達したが、潰瘍性大腸炎治療剤「エンティビオ」、うつ病治療薬「ブリテリックス」などの貢献もあるが2010年問題と言われたブロックバスターの特許切れを海外の創薬企業の買収による体質強化も功を奏している。
アステラスは抗がん剤「イクスタジン」が前期の546億円から1372億年に急増。「プログラフ」の変わるトップ製品として海外市場を牽引した。「イクスタジン」の次期は2294億円を予想、益々海外比率を牽引することになるであろう。
第一三共はランバクシ-の売却の影響で海外売上比率を落としたが、抗凝固薬「エドキサバン」を今後の大型化で補いたところである。
大塚製薬は4月に「エビリファイ」の米国特許が切れたが、グローバル3製品(トルバプタン、エビリファーメンテ、など)でどこまで戻せるかが期待される。
エーザイはアリセプト、パリエットの特許切れの影響を抗がん剤「ハラヴェン」 抗てんかん剤「ファインコバ」で取り戻しつつある。
田辺三菱製薬の伸びが著しいのは多発性硬化症治療薬「ジレニア」とSGLT-2治療薬「インヴォカナ」のロイヤリティー(537億円)によるところが大きい。
2010年問題のブロックバスターの特許切れ以降、新たなグローバル新薬が立ち上がってきたことと、M&Aを含めた製品の獲得は今後も進むであろう。

2015/06/18更新

2014年度世界の企業ランキング 総売上高 (単位:100万米ドル)

*参考:ミクス医薬ランキング

会社名 売上高 前年
順位
前期比
(%)
研究開発費 研究開発
費順位
前期比
(%)
売上高比率
(%)
1 ジョンソン&ジョンソン 74,331 1 4 8,672 3 △1 12
2 ノバルティスファーマ 57,996 2 1 9,943 2 1 17
3 ロシュ 51,865 4 1 10,513 1 7 21
4 ファイザー 51,584 2 △4 8,393 4 26 17
5 サノフィ 44,818 6 2 6,402 6 1 14
6 メルク(米) 42,237 5 △4 7,180 5 △4 17
7 グラクソ・スミスクライン 37,882 7 △13 5,681 7 △12 15
8 バイエルヘルスケア 26,510 9 6 3,054 15 3 12
9 アストラゼネカ 26,095 8 1 5,579 8 16 21
10 ギリアド・サイエンシズ 24,890 22 122 2,854 16 35 11
11 テバ 20,272 12 0 1,488 24 4 7
12 アボット 20,247 11 7 1,345 26 △7 7
13 アムジェン 20,063 14 7 4,297 11 5 21
14 アッヴィ 19,960 13 6 3,649 12 14 18
15 イーライリリー 19,616 10 △15 4,934 9 △12 25
16 ベーリンガーインゲルハイム 17,674 15 △5 3,522 13 △3 20
17 バクスター 16,671 18 11 1,421 25 22 9
18 武田薬品工業 16,174 16 5 3,476 14 12 21
19 ブリストル・マイヤーズスクイブ 15,879 17 △3 4,534 10 22 29
20 ノボノルディスクファーマ 15,810 19 6 2,450 17 17 15
21 大塚ホールディングス 14,852 20 2 2,360 19 5 16
22 アクタビス 13,062 51 1,086 30 76 8
23 アステラス製薬 11,347 21 9 1,879 21 8 17
24 バイオジェン・アイデック 9,703 25 40 1,893 20 31 20
25 第一三共 8,364 23 2 1,735 23 6 21
26 メルクセローノ 8,399 23 △1 1,784 22 14 22
27 マイラン製薬 7,720 26 12 582 32 15 8
28 セルジーン 7,670 27 18 2,431 18 9 32
29 アラガン 7,238 15 1,192 29 14 16
30 シャイアー 6,022 22 1,068 31 14 18
31 CSLベーリング 5,524 8 466 33 9 8
32 エーザイ 4,990 28 △9 1,200 28 △3 24
33 UCB 4,438 29 7 1,232 27 △5 28

*2014年度もメガファーマはブロックバスターの特許切れの影響が色濃く反映されている。前年総売上の1位,2位は変わらず、ジョンソン&ジョンソン、ノバルティスと同じであるが、3位のファイザーがリピドールの特許切れの影響が未だに響き4位となった。
またロシュは3位に浮上した。前年10位のイーライリリーはサインバルタの特許切れの影響が大きく15位とトップ10圏外と大きくランクを下げた。またこれらメガファーマの前期比伸長率は一桁前半の成長で以前の勢いも衰えた。
その中、C型経口肝炎(ゾバルディー)を発売したギリアド・サイエンシズは前年19位から一気に9位にランキングを上げた。
またアクタビスバイオジェン・アイデックス、セルジーン、シャイアーなどのベンチャー系企業の躍進も著しい。
日系製薬企業はすべての企業が国内消費税アップの特需の反動の影響で低迷し前年よりランクを下げた。

2015/11/06更新

2015年度 製薬企業の動向
   *国内上場主要製薬企業売上

15年度4月~9月  *参考:日刊薬業

会社名 売上(百万円) 伸び率(%) 海外売上高 伸び率(%) 海外売上比率(%)
1 武田薬品工業 904,049 6.2 559,200 13.6 61.9
2 大塚HD 745,804 1.6 444,400 ▲0.2 59.6
3 アステラス製薬 687,501 15.7 440,400 23.3 64.1
4 第一三共 478,777 11.4 221,700 23.6 46.3
5 エーザイ 275,503 2.4 126,180 10.1 45.8
6 中外製薬 240,178 8.2 46,800 31.1 19.5
7 田辺三菱製薬 201,729 1.4 50,900 50.2 25.2
8 大日本住友製薬 198,926 11.6 104,600 29.8 52.6
9 協和発酵キリン 178,837 10.5 56,000 21.5 32.3
10 大正製薬HD 145,984 2.9 15,886 17.8 10.9
11 塩野義製薬 138,279 6.5 49,700 30.1 35.9
12 参天製薬 97,873 36.1 27,471 88.0 28.1
13 久光製薬 82,428 7 24,312 36.9 29.5
14 小野薬品工業 70,303 12.7 1,300 44.4 1.8
15 科研製薬 54,973 24.3 5,120 72.6 9.3
16 ツムラ 54,560 3.5
17 キョーリン製薬HD 52,386 2.5 600 100.0 1.1
18 持田製薬 45,361 7.0 0 0.0 0.0
19 日本新薬 39,713 8.1 788 2.0
20 キッセイ薬品 33,595 ▲2.9 3,114 ▲22.8 9.3
21 ゼリア新薬工業 30,343 0.7
22 鳥居薬品 293,434 9.3
23 扶桑薬品工業 23,250 ▲0.9 0 0.0 0.0
24 あすか製薬 21,107 ▲9.0
25 日本ケミファ 17,428 ▲0.3
26 生化学工業 15,954 12.0 6,013 39.2 37.7
27 わかもと製薬 5,429 4.2 424 ▲34.6 7.8
合計 4,869,404 7.6 2,184,908 16.1 46.3

   *国内系後発医薬品企業 売上
                                        15年度4月~9月 *参考:日刊薬業

会社名 売上(百万円) 伸び率(%)
1 日医工 68,987 13.2
2 沢井製薬 58,958 17.4
3 東和薬品 39,162 17
合計 167,107 21.9
4 Meiji Seika ファルマ 20,700 16.9
5 日本調剤 15,367 14.8
6 日本ケミファ 14,623 2
7 エルメッド エーザイ 13,200 5.6
8 日本化薬 11,600 18.4
9 あすか製薬 10,793 ▲0.3
10 第一三共エスファ 8,600 25.7
11 キョーリン製薬HD 7,393 ▲5.1
12 田辺製薬販売 6,600 2.6
13 科研製薬 6,584 8.8
14 持田製薬 4,700 34
15 扶桑薬品 2,735 2.5
16 わかもと製薬 1,337 5
合計 124,232 9.9

*2015年度第2四半期の業績が発表された。昨年上期は消費税増税の特需の影響もあり、実際の伸びは国内上場主要製薬企業では 4兆8694億円(前年同期比7.6%) 増収額3447億円と伸びたが、海外売り上げが、2兆1849億円(16.1%増)増収額は2982億円でその大半を海外売上で稼ぎ、国内売上は微増であったことが分かる。新薬系企業は長期収載品の落ち込みを海外で稼ぐ傾向は続くであろう。
同じく専業大手3社と、新薬系薬局系13社の後発品メーカーの業績が発表されたが、その後発品メーカーも政府の後発品促進策の追い風を受け、専業3社は21.9%、新薬系薬局系企業はの伸長率9.9%と2社を除いて順調な業績を上げた。オーソライズドジェネリックやバイオシミラーのなかでもG-CFS製剤を持つ企業や剤型改良できる技術力のある後発品メーカーはやはり強い。
この状況は2020年までに後発品シェアー80%の政府目標が掲げられている限り続くことが予想される。

2015/11/18更新

▲ ページトップへ