HOME業界情報 製薬企業の動向> 新有効成分承認一覧

業界情報

新薬市場予測

*2011年3月~2013年2月に収載された国内製薬の新薬とその市場予測     参考:日刊薬業(単位:億円)

製品名  適応症  企業名 12年度実績 13年度実績 14年度予想
ネキシウム 消化性潰瘍 第一三共 216 542 670
メマリー アルツハイマー病 第一三共 238 333 500
テリボン 骨粗鬆症 旭化成ファーマ 170 269 300
アジルバ 高血圧症 武田薬品工業 34 253 465
ミルセラ 腎性貧血 中外製薬 178 225 246
アイリーア 加齢黄斑編成 参天製薬 32 188 192
エディロール 骨粗鬆症 中外製薬 79 150 176
エディロール 骨粗鬆症 大正製薬 88 141 155
レミニール アルツハイマー病 武田薬品 84 123
ベタニス 過活動膀胱 アステラス 53 116 209
フェブリク 痛風・高尿酸血症 帝人ファーマ 55 114
ビダーザ 骨髄異形成症候群 日本新薬 70 97 108
シンポニー 関節リウマチ 田辺三菱 53 94 120
ランマーク 多発性骨髄腫 第一三共 44 81 100
レクサプロ 鬱病 田辺三菱 46 65 94
ハラバン エーザイ 55 64 90
リバスタッチ アルツハイマー病 小野薬品 39 64 80
ロトリガ 高脂血症 武田薬品 11 52 120
ルネスタ 不眠症 エーザイ 29 65
ゴナックス アステラス 7 31 48
シュアポスト 糖尿病 大日本住友 7 17 32
キックリン 高リン血症 アステラス 6 14 21
テネリア 糖尿病 田辺製薬 12 8 67
テラビック C型肝炎 田辺製薬 51
合計 1628 3070 3858

*製薬企業の国内業績を支えるのは長期収載品より新薬の貢献度の比率がますます重要視されてきている。
配合剤や、用法容量変更などを除いた24品目の売り上げは12年度は1628億円、12年度は3070億円(比較できない2品目を除く)と2倍近い額に達している。最大の売り上げは『ネキシウム』で542億円と大きく予想を上回った。また成長スピードでは
『アジルバ』『アイリーア』が突出した。
14年度の予想を開示した21品目の売り上げの伸び率は36.5%であるが、2014年度は注目の新薬 SGLT-2の躍進に期待したいところだ。

                                                 2014年7月更新

▲ ページトップへ